クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)

ライオンの本気 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。

名は変わってもコンセプトは踏襲

新型208のおよそ2カ月半遅れで日本に上陸した新型2008だが、今度の正式商品名は頭にSUVの文字が冠されたSUV 2008になるそうだ。これは「3008」や「5008」などの4ケタ車名のプジョーすべてに適用されるもので、しかもグローバルで共通の施策らしい。各国の販売現場から「クルマに興味がない人には3ケタ車名の乗用車と区別しにくい」といった声でもあったのだろうか。

ただ、世界のクルマ市場では遠からず、車型としてはクロスオーバーSUVが主力になる可能性が高い。よって、今回のように主力商品のほうをわざわざ複雑な名前にするのが、ビジネスとして正しいのかは微妙だ。いっそのこと、2008はそのままに、SUVでないほうを「ハッチバック208」とか「セダン508」に改名するのが理屈に合うのではないか……と思ったりもする。

閑話休題。あまり意味のないヨタ話ではじめてしまったが、新型SUV 2008(以下2008)のクルマとしての成り立ちや、商品としての立ち位置は、先代(=初代)とほぼ同じといっていい。プラットフォームやパワートレインをハッチバックの208と共有しつつ、208とほぼ同時並行で開発されて、ハッチバックから1年以内のタイムラグで市場投入……といった商品戦略は新旧2008で共通する。

また、その車名を筆頭に“208のSUV版”という出自をあえて明確にしているコンセプトも従来と変わりない。エクステリアデザインのコンセプトは、フロントウィンドウを強く傾斜させたモノフォルムプロポーションだった先代から、新型ではAピラーの根元をグッと後ろに引いたボンネットの存在を強調する自動車らしいそれに宗旨替えしているが、その方向性も208とウリふたつ。そしてインテリアに目を移しても、ダッシュボードからセンターコンソールにいたる造形に、208と選ぶところがないのも先代と同様である。

プジョーのBセグメントSUVとしては2代目のモデルとなる「SUV 2008」。「CMP(コモンモジュラープラットフォーム)」を用いる「208」をベースに開発された、コンパクトSUVである。
プジョーのBセグメントSUVとしては2代目のモデルとなる「SUV 2008」。「CMP(コモンモジュラープラットフォーム)」を用いる「208」をベースに開発された、コンパクトSUVである。拡大
小径ステアリングホイールの上からメーターを見る、「iコックピット」と呼ばれるインストゥルメントパネルまわり。今日のプジョー特有のデザインだ。
小径ステアリングホイールの上からメーターを見る、「iコックピット」と呼ばれるインストゥルメントパネルまわり。今日のプジョー特有のデザインだ。拡大
今回の試乗車は、スポーティーな内外装と充実した装備が特徴の「GTライン」。ライオンの3本爪を模したという意匠のフルLEDヘッドランプも、同グレードの特徴である。
今回の試乗車は、スポーティーな内外装と充実した装備が特徴の「GTライン」。ライオンの3本爪を模したという意匠のフルLEDヘッドランプも、同グレードの特徴である。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4305×1770×1550mm、ホイールベースは2610mmと、従来モデルより大幅にサイズアップしている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4305×1770×1550mm、ホイールベースは2610mmと、従来モデルより大幅にサイズアップしている。拡大

見え隠れするライバルの影

新型で車体サイズがひとまわり大型化されているのも208と2008で同様だが、先代では208と同寸だったホイールベースが、新型では2008だけ専用に70mm伸ばされている。208は「後席や荷室は必要最低限でいい」という欧州Bセグメントハッチバックの潮流にそって、ホイールベースも先代からビタ一文変わらぬ2540mmにとどめたのに対して、新型2008のそれは2610mm。ちなみに、欧州BセグメントSUVで長らくベストセラーをはってきた先代「ルノー・キャプチャー」のホイールベースは2605mm。偶然か意図的か、両車の数字はすごく近い。

実際、新型2008の後席の足元はひとクラス上のCセグメントハッチバックくらいには広い。さらにシート配置はSUVならではのハイトワゴン的レイアウトなので、着座姿勢は健康的だし、つま先を差し込む前席下空間もたっぷり。それでいて、ヘッドルームも普通のハッチバックより明らかに余裕がある。

荷室も凝っている。先代2008でも208より大きな容量やフロアレールの設置などの工夫がみられたが、今回は可動式フロアボードを備え、上げ底にすればリアゲートの掃き出し口や倒した後席とフラットになり、下に落とし込めば荷室高が10cmほど拡大する。そういえば、この種のフロアボードもキャプチャーでは先代からすでに備わっていた。なお、新型2008の荷室容量は“クラス最大級”をうたっている。

先代2008は、208のコンパクトさをそのままSUVに転用したような商品だったが、新型では実用性の部分で208とは方向性を少し変えている。そこが新型2008最大の特徴だ。その背景には、先代2008とほぼ同時期にデビューした初代ルノー・キャプチャーが販売台数で2008を上回ったことが無関係ではないだろう。先代キャプチャーにあって2008になかったものの筆頭が、レジャービークルらしい高い実用性だった。

「GTライン」に装備されるアルカンターラとテップレザー(合成皮革)のシート。シートヒーターが標準装備される。
「GTライン」に装備されるアルカンターラとテップレザー(合成皮革)のシート。シートヒーターが標準装備される。拡大
リアシートは6:4の分割可倒式。スペースは頭上、足元、肩まわりともに十分で、自然な着座姿勢をとれる。
リアシートは6:4の分割可倒式。スペースは頭上、足元、肩まわりともに十分で、自然な着座姿勢をとれる。拡大
荷室容量は従来モデルより74リッター大きい434リッター。可動式のフロアボードを上段にセットすると、荷室開口部や格納時の後席背もたれと、床面が同じ高さになる。
荷室容量は従来モデルより74リッター大きい434リッター。可動式のフロアボードを上段にセットすると、荷室開口部や格納時の後席背もたれと、床面が同じ高さになる。拡大
床下に物をしまうときは、フロアボードを写真のように固定可能。ボードを外すか下段に下げれば、さらに10cmほど荷室高をかせげる。
床下に物をしまうときは、フロアボードを写真のように固定可能。ボードを外すか下段に下げれば、さらに10cmほど荷室高をかせげる。拡大

格上のモデルに匹敵する質感の高さ

インテリアの各調度類が、208と選ぶところがないのは前記のとおりである。また、日本の立体駐車場にも対応する1550mmという全高が先代と変わりないのに加えて、最低地上高が先代より55mm拡大された205mmとなっている(こうした部分でも新型2008はSUVっぽさを強めている)。なので、室内空間は先代より天地に“薄い”はずだが、それでもシートに座ると、208より見晴らしよく、健康的で開放的な空間となっている。

それにしても、この内装の高い質感にはあらためて「兄貴分の『308』より高級じゃね!?」と驚いて感心するしかない。厚いソフトパッドやレザークッション、繊細なクローム部品を多用した仕立てはひとつ上のCセグメント級といってよく、電動パーキングブレーキスイッチやスマホ用ワイヤレス充電器などを内包するセンターコンソールもBセグメントとは思えないほど立派だ。楽器の鍵盤のような一列のトグルスイッチ群の左右には、208にはないシートヒーターのスイッチも付いていた。

日本におけるパワートレインについては、ガソリンと電気自動車というの2つの選択肢がまったく並列に用意される。この点も208同様だ。今回の試乗車は、そのなかでも圧倒的売れ筋になるであろう1.2リッター直噴ターボの上級グレード「GTライン」である。ちなみに、208ではグレードによって異なるタイヤサイズも、2008のガソリン車ではどのグレードも17インチとなる。

208より大きくなった地上高や全高から想像されるように、低速での乗り心地は208より引き締まっている。あらゆる凹凸をフワピタと吸収してくれる208のアシさばきと比較すると、新型2008に「もうひと頑張り!」と声をかけたくなったのは事実だ。

上質なインテリアの仕立ては今日のプジョーならでは。ダッシュボードにはあや織りやレザー調の加飾、ダミーではない本物のステッチが施される。
上質なインテリアの仕立ては今日のプジョーならでは。ダッシュボードにはあや織りやレザー調の加飾、ダミーではない本物のステッチが施される。拡大
センタークラスターに横一列に配されたスイッチ類。操作系では、空調の操作がタッチパネルでしかできない点がやや気になった。
センタークラスターに横一列に配されたスイッチ類。操作系では、空調の操作がタッチパネルでしかできない点がやや気になった。拡大
「SUV 2008」に搭載される1.2リッター直3ガソリンターボエンジン。2020年11月には電気自動車(EV)バージョンも納車が開始される。
「SUV 2008」に搭載される1.2リッター直3ガソリンターボエンジン。2020年11月には電気自動車(EV)バージョンも納車が開始される。拡大
燃費はWLTCモードで17.1km/リッター、JC08モードで19.2km/リッターと発表されている。
燃費はWLTCモードで17.1km/リッター、JC08モードで19.2km/リッターと発表されている。拡大

BセグメントSUV随一の実力派

208ではちょっとしたスポーツモデルに匹敵する速さを見せてくれる1.2リッターターボも、車重が約100kg増しとなる2008では、良くも悪くも必要十分(の+α)程度のパンチ力……といったところだろう。最終減速比は208よりローギアード化されているのだが、同時にタイヤ径が拡大しているので、トータルでのギアレシオは208も2008も大差ないところに落ち着いている。

低速では路面からのアタリがちょっと強めだった新型2008の乗り心地も、高速道に乗り入れるとしなやかさが際立ってきて、100km/h近辺まで達すると、過酷な目地段差も滑らかに吸収して、スッとおさまるようになる。酷似したハードウエアをもつ「DS 3クロスバック」の上陸直後と比較すると、そのアシさばきの潤いや精度感、そして高いフラット感により、新型2008のほうがワンランク上という印象を受ける。ただ、こうしたちがいがプジョーならではの特徴なのか、後発ゆえの熟成によるものかは、現時点でなんともいえないが……。

とにもかくにも、208の絶品ともいえるシャシー調律に心酔してしまうと、2008のそれにはどうしても背高モノならではの限界や妥協を感じてしまうのは避けられないところである。しかし、最新BセグメントSUVとしては……という条件なら、新型2008の乗り心地や操縦性はトップをうかがうデキなのも事実だ。

現在日本で入手可能な新型2008のガチンコライバルには、「トヨタ・ヤリス クロス」や「フォルクスワーゲンTロック」などがあげられるが、内外装の高級感、重厚な乗り心地、(ガソリンエンジン車としての)静粛性などの走りの総合力で、個人的には新型2008が一頭地をぬいていると思う。先進安全運転支援技術でも、少なくとも平時の労力低減機能ではトヨタに大きく負けていない。まあ、緊急時の自動ブレーキ性能ではトヨタにかなわない……という報道も一部にあるが。

タイヤサイズは215/60R17。ミシュランのコンフォートタイヤ「プライマシー4」が装着されていた。
タイヤサイズは215/60R17。ミシュランのコンフォートタイヤ「プライマシー4」が装着されていた。拡大
全車に標準装備される、7インチのタッチスクリーン式オーディオ。ナビゲーション機能はオプションで用意される。
全車に標準装備される、7インチのタッチスクリーン式オーディオ。ナビゲーション機能はオプションで用意される。拡大
駆動方式はFFのみだが、ドライブモードセレクターにはSUVらしく「Snow」「Mud」「Sand」といったモードも用意。アクセル、ブレーキを自動で制御し、一定速で坂道を下るヒルディセントコントロールも装備される。
駆動方式はFFのみだが、ドライブモードセレクターにはSUVらしく「Snow」「Mud」「Sand」といったモードも用意。アクセル、ブレーキを自動で制御し、一定速で坂道を下るヒルディセントコントロールも装備される。拡大
運転支援システムは従来モデルから飛躍的に進化。ストップ&ゴー機能付きのアダプティブクルーズコントロールや、レーンポジショニングアシストなどが装備される。
運転支援システムは従来モデルから飛躍的に進化。ストップ&ゴー機能付きのアダプティブクルーズコントロールや、レーンポジショニングアシストなどが装備される。拡大

グループPSAの勢いそのままに

プジョー独自の「iコックピット」の核となる超小径ステアリングの操作フィールについても、新型2008は正直なところ、208の域には達していない。自分の身体がまるでクルマの一部になったと錯覚するほどの一体感を獲得した208と比較すると、2008のそれはちょっとゆるい。接地感は208より明らかに薄く、反応も208ほど緊密ではない。

ただ、この超小径ステアリングが初めて採用された先代208/2008当時のデキを思えば、この背高シャシーと超小径ステアリング……という困難な組み合わせで、こうして違和やクセをなんら感じさせないだけでも、たいしたものだ。昨今のプジョーはどれに乗っても、iコックピットをついにモノにした感が強い。

欧州ではすでにかなりの好評価を得ている新型2008は、そのいかにも売れそうなオーラにも昨今の「グループPSA」の勢いを感じるところである。まあ、これまで王者だったキャプチャーの新型が未上陸の現時点では、最新のクラス最推奨株がどれなのかについて断定は避けたいが、少なくとも先代のころよりは、競争はさらに熾烈になりそうである。そしてどれが勝つにしても、BセグメントSUVの市場規模はさらに拡大するんだろう。

(文=佐野弘宗/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

小径のステアリングホイールによる独特の操作感も、今日のプジョーの特徴。ガソリン車の「SUV 2008」にはシフトパドルが標準装備される。
小径のステアリングホイールによる独特の操作感も、今日のプジョーの特徴。ガソリン車の「SUV 2008」にはシフトパドルが標準装備される。拡大
メーターパネルはフルデジタルで、手前と奥の2重に表示面を持つことで奥行き感を表現。手前の面には、メーターフードの裏側から映像を投影することで表示を行っている。
メーターパネルはフルデジタルで、手前と奥の2重に表示面を持つことで奥行き感を表現。手前の面には、メーターフードの裏側から映像を投影することで表示を行っている。拡大
内装のクオリティーや装備の充実度、動的質感などが、いずれも高いレベルにある「プジョーSUV 2008」は、BセグメントSUVでも屈指の実力の持ち主だった。
内装のクオリティーや装備の充実度、動的質感などが、いずれも高いレベルにある「プジョーSUV 2008」は、BセグメントSUVでも屈指の実力の持ち主だった。拡大

テスト車のデータ

プジョーSUV 2008 GTライン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4305×1770×1550mm
ホイールベース:2610mm
車重:1270kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:130PS(96kW)/5500rpm
最大トルク:230N・m(23.5kgf・m)/1750rpm
タイヤ:(前)215/60R17 96H/(後)215/60R17 96H(ミシュラン・プライマシー4)
燃費:17.1km/リッター(WLTCモード)
価格:338万円/テスト車=373万2550円
オプション装備:パールペイント<ヴァーティゴ・ブルー>(7万1500円)/ナビゲーションシステム(23万6500円)/ETC 2.0車載器(4万4550円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1034km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:340.0km
使用燃料:29.1リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:11.7km/リッター(満タン法)/12.0km/リッター(車載燃費計計測値)

プジョーSUV 2008 GTライン
プジョーSUV 2008 GTライン拡大
 
プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

プジョー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。