アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新

2020.10.07 自動車ニュース
アウディA4
アウディA4拡大

アウディ ジャパンは2020年10月7日、「A4/A4アバント/A4オールロードクワトロ」および「S4/S4アバント」に大幅改良を実施し、同日、販売を開始した。

 
アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新の画像拡大
 
アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新の画像拡大
A4アバント
A4アバント拡大
 
アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新の画像拡大
 
アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新の画像拡大
「S4」(右)と「S4アバント」(左)。
「S4」(右)と「S4アバント」(左)。拡大
A4オールロードクワトロ
A4オールロードクワトロ拡大

12Vマイルドハイブリッドシステムを採用

A4/A4アバントは、Dセグメントに属するアウディのミッドサイズモデルであり、現行モデルは2016年に登場した5代目にあたる。S4は同車をベースとした高性能バージョン、A4オールロードクワトロは、A4アバントをベースに悪路走破性能を高めたクロスオーバーモデルである。

今回の改良ではエクステリアデザインを大幅に刷新。ドアパネルの形状にも手を加え、全モデルにブリスターフェンダーを採用することで、従来モデルより全幅を5mm拡幅させた。ラインナップも刷新しており、A4/A4アバントではグレードを標準モデルと「アドバンスト」「Sライン」の3種類に変更。2種類のエンジンとの組み合わせにより、全5仕様のバリエーションとした。

装備の拡充も図っており、インフォテインメントシステムにはアウディ最新の「MIB3」を初採用。センタースクリーンをタッチパネル式とすることで操作性を向上させるとともに、よりシンプルでクリーンなインテリアデザインを実現したという。また、歩行者検知機能付きの自動緊急ブレーキや、渋滞追従支援機能付きアダプティブクルーズコントロールなど、予防安全・運転支援機能についても強化している。

パワーユニットは2種類の2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンで、「35 TFSI」では150PS(110kW)、「45 TFSI」では249PS(183kW)の最高出力を発生。いずれにもベルト駆動式オルタネータースターターと12Vのリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムが組み合わされる。トランスミッションは全車7段デュアルクラッチ式ATの「Sトロニック」。駆動方式は、35 TFSIがFF、45 TFSIがフルタイム4WDの「クワトロ」となっている。

「S4」や「A4オールロードクワトロ」も改良

高性能モデルのS4/S4アバントについてもデザインを変更しており、ボンネットの先端に往年の「スポーツクワトロ」をほうふつとさせるスリットを備えたほか、前後バンパーやエアインレット、サイドシルなどを専用の意匠とすることで精悍(せいかん)さと上質さを追求。足元には19インチアルミホイールを標準装備している。

一方、ブラックを基調としたインテリアは、カーボンアトラスデコラティブパネルや専用スポーツシートなどによりスポーティーさを演出。パワートレインは従来モデルと同じく最高出力354PS、最大トルク 500N・mを発生する3リッターV6ターボエンジンと8段AT「ティプトロニック」の組み合わせで、駆動システムにはフルタイム4WDのクワトロを採用している。

クロスオーバーモデルのA4オールロードクワトロは、ホイールアーチトリムやアンダーボディープロテクションを備えた専用外装、およびベース車よりトレッドが15mm、最低地上高が50mm大きい足まわりが特徴。「アウディドライブセレクト ダイナミックハンドリングシステム」には「オフロード」モードが追加されており、優れた乗り心地とオフロード性能を実現しているという。

パワートレインは249PS仕様の2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンと12Vマイルドハイブリッド機構の組み合わせで、トランスミッションには7段Sトロニックを採用。駆動システムにはFF走行も可能なAWDクラッチ付きクワトロシステムを用いている。装備については、LEDヘッドライトやアウディバーチャルコックピット、シートヒーターを標準化するなど、従来モデルよりアップグレードしている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • A4 35 TFSI:455万円
  • A4 35 TFSIアドバンスト:523万円
  • A4 35 TFSI Sライン:570万円
  • A4 45 TFSIクワトロ アドバンスト:580万円
  • A4 45 TFSIクワトロ Sライン:627万円
  • A4アバント35 TFSI:484万円
  • A4アバント35 TFSIアドバンスト:552万円
  • A4アバント35 TFSI Sライン:599万円
  • A4アバント45 TFSIクワトロ アドバンスト:609万円
  • A4アバント45 TFSIクワトロ Sライン:656万円
  • S4:895万円
  • S4アバント:924万円
  • A4オールロードクワトロ:634万円

(webCG)

関連キーワード:
A4, A4アバント, A4オールロードクワトロ, S4, S4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS Q8/RS 7スポーツバック 2020.11.28 画像・写真 アウディ ジャパンが最高出力600PSのハイパフォーマンスモデル「アウディRS Q8/RS 7スポーツバック」を日本で初披露。発表の舞台となった富士スピードウェイより、圧倒的な動力性能を誇るアウディスポーツの最新モデルを、写真で紹介する。
  • アウディが「RS Q8」を日本に導入 最高出力600PSのハイパフォーマンスSUV 2020.11.28 自動車ニュース アウディ ジャパンが「RS Q8」の日本導入を発表した。クーペスタイルのSUV「Q8」をベースに動力性能を高めたスポーツモデルで、最高出力600PS、最大トルク800N・mの4リッターV8ターボエンジンを搭載。ドライブトレインやシャシーにも専用のチューニングが加えられている。
  • アウディがハイパフォーマンスモデル「RS 6アバント」と「RS 7スポーツバック」を発売 2020.11.28 自動車ニュース アウディが「RS 6アバント/RS 7スポーツバック」を日本に導入。いずれもアウディスポーツが開発したハイパフォーマンスモデルで、最高出力600PS、最大トルク800N・mを発生する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載している。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • アウディQ7 55 TFSIクワトロSライン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.3 試乗記 アウディがラインナップする3列シートのフルサイズSUV「Q7」が、フルモデルチェンジから4年を経て大幅な改良を受けた。パワートレインが刷新された改良モデルはどのような走りを実現しているのか? スポーティーな「Sライン」モデルで試した。
ホームへ戻る