「スカイアクティブX」は搭載しないんですか? 「マツダMX-30」の開発陣に話を聞いた

2020.10.16 デイリーコラム

開発スタートはマツダ3と同時

すでに各所で報じられている通り、マツダではこれまでチャレンジングなモデルに「MX」の名称を使ってきた。そのMXを冠する新型車「MX-30」はどこがチャレンジングなのかというと、これまでマツダ車にそれほど興味がなかった人たちに振り向いてもらうための、ある種の実験的なモデルなのだという。そのあたりの事情を開発主査の竹内都美子氏とチーフデザイナーの松田陽一氏に聞いてきたので報告したい。

実はMX-30の開発は、マツダの新世代商品群の第1弾である「マツダ3」と同時にスタートしている……が、実際には「CX-30」よりも遅れた第3弾としてデビューした。これについて竹内主査は「袋小路に入り込んでしまって」と笑顔で説明してくれた。

マツダの上層部から竹内氏に下されたミッションは「全く新しい価値観のクルマをつくりたまえ」だったという。聞くだけだと驚きは少ないものだが、自動車の誕生から百数十年を経た現代において、全く新しいモノを生み出せというのは、なかなか乱暴な指令である。松田氏は「ドツボにはまりました」と述懐する。

一般的に自動車は人々の生活を便利に、豊かにするためにつくられている。そのため前方視界やキャビンの広さ、荷室の広さといった他のクルマと同じポイントを重視していくと、どうしても新しい価値観を付与することが難しくなる。というか、どこかで見たことのあるクルマが出来上がってしまう。ここでの停滞がマツダ3との1年5カ月ほどのデビュー時期の差につながっている。

「マツダMX-30」の開発主査を務めた竹内都美子氏。マツダ社内では唯一の女性主査だという。
「マツダMX-30」の開発主査を務めた竹内都美子氏。マツダ社内では唯一の女性主査だという。拡大
「マツダ3」と同時に開発がスタートしながら、1年半近くもデビューが遅れてしまった。
「マツダ3」と同時に開発がスタートしながら、1年半近くもデビューが遅れてしまった。拡大
他のマツダ車とは異なり、フロントマスクに「シグネチャーウイング」(ヘッドランプの前に備わるメッキパーツ)が付いていない。
他のマツダ車とは異なり、フロントマスクに「シグネチャーウイング」(ヘッドランプの前に備わるメッキパーツ)が付いていない。拡大
マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMX-30 2020.10.8 画像・写真 マツダの新世代商品群第3弾となる「MX-30」がいよいよ発売された。特徴的なセンターオープン式の「フリースタイルドア」を備えた新たなクロスオーバーSUVの姿を写真で詳しく紹介する。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • アウディQ3 35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.12 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となったアウディのCセグメントSUV「Q3」。ラインナップの中核をなすと目される「Q3 35 TFSIアドバンスト」を郊外に連れ出し、最新のシャシーやパワーユニットの出来栄え、ユーティリティー性をチェックした。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る