高機能でも高価じゃない

でも、いかんせんカーボン製プロペラシャフトはコストが高かった。そこでショーワはRTM(Resin Transfer Molding)という生産性の高いカーボンコンポジット製法を用いてプロペラシャフトをつくる生産プロセスを開発。実は、RTMで“中空部品”をつくるのは不可能というのがこれまでの定説だったのに、ショーワはこの常識を覆して一体型カーボン製プロペラシャフトの量産化にめどをつけたのである。しかも驚くことに、プロペラシャフト単体のコストはスチール製と同等。軽自動車にも採用可能な根拠はここにあるのだが、そのいっぽうで例の“つなぎ目”がなくなるので静粛性が向上するうえ、つなぎ目をボディーに固定する手間も省けるのでコスト的にはむしろ有利になるという。つまり、いいことずくめのプロペラシャフトなのだ。

われわれ報道陣がこの革新的なカーボン製プロペラシャフトの存在を知ったのは、同社の塩谷プルービンググラウンドで行われたショーワ技術体験取材会でのこと。ここではショーワが最も得意とするダンパーや電動パワーステアリングなどを中心とする同社の最新技術が数多く紹介されたので、特に注目の技術を中心にここでリポートしよう。

最新技術というと、とかく高機能・高性能でコストも高いと考えられがちだが、ショーワの場合はカーボン製プロペラシャフトの例でもわかるとおり、高機能・高性能だけれどもコストは従来と変わらない、という製品が少なくない。

その一例がダンパーに用いられる「S-SEES(Showa-Super Empowering Efficient Suspension)」という名のテクノロジー。ダンパーというと、とにかくフリクションが小さいほうが高品質と考えられがちだが、実は微小ストローク領域では適度なフリクションを発生させたほうが乗り味やハンドリングにしっかり感が出てくるという。意外にもヨーロッパ製ダンパーにはこのあたりを折り込んだ製品が少なくないそうだが、近年、ショーワもダンパー性能を向上させるフリクション発生技術に着目。その一部はS-SEESとしてすでに商品化されているが、今回発表されたのはその次世代版である。

「フリクションを発生させるなんて、そんなの簡単でしょ?」とあなたは思われるかもしれないが、乗り心地やハンドリングをよくするためのフリクションをつくり出すのはそう簡単なことではない。そもそもフリクションには、止まっているモノが動き出すときに発生する静摩擦と、モノが動いているときに発生する動摩擦があるが、ショーワはそのそれぞれについて「適切な状況で適切な量のフリクション」をつくり出すための努力を日夜続けているという。その労力たるや、相当のものだ。

安定性や応答性、ハーシュネスなどさまざまな点で性能を向上させたダンパー「S-SEES」の次世代モデル。“適切なフリクション”を徹底追求することで、上質な乗り心地を実現したとアピールされる。
安定性や応答性、ハーシュネスなどさまざまな点で性能を向上させたダンパー「S-SEES」の次世代モデル。“適切なフリクション”を徹底追求することで、上質な乗り心地を実現したとアピールされる。拡大
こちらはショーワのショックアブソーバー「SFRD」の新製品。筒内にオイルのバイパス流路を設けることで、走行時の微振動やロードノイズを低減させる。写真はそのカットモデル。
こちらはショーワのショックアブソーバー「SFRD」の新製品。筒内にオイルのバイパス流路を設けることで、走行時の微振動やロードノイズを低減させる。写真はそのカットモデル。拡大
「SFRD」の効果を示すスライド資料。サスペンションのトップに水を張ったシャーレを置いてみると、振動により生じる波紋に劇的な差がみられる。すなわち、大幅に微振動が抑えられていることがわかる、の図。
「SFRD」の効果を示すスライド資料。サスペンションのトップに水を張ったシャーレを置いてみると、振動により生じる波紋に劇的な差がみられる。すなわち、大幅に微振動が抑えられていることがわかる、の図。拡大
ショーワでは、実際のドライブフィールを評価する手段としてシミュレーターも積極的に活用している。写真はステアリング・サスペンションの協調制御システムを試すためのもの。
ショーワでは、実際のドライブフィールを評価する手段としてシミュレーターも積極的に活用している。写真はステアリング・サスペンションの協調制御システムを試すためのもの。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事