目指す走りは“スッキリ味”!?

これ以外にもショーワは振動周波数によって減衰力を可変させる“メカ式減衰力可変ダンパー”の「SFRD(Sensitive Frequency Response Damper)」、電子制御で減衰力を調整する「IECAS(Intelligent Electronic Control Adaptive Suspension)」などを開発。同様に、電動パワーステアリングでもクラスに応じて「DPA-EPS(Dual Pinion Assist-Electric Power Steering)」や「BRA-EPS(Belt Rack Assist-Electric Power Steering)」といった製品をラインナップし、幅広いニーズに応えている。

今回はそれらの製品を装着した試作車に試乗する機会もあったのだが、驚いたことに、どの製品にも共通の傾向というかテイストが感じられた。それをひとことで言えば、乗り心地にしてもハンドリングにしても「スッキリとしていて、妙な粘り感がなく、動き出しから優れた精度感やリニアリティーを伝えるもの」と説明できる。

よくよく考えてみればそれも当然のこと。なぜなら、こういった特徴は高強度・高精度なメカニズムに共通のものだからだ。言い換えれば、ショーワはさまざまな技術を駆使することで、適切なコストの範囲内で機械的に優れた自動車用パーツを開発・生産している、となる。

自動車の電動化や自動化が脚光を浴びる現在、ショーワが取り組む技術はややもすると地味と捉えられがちかもしれない。しかし、ヨーロッパ製の自動車は、こういった地道な部分についても手を抜くことなく、いまも確実に進化・改善している。

裏を返せば、ヨーロッパのユーザーは自動車のメカニズムが生み出すよさを確実に見分ける力を持っていることになる。意外かもしれないが、中国のユーザーでさえ自動車の質感に対するこだわりは強くなるいっぽうとの話をよく耳にする。ショーワの技術は、日本を含む世界中の市場で販売される日本車の乗り心地やハンドリングを向上させるうえで、大いに役立つことだろう。

(文=大谷達也<Little Wing>/写真=ショーワ、webCG/編集=関 顕也)

「DPA-EPS」と呼ばれる最新の電動パワーステアリング。ダイレクト感が得られるためスポーツカーに適しているとされる。今回披露された最新型では“切り始めの引っかかる感覚”がより改善されているという。
「DPA-EPS」と呼ばれる最新の電動パワーステアリング。ダイレクト感が得られるためスポーツカーに適しているとされる。今回披露された最新型では“切り始めの引っかかる感覚”がより改善されているという。拡大
「DPA-EPS」装着車の「マツダCX-5」(写真左)と非装着車(同右)。今回、こうした乗り比べを通して、新技術の有無による走りの違いをはっきりと体感することができた。
「DPA-EPS」装着車の「マツダCX-5」(写真左)と非装着車(同右)。今回、こうした乗り比べを通して、新技術の有無による走りの違いをはっきりと体感することができた。拡大
メカ式減衰力可変ダンパー「SFRD」付きのテスト車「ホンダN-BOX」で試験路を行く。非装着車に比べ、その乗り心地は上質に、操舵時の挙動は安定的になっていた。本来は軽への装着を前提にした製品ではないとのことだが、軽でもその劇的な変化には驚かされた。
メカ式減衰力可変ダンパー「SFRD」付きのテスト車「ホンダN-BOX」で試験路を行く。非装着車に比べ、その乗り心地は上質に、操舵時の挙動は安定的になっていた。本来は軽への装着を前提にした製品ではないとのことだが、軽でもその劇的な変化には驚かされた。拡大
「ステアフィールの向上技術」のデモ用に用意された「ホンダ・シビック」。スイッチ操作ひとつで味付けを“ポルシェ風”や“アウディ風”に変えてみせてくれた。いやはや。
「ステアフィールの向上技術」のデモ用に用意された「ホンダ・シビック」。スイッチ操作ひとつで味付けを“ポルシェ風”や“アウディ風”に変えてみせてくれた。いやはや。拡大
こちらは、ステアリングとサスペンションの協調制御システムを組み込んだ「シビック」。4輪それぞれを独立制御するのがミソで、その精度感やリニアリティーの高さゆえに、システムオフのときよりも走行ペースが上がってしまった。
こちらは、ステアリングとサスペンションの協調制御システムを組み込んだ「シビック」。4輪それぞれを独立制御するのがミソで、その精度感やリニアリティーの高さゆえに、システムオフのときよりも走行ペースが上がってしまった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事