パステルイエローをまとったオフロードテイストの「フィアット・パンダ クロス4×4」登場

2020.10.13 自動車ニュース
フィアット・パンダ クロス4×4
フィアット・パンダ クロス4×4拡大

FCAジャパンは2020年10月13日、クロスオーバーSUV「フィアット・パンダ クロス4×4」を150台の台数限定で、同年10月24日に発売すると発表した。

ボディーカラーは「パステルイエロー」で、「CROSS」ロゴ入りサイドモールディング、専用15インチアルミホイールなどが採用されている。
ボディーカラーは「パステルイエロー」で、「CROSS」ロゴ入りサイドモールディング、専用15インチアルミホイールなどが採用されている。拡大
内装は、ブラックを基調にブラウンをあしらった専用仕上げ。「CROSS」ロゴ入り専用ファブリックシートや前席シートヒーターを装備している。
内装は、ブラックを基調にブラウンをあしらった専用仕上げ。「CROSS」ロゴ入り専用ファブリックシートや前席シートヒーターを装備している。拡大
オート/オフロード/ヒルディセントコントールの3つの走行プログラムが選択できるドライブモードセレクターが備わる。
オート/オフロード/ヒルディセントコントールの3つの走行プログラムが選択できるドライブモードセレクターが備わる。拡大

今回のパンダ クロス4×4は、最高出力85PSを発生する0.9リッターの2気筒「ツインエア」に、6段MTと4WDシステムを組み合わせたコンパクトクロスオーバーモデル。

ボディーカラーには明るい「パステルイエロー」を採用し、樹脂パーツを用いた専用フロントフェイスをはじめ、フロントフォグランプやスキッドプレート風デザインを取り入れた前後バンパー、シルバー仕上げのルーフレール、「CROSS」ロゴ入りサイドモールディング、専用15インチアルミホイールなどを装備している。

インテリアにおいては、ブラックをベースにブラウンを随所にあしらった独自のカラーコーディネートが施されている。「CROSS」ロゴ入り専用ファブリックシートや前席シートヒーター、ドライブモードセレクター、フルオートエアコンなどが特別装備となる。

価格は263万円。

(webCG)

関連キーワード:
パンダ, フィアット, 自動車ニュース

フィアット パンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る