「プジョー308」の一部改良モデル発売 特別仕様車「ロードトリップ」も登場

2020.10.14 自動車ニュース
「プジョー308」(写真左)と「308SW」(同右)。
「プジョー308」(写真左)と「308SW」(同右)。拡大

グループPSAジャパンは2020年10月14日、プジョーブランドのハッチバック車「308」およびステーションワゴン「308SW」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車「ROADTRIP(ロードトリップ)」を設定し、販売を開始した。

 
「プジョー308」の一部改良モデル発売 特別仕様車「ロードトリップ」も登場の画像拡大
 
「プジョー308」の一部改良モデル発売 特別仕様車「ロードトリップ」も登場の画像拡大
 
「プジョー308」の一部改良モデル発売 特別仕様車「ロードトリップ」も登場の画像拡大

2リッターディーゼルモデルと「GTi」が終売に

今回はグレード体系の見直しを実施したほか、内外装装備のアップデートを図っている。

改良モデルのラインナップは1.5リッター直4ディーゼルターボエンジン「DV5」(最高出力130PS/最大トルク300N・m)を搭載した「GT BlueHDi」と「アリュールBlueHDi」、1.2リッター直3ガソリンターボエンジン「EB6」(同130PS/同230N・m)を搭載した「アリュール」の3タイプ。EB6エンジンについては欧州排ガス規制「ユーロ6.3」に対応したほか、燃費が15.6km/リッターから15.9km/リッター(WLTCモード)に向上している。なお、2リッターディーゼルターボモデルおよびスポーティーモデル「GTi by PEUGEOT SPORT」は終売となっている。

プジョーの代名詞である「iコックピット」は、プジョーが“ヘッドアップインストゥルメントパネル”と呼ぶメーターパネルがデジタル表示式に進化。視認性が向上しただけでなく、さまざまな表示モードに対応したのが特徴だ。このほか内装では全モデルにテップレザーとファブリックのコンビシートを採用。GT BlueHDiのステアリングホイールとインテリア、シートにはレッドのステッチが施される。

エクステリアには新デザインのアロイホイールを採用。さらに、新型「208」や「SUV 2008」で人気を博しているというボディーカラー「ヴァーティゴブルー」を新規設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
【308】

  • アリュール:296万7000円
  • アリュールBlueHDi:318万円
  • GT BlueHDi:344万7000円

【308SW】

  • アリュール:322万円
  • アリュールBlueHDi:343万3000円
  • GT BlueHDi:370万円
 
308ロードトリップ
308ロードトリップ拡大
 
「プジョー308」の一部改良モデル発売 特別仕様車「ロードトリップ」も登場の画像拡大
 
「プジョー308」の一部改良モデル発売 特別仕様車「ロードトリップ」も登場の画像拡大
 
「プジョー308」の一部改良モデル発売 特別仕様車「ロードトリップ」も登場の画像拡大

専用シートを特別装備

特別仕様車ロードトリップはアリュールおよびアリュールBlueHDiがベース。専用のアルカンターラ&テップレザーシートをはじめとした室内の随所にサンセットオレンジ&グレーのステッチがあしらわれるほか、ドライブをサポートするアイテムや専用エンブレムなども備わっている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 専用アルカンターラ&テップレザーシート
  • 「ROADTRIP」エンブレム(フロントシート、フロントフェンダー、フロアマット)
  • アクティブブラインドスポットモニターシステム
  • パークアシスト
  • アロイペダル&フロントステップガード
  • オリジナルフロアマット
  • パノラミックガラスルーフ(SWにオプション)

価格は以下の通り。

  • 308ロードトリップ:308万2000円
  • 308ロードトリップBlueHDi:329万5000円
  • 308SWロードトリップ:333万5000円
  • 308SWロードトリップBlueHDi:354万8000円

(webCG)

関連キーワード:
308, 308SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208 GTライン(後編) 2020.10.8 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「プジョー208」に乗った谷口信輝は、「これなら安心してすすめられる」とつぶやいた。そんな評価の決め手となった、最新型の注目ポイントとは?
ホームへ戻る