スズキが「アルト」「アルト ラパン」を仕様変更 グレードラインナップを見直し

2020.10.14 自動車ニュース
スズキ・アルトS
スズキ・アルトS拡大

スズキは2020年10月14日、軽乗用車「アルト」および「アルト ラパン」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

アルト ラパンX
アルト ラパンX拡大

今回はグレード構成を見直しており、アルトは「X」グレードを廃止し、「F」「L」「S」に「アルトワークス」を加えた4グレード展開に。一方のアルト ラパンは「S」グレードを廃して「G」「L」「X」「モード」の4グレード展開とした。

装備面ではアルトに電動格納式カラードドアミラーとフルオートエアコンなどを追加設定。アルト ラパンにはフルオートエアコンと電動格納式リモコンドアミラー、ステアリングオーディオスイッチ、時間調整付きフロント間欠ワイパーなどを追加した。

さらにアルトにはボディーカラーに「フェニックスレッドパールメタリック」を追加設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。
【アルト】

  • F(5段MT):86万3500円(FF車)/97万1300円(4WD車)
  • F(5段AGS):86万3500円(FF車)/97万1300円(4WD車)
  • L(CVT):91万8500円(FF車)/102万8500円(4WD車)
  • S(CVT):109万7800円(FF車)/120万0100円(4WD車)
  • ワークス(5段MT):153万7800円(FF車)/164万7800円(4WD車)
  • ワークス(5段AGS):168万6300円(4WD車)

【アルト ラパン】

  • G(CVT):121万円(FF車)/132万2200円(4WD車)
  • L(CVT):128万3700円(FF車)/138万8200円(4WD車)
  • X(CVT):144万8700円(FF車)/154万9900円(4WD車)
  • モード(CVT):141万9000円(FF車)/152万0200円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
アルト, ラパン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ホンダN-ONE RS(FF/6MT)【試乗記】 2021.3.3 試乗記 ボディーパネルの大半をキャリーオーバーという前代未聞のフルモデルチェンジを果たした「ホンダN-ONE」。となると、中身のブラッシュアップに相当な熱意が込められていると考えるのが自然だろう。新規設定されたターボエンジン×6段MT仕様に試乗した。
  • 新型スバルWRX 2021.9.10 画像・写真 スバルは2021年9月10日、高性能スポーツセダン「WRX」の新型を米国で世界初公開した。パフォーマンスカーとしての価値と実用的なセダンとしての価値を革新的に進化させたとうたわれる新型の姿を、写真で詳しく紹介する。
  • ドリキン土屋圭市「フィットe:HEV Modulo X」を語る 2021.9.13 こだわりの最新Modulo X<AD> ただのコンパクトカーじゃない。カッコだけのスポーツ仕様でもない。「フィットe:HEV Modulo X」だから味わえる気持ちいい走りの秘密について、開発に関わった土屋圭市氏が熱く語った。
  • ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.31 試乗記 ジープ自慢のクロスカントリーモデル「ラングラー」に、限定車「ルビコン ソフトトップ」が登場。伝統の2ドア仕様で、悪路特化の「ルビコン」で、しかもホロ屋根という好事家の心をくすぐる一台は、爽快なまでに“潔さ”を感じさせるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る