新型「ルノー・ルーテシア」が上陸 最新の運転支援システムを搭載

2020.10.15 自動車ニュース
ルノー・ルーテシア
ルノー・ルーテシア拡大

ルノー・ジャポンは2020年10月15日、コンパクトカー「ルーテシア」の新型を発表し、同年11月6日に販売を開始すると発表した。

フルモデルチェンジによって5代目に進化した「ルーテシア」。2019年10月23日に開幕した第46回東京モーターショー2019に参考展示され、当初は2020年前半の国内導入をアナウンスしていた。
フルモデルチェンジによって5代目に進化した「ルーテシア」。2019年10月23日に開幕した第46回東京モーターショー2019に参考展示され、当初は2020年前半の国内導入をアナウンスしていた。拡大
「ルーテシア」のリアビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4075×1725×1470mmとなっている。
「ルーテシア」のリアビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4075×1725×1470mmとなっている。拡大
タブレット風の7インチディスプレイをセンターコンソール中央に配置したダッシュボードは完全新設計。手に触れる部分にはソフトバッドを用いて、質感を向上させたという。
タブレット風の7インチディスプレイをセンターコンソール中央に配置したダッシュボードは完全新設計。手に触れる部分にはソフトバッドを用いて、質感を向上させたという。拡大

新開発の「CMF-B」プラットフォームを採用

ルノー・ルーテシアは、欧州Bセグメント市場でナンバーワンの販売台数を誇るモデル。初代のデビューは1990年で、4代目までで合計1500万台を販売したという。今回日本に導入されるのは5代目にあたり、2019年の東京モーターショーで実車が初公開された。当初は「2020年前半に国内導入」とのアナウンスであったが、スケジュールが10月にずれ込んだ。

エクステリアデザインは正常進化といえるもので、従来型のイメージを踏襲しているが、フロントフェイスは最新世代のルノー各車と共通するイメージに仕上げられている。いっぽうその中身は刷新されており、基本骨格となる「CMF-B」は、ルノー・日産・三菱が今後リリースするコンパクトカーに共通で使用される予定の新開発プラットフォーム。CMF-Bはルノー主導で設計・開発がなされている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4075×1725×1470mm、ホイールベースは2585mmとなり、先代モデルと大きく変わらない。参考までに先代モデルの「インテンス」グレードでは、ボディーサイズが全長×全幅×全高=4095×1750×1445mm、ホイールベースが2600mmという数値であった。

インテリアにおいては、波のような曲線と水平基調の造形を取り入れたダッシュボードデザインが特徴で、ダッシュボードやドアパネル、センターコンソールの側面まで、乗員が触れるところには高品質なソフト素材を採用。フロントシートはデザインが変更され、包み込むような形状でサポート性を向上しているという。

 
従来のアナログ方式から7インチデジタルディスプレイに変更されたインストゥルメントパネル。
従来のアナログ方式から7インチデジタルディスプレイに変更されたインストゥルメントパネル。拡大
「ルノー・マルチセンス」の表示例。エンジンの出力特性や7段ATの変速特性などをカスタマイズできる。
「ルノー・マルチセンス」の表示例。エンジンの出力特性や7段ATの変速特性などをカスタマイズできる。拡大
日本に導入される、最高出力131PSの1.3リッター直4ターボエンジンと7段DCT「7EDC」のパワートレイン。
日本に導入される、最高出力131PSの1.3リッター直4ターボエンジンと7段DCT「7EDC」のパワートレイン。拡大
荷室容量は先代モデルの330リッターから391リッターに拡大。後席背もたれには、60:40の分割可倒機構も備わっている。
荷室容量は先代モデルの330リッターから391リッターに拡大。後席背もたれには、60:40の分割可倒機構も備わっている。拡大
車両の周囲の状況を真上から見下ろしたような映像で表示する360°カメラを採用。
車両の周囲の状況を真上から見下ろしたような映像で表示する360°カメラを採用。拡大

充実の先進安全運転支援システム

インストゥルメントパネルは、従来のアナログ方式から7インチデジタルディスプレイに変更された。センターコンソールには、マルチメディア「EASY LINK(イージーリンク)」のタッチスクリーン式7インチディスプレイを配置。「Apple CarPlay」や「Android Auto」をはじめとする各種インフォテインメントシステムのほか、「ルノー・マルチセンス」のコントロールパネルとしても機能する。ルノー・マルチセンスは、運転モードや照明などのカスタマイズが行え、エンジンの出力特性や7段ATの変速特性、パワステのアシスト力といった各種設定が変更できる。

日本導入モデルのパワートレインは、最高出力131PSを発生する新開発の1.3リッター直4ターボと7段DCT「7EDC」で、前輪駆動モデルのみのラインナップとなる。燃費は17.0km/リッター(WLTCモード)と発表されている。

先進安全運転支援システム(ADAS)の充実も新型ルーテシアの特徴。ハイウェイ&トラフィックジャムアシストやストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)、レーンセンタリングアシスト(車線中央維持支援)、360°カメラ、オートハイ/ロービームなどに加え、予防安全機能として歩行者・自転車検知機能付きアクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)やブラインドスポットワーニング(後側方車両検知警報)、レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警報)、トラフィックサインレコグニション(交通標識認識)など、最新レベルの機能が盛り込まれている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ルーテシア ゼン:236万9000円(受注生産)
  • ルーテシア インテンス:256万9000円
  • ルーテシア インテンス テックパック:276万9000円

ボディーカラーはルージュフラムメタリック、オランジュバレンシアメタリック、ブルーセラドンメタリック、ブラングラシエ、ブルーアイロンメタリック、ノワールエトワールメタリックの全6色の設定。

(webCG)

◆関連ニュース:日本仕様の新型「ルノー・ルーテシア」が国内初お披露目に

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
ホームへ戻る