クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)

才色兼備のクロスオーバー 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。

「Eクラス クーペ」をクロスオーバー化したような……

私のなかでは、メルセデス・ベンツはいまだに“輸入高級セダン”のイメージが強いのだが、時代の流れとともにSUV比率が高まっているというのが現実で、いまや日本市場ではSUVの販売が約3割に達するそうだ。確かに週末の高速道路をはじめ、東京のど真ん中でも、メルセデスのSUV比率が高まっているのを実感できる。

別格の「Gクラス」はひとまず除外するとして、SUVラインナップの足跡を見直すと、1998年に登場した「Mクラス」にたどり着く。プレミアムSUVの“はしり”となったMクラスは、3代目の途中で「GLE」と名を変え、いまに至るのはご存じのとおりだ。エントリークラスの「GLA」からフラッグシップの「GLS」までSUVのラインナップがそろい、ブランド全体の好調を支えているのは、Mクラス(とGLE)があったからなのだ。

そのGLEは2019年のフルモデルチェンジで、4代目に進化。Cピラーやリアクオーターウィンドウの特徴あるデザインにより、ひと目でMクラスの系譜とわかるエクステリアが最新モデルにも受け継がれるあたりに、作り手の歴史を重んじる気持ちが感じられる。

そんなGLEのクーペ版となる「GLEクーペ」が登場したのは2016年のことだが、いかにもSUVというGLEのエクステリアとは大きく異なり、「Eクラス クーペ」を4ドアにしてクロスオーバー化したらこんなスタイルになるのかなぁ……という、まるでGLEとは別物のクルマに仕上がっている。それが嫌いというのではなく、むしろ格好良く見えるというのが、個人的な感想だ。

SUVとクーペのクロスオーバーモデル「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。今回の試乗車は2代目にあたる新型で、国内では2020年6月にデビューした。
SUVとクーペのクロスオーバーモデル「メルセデス・ベンツGLEクーペ」。今回の試乗車は2代目にあたる新型で、国内では2020年6月にデビューした。拡大
フロントまわりは、ダイヤモンドグリルや大胆なデザインのロワグリルが印象的。顔の基本的な造形は兄弟車であるSUV「GLE」と共通になっている。
フロントまわりは、ダイヤモンドグリルや大胆なデザインのロワグリルが印象的。顔の基本的な造形は兄弟車であるSUV「GLE」と共通になっている。拡大
「GLE」との大きな相違点となる「GLEクーペ」のリアまわり。フィン形状のリアエンドとシャープなコンビランプが与えられている。
「GLE」との大きな相違点となる「GLEクーペ」のリアまわり。フィン形状のリアエンドとシャープなコンビランプが与えられている。拡大
なだらかなルーフラインは「GLEクーペ」の最大の特徴。2016年に国内で発売された初代に比べ、全長は65mm長く、全高は15mm低くなった、
なだらかなルーフラインは「GLEクーペ」の最大の特徴。2016年に国内で発売された初代に比べ、全長は65mm長く、全高は15mm低くなった、拡大

クーペといっても中は広い

本物のクーペとは違い、ボディーサイズに余裕があるSUVクーペは、後席やラゲッジスペースが広いのがうれしいところ。このGLEクーペも、全高は「GLE」に比べて65mm低い1715mmとはいえ、身長167cmの筆者の場合、後席のヘッドルームは10cm強と十分な余裕があり、レッグルームも楽に足が組めるほど広い。

ラゲッジスペースも、後席を使用する状態で奥行き約115cm、655リッター(VDA方式)もの広い空間が確保されている。GLEに標準装備のサードシートがこのGLEクーペでは選べないが、そこを重視しない人にとっては、GLEクーペでも十分使い勝手のいいキャビンに仕立て上げられている。

そのうえ、走りにも良い影響が見られたのだが、そのあたりはまた後ほど触れるとして、今回試乗したのは、2.9リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジンを積む「GLE400d 4MATICクーペ スポーツ」。現在、日本で販売されるGLEクーペは2グレードで、ガソリンエンジンの「メルセデスAMG GLE53 4MATICクーペ」の1421万円に比べると、こちらは1186万円と、“ぐんとお求めやすい”一台である。

やや高めの運転席に陣取ると、最近のメルセデスの文法どおり、12.3インチのワイドディスプレイが2個連結された先進的なコックピットが目に映る。と同時に、センターに鎮座する光り輝く4連のエアベントや、ステッチが美しいダッシュボードなど、隙のないプレミアムSUVとしての演出に、ただただ恐れ入るばかりだ。

水平基調のインストゥルメントパネル。中央に4つ並んだエアベントも特徴的なディテールだ。
水平基調のインストゥルメントパネル。中央に4つ並んだエアベントも特徴的なディテールだ。拡大
ナッパレザーと本革が併用されたシート。座面と背もたれ、サイドサポートの内側にはパンチングメッシュが施されている。
ナッパレザーと本革が併用されたシート。座面と背もたれ、サイドサポートの内側にはパンチングメッシュが施されている。拡大
新型「GLEクーペ」の後席は、ホイールベースが20mm延長された効果もあり先代よりも広くなっている。
新型「GLEクーペ」の後席は、ホイールベースが20mm延長された効果もあり先代よりも広くなっている。拡大
5人乗車時の荷室容量は655リッター。側方には、荷物の積み下ろしに際してフロアレベルを下げるためのスイッチが備わる。
5人乗車時の荷室容量は655リッター。側方には、荷物の積み下ろしに際してフロアレベルを下げるためのスイッチが備わる。拡大

頼りになるディーゼルエンジン

圧倒されてばかりもいられないので、気を取り直して走りだすと、低回転から太いトルクを発生する2.9リッターディーゼルエンジンに、再び圧倒されてしまった。

カタログを見ると700N・mもの最大トルクがわずか1200rpmから湧き出すことがわかるが、アクセルペダルを軽く踏んだだけでは、発揮されるのはその実力の数分の1ほどだ。それでも車両重量が2450kgに達するGLEクーペのボディーを軽々と動かすのだから、ディーゼルエンジンはやめられない。

これだけ低速トルクが充実していれば、あえて回転を上げなくても楽に加速できてしまう。この日は箱根まで足を延ばしたが、上り坂でもアクセルペダルに乗せた右足に軽く力を込めるだけで、ぐいぐいと坂を登っていくのは頼もしいかぎりだ。そのうえ、このエンジンは実にスムーズでノイズもよく抑えられており、加速時であってもディーゼルであることを忘れてしまいそうだ。

もちろん、いざという場面でアクセルペダルを思い切り踏み込めば、4000rpmを超えてもなお、力強い加速が続く。山道で少し踏みすぎたのか、試乗を通した平均燃費は10.6km/リッター(車載コンピューターで計測)だったが、ふつうに走ればこの数字は軽く超えるはずで、余裕あるボディーサイズでこれほどの高性能でありながら、燃料代がセーブできるのも、このクルマの魅力といっていい。

今回は300kmほどの距離を試乗。燃費は満タン法で13.9km/リッター、車載の燃費計で10.6km/リッターを記録した。
今回は300kmほどの距離を試乗。燃費は満タン法で13.9km/リッター、車載の燃費計で10.6km/リッターを記録した。拡大
1200rpmという低回転域から700N・mもの最大トルクを発生する2.9リッターディーゼルエンジン。アルミ製クランクケースを採用するなど軽量化にも配慮されている。
1200rpmという低回転域から700N・mもの最大トルクを発生する2.9リッターディーゼルエンジン。アルミ製クランクケースを採用するなど軽量化にも配慮されている。拡大
ドライバーの前方には、12.3インチのメーターパネルとインフォテインメントシステム用のディスプレイが並ぶ。前者には、オーソドックスな速度計やエンジン回転計のほか、写真のように車体の傾斜角や運転支援システムの作動情報なども表示できる。
ドライバーの前方には、12.3インチのメーターパネルとインフォテインメントシステム用のディスプレイが並ぶ。前者には、オーソドックスな速度計やエンジン回転計のほか、写真のように車体の傾斜角や運転支援システムの作動情報なども表示できる。拡大
トランスミッションは「9Gトロニック」と呼ばれる9段AT。意のままになるスポーツドライビングと優れたクルージング性能が追求されている。
トランスミッションは「9Gトロニック」と呼ばれる9段AT。意のままになるスポーツドライビングと優れたクルージング性能が追求されている。拡大

SUV離れした走り

GLEクーペの走りは、SUVとしては十分に落ち着いている。このGLE400d 4MATICクーペ スポーツには、エアスプリングと電子制御ダンパーを組み合わせたエアマチックサスペンションが標準装着されており、コンフォートモードでは軽いピッチングが見られることがあるが、乗り心地はおおむねマイルドで快適。目地段差を通過したときにも、ショックの伝わり方は穏やかなほうだ。

驚いたのはワインディングロードを走ったときの挙動で、ハンドリングが素直なうえに、ロールの制御が見事! これに貢献していたのが、オプションで用意されている「Eアクティブボディーコントロール」。GLEよりも低めの全高とあいまって、気持ちの良いコーナリングを楽しむことができたのだ。

やや細い道を走るときや、狭いパーキングに駐車するときなどは、正直なところ気を遣う。しかし、それ以外の場面ではボディーの大きさを気にすることなく運転が楽しめたGLEクーペ。スタイリッシュなエクステリアに似合う街なかだけでなく、ロングツーリングに連れ出したくなる一台である。

(文=生方 聡/写真=田村 弥/編集=関 顕也)

「GLE400d 4MATICクーペ」には、路面の状態をスキャンし足まわりの特性を変化させる「Eアクティブボディーコントロール」がオプション設定される。これにより、オフロードやコーナーを含むさまざまな道で心地よい走りを実現する。
「GLE400d 4MATICクーペ」には、路面の状態をスキャンし足まわりの特性を変化させる「Eアクティブボディーコントロール」がオプション設定される。これにより、オフロードやコーナーを含むさまざまな道で心地よい走りを実現する。拡大
14本のスポークで構成される21インチアルミホイール。試乗車には「ピレリPゼロ」タイヤが組み合わされていた。
14本のスポークで構成される21インチアルミホイール。試乗車には「ピレリPゼロ」タイヤが組み合わされていた。拡大
インフォテインメントシステムは機能が多彩。メニューの中には、運転による体の凝りをほぐすエクササイズのレクチャーも(写真)。
インフォテインメントシステムは機能が多彩。メニューの中には、運転による体の凝りをほぐすエクササイズのレクチャーも(写真)。拡大
ボディーカラーは、試乗車の「セレナイトグレー」を含む全10色がラインナップされる。
ボディーカラーは、試乗車の「セレナイトグレー」を含む全10色がラインナップされる。拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4955×2020×1715mm
ホイールベース:2935mm
車重:2350kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.9リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ 
トランスミッション:9段AT
最高出力:330PS(243kW)/3600-4200rpm
最大トルク:700N・m(71.4kgf・m)/1200-3200rpm
タイヤ:(前)275/45R21 107Y/(後)315/40R21 111Y(ピレリPゼロ)
燃費:11.7km/リッター(WLTCモード)
価格:1186万円/テスト車=1281万6000円
オプション装備:パノラミックスライディングルーフ<挟み込み防止機能付き>(18万6000円)/Eアクティブボディーコントロール パッケージ(77万円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:4253km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:293.8km
使用燃料:21.1リッター(軽油)
参考燃費:13.9km/リッター(満タン法)/10.6km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ
メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ拡大
前席用のカップホルダーは温冷機能付き。その前方には、Qi規格に対応するスマートフォンの非接触充電が可能なトレーが備わる。
前席用のカップホルダーは温冷機能付き。その前方には、Qi規格に対応するスマートフォンの非接触充電が可能なトレーが備わる。拡大
後席用の空調スイッチは左右独立型。その下方にはUSBコネクターも。
後席用の空調スイッチは左右独立型。その下方にはUSBコネクターも。拡大
後席の背もたれを写真のように倒すことで、荷室の容量は最大1790リッターにまで拡大できる。
後席の背もたれを写真のように倒すことで、荷室の容量は最大1790リッターにまで拡大できる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。