クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)

48Vのスポーティネス 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?

「60シリーズ」も電動化

「V40」と「XC40」のヒットで日本市場でも波に乗るボルボだが、世界的にはXC60の販売台数が最も多く、SUV以外ではV60も大きな役割を果たしている。それだけに、日本市場でもこれら60シリーズの伸びが期待されるわけだが、今回のラインナップの変更が、その販売を後押しするかもしれない。

ボルボでは現在、パワートレインの電動化を進めており、「リチャージ」と呼ばれる外部充電可能な電気自動車とプラグインハイブリッド車を導入するとともに、ガソリンエンジン車には48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載。つまり、すべてのボルボ車に、駆動用、あるいは走行アシスト用の電気モーターが搭載されることとなる。

例えばV60では、2リッター直列4気筒ターボエンジンの「T5」が、48Vマイルドハイブリッドシステムと2リッター直列4気筒ターボエンジンを組み合わせた「B4」(197PS)とB5(250PS)に置き換えられているし、XC60でも、ディーゼルエンジンの「D4」を廃止し、先行して導入されたB5に加えて、新たにB6(300PS)が追加になった。さらに両モデルには、プラグインハイブリッドモデルも設定されるというのが、最新のラインナップである。

今回試乗した「XC60」(右)と「V60」(左)。グローバルでは前者がブランド1位、後者が同4位の販売台数を誇る、ボルボの基幹車種だ。
今回試乗した「XC60」(右)と「V60」(左)。グローバルでは前者がブランド1位、後者が同4位の販売台数を誇る、ボルボの基幹車種だ。拡大
日本仕様の現行「V60」に「R-DESIGN」が設定されるのは今回が初。スポーティーな内外装の意匠や、専用チューニングのシャシーが特徴だ。
日本仕様の現行「V60」に「R-DESIGN」が設定されるのは今回が初。スポーティーな内外装の意匠や、専用チューニングのシャシーが特徴だ。拡大
「V60 B5 R-DESIGN」のインストゥルメントパネルまわり。最新の「60シリーズ」は装備のブラッシュアップもトピックで、CDプレーヤーが廃止となる一方、新たに携帯端末の非接触充電装置が採用された。
「V60 B5 R-DESIGN」のインストゥルメントパネルまわり。最新の「60シリーズ」は装備のブラッシュアップもトピックで、CDプレーヤーが廃止となる一方、新たに携帯端末の非接触充電装置が採用された。拡大

新登場の「B6」は電動コンプレッサー搭載

ここで注目したいのが、XC60に搭載されるB6パワートレインだ。これまでボルボは、2リッター直列4気筒DOHCエンジンの高出力版として、ターボチャージャーとスーパーチャージャーを組み合わせた「T6」エンジンを用意していた。その後継となるのが同じ2リッター直列4気筒DOHCのB6で、スーパーチャージャーの代わりに電動コンプレッサーを採用。これが低回転域での過給を担当し、3000rpm以降はターボチャージャーにバトンを渡すことで、全域で素早いレスポンスと高トルクを実現することになる。

最近では電動コンプレッサーを採用するクルマがいくつか見られるようになったが、電源の48V化により、パワーを要する電気部品も利用できるようになったのが、過給の“電動化”にも貢献しているというわけだ。

これにより、B6パワートレインは、エンジン単体で最高出力300PS(220kW)/5400rpm、最大トルク420N・m(42.8kgf・m)/2100-4800rpmを発生し、さらに電気モーターが13.6PS(10kW)/3000rpm、40N・m(4.1kgf・m)/2250rpmでエンジンをアシストする。

このB6を搭載するのが、スポーティーなデザインが魅力のXC60 B6 AWD R-DESIGNで、クロームメッキの代わりにブラックのアイテムを配置したエクステリアが精悍(せいかん)な印象を際立たせている。

48Vのマイルドハイブリッド機構は、ベルトでクランクと結ばれたISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)と、0.5kWhのバッテリーで構成。バッテリーは荷室下部に搭載される。
48Vのマイルドハイブリッド機構は、ベルトでクランクと結ばれたISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)と、0.5kWhのバッテリーで構成。バッテリーは荷室下部に搭載される。拡大
「B6」のエンジンには、ルーツ式のスーパーチャージャーに代わって電動コンプレッサーを採用。スロットルレスポンスとドライバビリティーの改善、ノイズと振動の低減、実燃費の向上、エンジンの軽量化を図っている。
「B6」のエンジンには、ルーツ式のスーパーチャージャーに代わって電動コンプレッサーを採用。スロットルレスポンスとドライバビリティーの改善、ノイズと振動の低減、実燃費の向上、エンジンの軽量化を図っている。拡大
パワートレイン/ドライブトレインについては、PHEVと同じブレーキ・バイ・ワイヤシステムや、シフト・バイ・ワイヤシステムの採用もトピック。「R-DESIGN」には革巻きの専用シフトセレクターが装備される。
パワートレイン/ドライブトレインについては、PHEVと同じブレーキ・バイ・ワイヤシステムや、シフト・バイ・ワイヤシステムの採用もトピック。「R-DESIGN」には革巻きの専用シフトセレクターが装備される。拡大

2リッター直4であることを忘れさせる走り

黒を基調としたスポーティーで落ち着きのあるキャビンに乗り、早速XC60を走らせると、B6のあまりのパワフルさに驚く。機械式のスーパーチャージャーとは異なり、電動コンプレッサーは粛々と仕事をするタイプのようで、低回転から音もなく太いトルクを発生。アクセルペダルを軽く踏むだけで、1960kgもあるXC60のボディーをグイグイと加速させる。その頼もしさは2リッター離れしていて、3リッターV6エンジンと言われたら信じてしまいそうなレベルである。

さらにアクセルペダルを踏み込むと、3000rpm台後半からさらに力強く伸びのある加速が6000rpmあたりまで続く。強大なトルクは電子制御AWDシステムにより4輪でしっかりと受け止められるから、多少ラフにアクセルペダルを操作してもスリップの心配はない。255/40R21サイズのタイヤはややゴツゴツとした乗り心地をもたらしているものの、SUV特有のボディーの揺れはよく抑えられており、ワインディングロードを走るのは苦にならないどころか、むしろ楽しいくらいだ。

走りの楽しさという点では、V60 B5 R-DESIGNも忘れるわけにはいかない。今回のラインナップ変更を機に、このV60でもR-DESIGNが選べるようになったのだ。このV60も、フロントグリルやサイドウィンドウのモールなどがブラックになり、さらにルーフレールもブラックにペイントされたことで、低いプロポーションが強調され、よりシャープでスポーティーな印象になっている。

「XC60 R-DESIGN」自慢の21インチアルミホイール。ツートンのカラーリングと、エッジの効いたスポークデザインが目を引く。
「XC60 R-DESIGN」自慢の21インチアルミホイール。ツートンのカラーリングと、エッジの効いたスポークデザインが目を引く。拡大
安全に対する積極的な施策は、今も昔も変わらないボルボの特徴。現行モデルには180km/hのリミッターが備わるほか、リミッターをより低い車速に設定できる「ケアキー」も用意されている。
安全に対する積極的な施策は、今も昔も変わらないボルボの特徴。現行モデルには180km/hのリミッターが備わるほか、リミッターをより低い車速に設定できる「ケアキー」も用意されている。拡大
ボルボのシャシーチューンは「ツーリング」「ダイナミック」「スポーツ」の3種類。日本仕様はバランス重視のダイナミックが主流だが、「R-DESIGN」にはよりサスペンションを引き締めたスポーツシャシーが採用される。
ボルボのシャシーチューンは「ツーリング」「ダイナミック」「スポーツ」の3種類。日本仕様はバランス重視のダイナミックが主流だが、「R-DESIGN」にはよりサスペンションを引き締めたスポーツシャシーが採用される。拡大

スポーツワゴンの資質

搭載されるB5パワートレインは、B6と同じ排気量の直列4気筒エンジンで、過給はターボチャージャーのみ。エンジン単体の性能は、最高出力250PS(164kW)/5400-5700rpm、最大トルク350N・m(35.7kgf・m)/1800-4800rpmと少し控えめになるが、2リッターターボとしてはパワフルな部類である。これに、48Vマイルドハイブリッドシステムが組み合わされるのは、B6と同様である。

早速走らせると、このB5パワートレインも低回転でのトルクが充実しており、発進から動きが軽やか。2リッターよりもひとまわり、いや、ふたまわりくらい排気量の大きいエンジンを操っているような力強さである。アクセル操作に対する反応も素早く、48Vマイルドハイブリッドシステムの効果は絶大だ。回せば3000rpm手前あたりから力強さを増し、高回転まで強力な加速が続くのが頼もしい。

R-DESIGN専用のスポーツサスペンションが装着されたこのクルマは、少し硬めの乗り心地を示し、路面によっては軽くショックを伝えてくることもあるが、そのぶんコーナリング時の挙動は落ち着いており、ボディーサイズを感じさせない軽快な走りが楽しめた。それには、回転数によらずどこからでも即座に強力なトルクを湧き出すB5パワートレインも貢献。見た目だけでなく走りの面でも、スポーツワゴンとしての資質は高い。

48Vマイルドハイブリッドが、その走りをさらに魅力的なものにしているXC60とV60。電動化の恩恵を感じながらのドライブは、実に楽しく、快適である。

(文=生方 聡/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

「B5」に搭載される2リッターターボエンジン。「B6」ともども、エンジンブロックやシリンダー、吸排気系、制御系……と、「T5/T6」のものより全面的な改良が加えられた。
「B5」に搭載される2リッターターボエンジン。「B6」ともども、エンジンブロックやシリンダー、吸排気系、制御系……と、「T5/T6」のものより全面的な改良が加えられた。拡大
「R-DESIGN」専用のスポーツシート。ブラックのモノトーンに加え、明るいイメージのグレー(写真)も用意される。
「R-DESIGN」専用のスポーツシート。ブラックのモノトーンに加え、明るいイメージのグレー(写真)も用意される。拡大
Bowers&Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステムも、これを機にアップグレード。コンティニュアムコーンのシルバーの色が、新しいシステムの“目印”だ(従来のシステムは黄色)。
Bowers&Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステムも、これを機にアップグレード。コンティニュアムコーンのシルバーの色が、新しいシステムの“目印”だ(従来のシステムは黄色)。拡大
強化サスペンションと専用チューニングの電動パワーステアリング、そしてレスポンシブなエンジンを組み合わせた「V60 B5 R-DESIGN」は、まごうかたなきスポーツワゴンに仕上がっていた。
強化サスペンションと専用チューニングの電動パワーステアリング、そしてレスポンシブなエンジンを組み合わせた「V60 B5 R-DESIGN」は、まごうかたなきスポーツワゴンに仕上がっていた。拡大
ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN
ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN拡大
 
ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1915×1660mm
ホイールベース:2865mm
車重:1960kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ+スーパーチャージャー
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:8段AT
エンジン最高出力:300PS(220kW)/5400rpm
エンジン最大トルク:420N・m(42.8kgf・m)/2100-4800rpm
モーター最高出力:13.6PS(10kW)/3000rpm
モーター最大トルク:40N・m(4.1kgf・m)/2250rpm
タイヤ:(前)255/40R21 102V/(後)255/40R21 102V(ピレリPゼロ)
燃費:11.1km/リッター(WLTCモード)
価格:799万円/テスト車=873万5650円
オプション装備:メタリックペイント(9万2000円)/チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ(21万円)/Bowers&Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム<1100kW、15スピーカー、サブウーハー付き>(34万円)/パワーチャイルドロック(1万4000円) ※以下、販売店オプション ボルボ・ドライブレコーダー フロント&リアセット<工賃2万6400円含む>(8万9650円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1297km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ボルボV60 B5 R-DESIGN
ボルボV60 B5 R-DESIGN拡大
 
ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大

ボルボV60 B5 R-DESIGN

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm
ホイールベース:2870mm
車重:1770kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:8段AT
エンジン最高出力:250PS(184kW)/5400-5700rpm
エンジン最大トルク:350N・m(35.7kgf・m)/1800-4800rpm
モーター最高出力:13.6PS(10kW)/3000rpm
モーター最大トルク:40N・m(4.1kgf・m)/2250rpm
タイヤ:(前)235/40R19 96W/(後)235/40R19 96W(コンチネンタル・プレミアムコンタクト6)
燃費:12.8km/リッター(WLTCモード)
価格:624万円/テスト車=728万6650円
オプション装備:メタリックペイント(9万2000円)/チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ(21万円)/Bowers&Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム<1100kW、15スピーカー、サブウーハー付き>(34万円)/5ダブルスポーク 8.0J×19インチ ダイヤモンドカット/マットブラック(11万円)/テーラードパーツ(11万円)/クライメートパッケージ<フロントシートヒーター+ステアリングホイールヒーター+リアシートヒーター+ウオッシャー一体型フロントワイパー[ヒーター機能付き]>(9万5000円) ※以下、販売店オプション ボルボ・ドライブレコーダー フロント&リアセット<工賃2万6400円含む>(8万9650円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1601km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ XC60 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。