第192回:座右の銘は「節約」

2020.10.26 カーマニア人間国宝への道

自宅の電力自給率ほぼ100%

不肖ワタクシ、「死ぬまでEVは買わねぇ!」と宣言しておりました。

いえ、決してガソリンカブ飲み万歳とか、浪費大好きとかいうわけではありません。なにせフェラーリは究極のエコカーです。めったに乗らないのでエネルギーを使わず、廃車がないので産廃も出しませんから!

この理論が世間一般で通用するかは未知数ですが、とにかく私はエコにはビンカンさん。だからエコじゃないクルマは大嫌い! 初代「プリウス」や「アクア」といったHVにも乗ってたし、現在の足グルマ代表の先代「BMW 320d」も、購入後の平均燃費は18.2km/リッター(車載燃費計データ)と、実に優秀なエコカーです。

極めつけは、自宅の屋根でソーラー発電も実施しておりまする。おかげで電力自給率ほぼ100%。まさにエコ人間! 座右の銘は「節約」です。

そんなエコ人間の私は、なぜ一生EVに乗らないつもりだったのか?

それは、EVは決してそんなにエコじゃない、と考えていたからです。

Well to Wheel(ウェル・トゥ・ホイール)のCO2排出量は、日本の発電割合だと、せいぜいプリウスあたりとイーブンでしょ? イーブンのクセに究極のエコカーとしてデカい顔するのが気に食わない。だいたいロングドライブでメチャ不便だし! ロングドライブが大好きな自分としては、EVという選択はあり得ない! だから一生買わない! と宣言しておりました。

2020年10月30日に発売されるホンダ初の量産電気自動車「ホンダe」。スタイリッシュで取り回しもいい。写真の外装色は「チャージイエロー」と呼ばれるもので、今回のテーマにふさわしいボディーカラーだといえる。
2020年10月30日に発売されるホンダ初の量産電気自動車「ホンダe」。スタイリッシュで取り回しもいい。写真の外装色は「チャージイエロー」と呼ばれるもので、今回のテーマにふさわしいボディーカラーだといえる。拡大
エコ人間を自認する私の座右の銘は「節約」。以前、大乗フェラーリ教オリジナルの「節約。キーホルダー」もつくり頒布した。
エコ人間を自認する私の座右の銘は「節約」。以前、大乗フェラーリ教オリジナルの「節約。キーホルダー」もつくり頒布した。拡大
自宅の屋根でソーラー発電も絶賛実施中。よってわが家の電力自給率は、ほぼ100%である。
自宅の屋根でソーラー発電も絶賛実施中。よってわが家の電力自給率は、ほぼ100%である。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 「ホンダe」はこうして生まれた! デザイナートークで感じた新時代のホンダデザイン 2020.11.13 デイリーコラム 未来に対する提案に満ちたメカニズムや装備はもちろん、そのデザインでも話題を集めている電気自動車の「ホンダe」。親しみやすさを重視したシンプルなデザインはいかにして誕生したのか? デザイナーたちがそのエピソードを語った。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
  • 第634回:こんなカーライフがあったのか! ホンダ車中泊用アクセサリーのすすめ 2020.11.13 エディターから一言 クルマのオプション&アクセサリーといえば、カーナビ? それともエアロ? ホンダアクセスが開発したさまざまなアイテムは、「使って泊まれる道具」としてのクルマの魅力を、うんと高めるものだった。
ホームへ戻る