ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビュー

2020.10.22 自動車ニュース
メルセデスAMG GLA35 4MATIC
メルセデスAMG GLA35 4MATIC拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年10月22日、「メルセデス・ベンツGLA」のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」の国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。納車開始は同年12月ごろが予定されている。

 
ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビューの画像拡大
 
ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビューの画像拡大
 
ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビューの画像拡大

メルセデスAMG GLA35 4MATICは「A35 4MATIC」や「CLA35 4MATIC」などに続く「メルセデスAMG 35」シリーズの第5弾となるモデルだ。高出力エンジンや専用セッティングのシャシーなどでパフォーマンスを高めつつ、快適性にも配慮されているのが特徴となっている。

フロントに横置きされるパワーユニットは最高出力306PS、最大トルク400N・mを発生する2リッター直列4気筒ターボの「M260」エンジン。8段のデュアルクラッチ式AT「AMGスピードシフトDCT」を介して4輪を駆動する。トルクは「AMG 4MATIC」によって前後100:0から50:50の範囲で連続可変配分される。エンジンやトランスミッション、連続可変ダンパーなどを統合制御するドライブモードは「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」「スリッパリー」に「インディビジュアル」を加えた全5種類が用意される。

エクステリアデザインは標準のGLAに設定される「AMGライン」を基本に、AMGモデルならではの要素を取り入れている。フロントにはルーバーを縦にレイアウトしたAMG専用フロントグリルを採用し、よりダイナミックなスタイルに。リアにはクローム仕上げのデュアルエキゾーストエンドを装備する。

インテリアではフル液晶メーターの「コックピットディスプレイ」に3種類のAMG専用表示スタイルを設定。標準装備のヘッドレスト一体型のセミバケットシートは、オプションの「AMGパッケージ」装着によって「AMGパフォーマンスシート」にアップグレードすることも可能だ。

価格は707万円。

(webCG)

関連キーワード:
GLA, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLA の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.14 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」がフルモデルチェンジして2代目に生まれ変わった。各ブランドの自信作がひしめき合う激戦区に投入された、メルセデスの最新コンパクトSUVの仕上がりをリポートする。
  • スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場 2020.6.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年6月25日、新型「メルセデス・ベンツGLA」を国内導入すると発表し、予約注文受け付けを開始した。2リッターディーゼルターボエンジンを搭載した「200d 4MATIC」のみのモノグレード展開で、価格は502万円。
  • ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビュー 2020.10.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年10月22日、「メルセデス・ベンツGLA」のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」の国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。納車開始は同年12月ごろが予定されている。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • 「メルセデス・ベンツGLA」がマイナーチェンジ 2017.4.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジ。フロントマスクがリニューアルされるなど、よりSUVらしさを強調したスタイリングとなった。価格は「GLA180」の398万円から、「メルセデスAMG GLA45 4MATIC」の792万円まで。
ホームへ戻る