エンジンは最高出力400PSの直5ターボ 新型「アウディRS Q3/RS Q3スポーツバック」登場

2020.10.27 自動車ニュース
新型アウディRS Q3
新型アウディRS Q3拡大

アウディ ジャパンは2020年10月27日、「RS Q3/RS Q3スポーツバック」の新型を導入し、同年12月8日に発売すると発表した。

 
エンジンは最高出力400PSの直5ターボ 新型「アウディRS Q3/RS Q3スポーツバック」登場の画像拡大
 RS Q3(写真左)とRS Q3スポーツバック(同右)
 RS Q3(写真左)とRS Q3スポーツバック(同右)拡大

アウディRS Q3/RS Q3スポーツバックはコンパクトSUV「Q3/Q3スポーツバック」のトップパフォーマンスモデルである。ハイパワーなエンジンや専用セッティングのシャシーなどによって高められた高い走行性能が特徴だ。

フロントに横置きされるパワーユニットはオールアルミ製の2.5リッター直5直噴ターボエンジン。最高出力400PS、最大トルク480N・mのスペックは先代モデルの高出力版「RS Q3パフォーマンス」を33PSと15N・m上回る。変速機は7段のデュアルクラッチ式AT「Sトロニック」を組み合わせている。駆動方式は「クワトロ」=4WD。コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチによって前後アクスルにトルクを可変配分することで優れた高速安定性と操縦安定性を実現した。0-100km/h加速のタイムは4.5秒と公表されている。

足まわりにはノーマルのQ3/Q3スポーツバックよりも車高を10mm低めた「RSスポーツサスペンション」を標準装備。さらに電子制御式の減衰力可変サスペンション「RSダンピングコントロールサスペンション」をオプション設定している。

外装にはブラックのハニカムメッシュパターンのシングルフレームグリルや大型インレット、RSシリーズ専用のバンパー&リアディフューザー、左右2本出しのオーバルテールパイプを採用。21インチアルミホイールやカラードブレーキキャリパー、セラミックブレーキ、RSスポーツエキゾーストシステムなど、多彩なオプション装備もセリングポイントだ。

内装では、インストゥルメントパネルに八角形のシングルフレームをモチーフとしたデザインを採用。デジタルメータークラスターはRSシリーズ専用モードを備えた「アウディバーチャルコックピットプラス」を装備する。さらに「RS」ロゴ入りのアルカンターラ/レザースポーツシートを装備するほか、ステアリングホイールやシフトノブなどにアクセントステッチがあしらわれる「RSデザインパッケージ」などをオプション設定している。

価格はRS Q3が838万円でRS Q3スポーツバックが863万円。右ハンドル仕様のみの設定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
Q3, Q3スポーツバック, RS Q3, RS Q3スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ Q3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る