テールゲートは足で開けてスライドドアは手で開ける 「ホンダ・オデッセイ」のジェスチャー装備の不思議

2020.11.11 デイリーコラム

足では開かないスライドドア

新しくなった「ホンダ・オデッセイ」にはジェスチャーで操作できる2つの新装備が加わった。

その一つはハンズフリーテールゲート。もはや説明不要だが、フロア下につま先を出し入れするだけでテールゲートが開く快適装備であり、今回の改良にあたってユーザーからの要望が最も多かった機能だという。「荷物で両手がふさがっていても……」と紹介されることが多い。

一方は「ジェスチャーコントロールパワースライドドア」だ。国内ではオデッセイが初めて装備したこのアイテムは、スライドドアに付いているLEDのインジケーターに手をかざすことでロック/アンロックができるほか、アンロックした状態で手をスライドすると、ドアがそちらについてくる=開閉ができるという新機軸である。

作動はスムーズで「普通に開けたほうが早いぜ」みたいな感じは(それほど)ない。少なくともイライラするほどではない。センサーには静電容量式を採用しており、かざすのは手のひらに限らず、肘でも大丈夫。顔をかざしてみても作動したし、豚バラブロックなどでもOKだそうだ。

しかし、気になるのはどうして「手」を使うのかというところだろう。テールゲートを足の操作で開けるというのは理にかなっていると思うが、荷物で両手がふさがっている状態でスライドドアを開けたいというケースは多いし、子どもを抱っこした状態という場面も大いに考えられる。実際に同じホンダの「フリード」と「ステップワゴン」には足のジェスチャーで開けられるスライドドアが用意されているのだ(オプション)。

そのあたりの事情を開発スタッフに聞いてみた。

2020年11月6日に発売された「ホンダ・オデッセイ」のマイナーチェンジモデル。顔つきがだいぶ変わった。
2020年11月6日に発売された「ホンダ・オデッセイ」のマイナーチェンジモデル。顔つきがだいぶ変わった。拡大
マイナーチェンジモデルにはユーザーからの要望が最も強かったというハンズフリーテールゲートが設定された。
マイナーチェンジモデルにはユーザーからの要望が最も強かったというハンズフリーテールゲートが設定された。拡大
「ジェスチャーコントロールパワースライドドア」について教えてくれた、本田技研工業の賀川賢一郎氏。
「ジェスチャーコントロールパワースライドドア」について教えてくれた、本田技研工業の賀川賢一郎氏。拡大
ホンダ オデッセイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ/ソリオ バンディット ハイブリッドMV【試乗記】 2020.12.24 試乗記 5ナンバー規格に収まるフットプリントと背高ボディーで人気の「スズキ・ソリオ」がフルモデルチェンジ。コンパクトさと広さの両立を求められる日本ならではのファミリーカー、その最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • ホンダが「N-BOX」をマイナーチェンジ デザイン変更で上質感アップ 2020.12.24 自動車ニュース 本田技研工業は2020年12月24日、軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」のマイナーチェンジモデルを、同年12月25日に発売すると発表した。今回は主に内外装デザインのブラッシュアップを図っている。
ホームへ戻る