ランドローバー・ディフェンダー110 SE(前編)

2020.11.12 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、クロスカントリーの雄「ランドローバー・ディフェンダー」に試乗。谷口が抱いていたイメージを覆すほどの、新型の走りのポテンシャルとは?

峠とは無縁のクルマでしょ?

いま、クロカン4WD界はちょっとしたフルモデルチェンジブームに沸いている。2年前に「メルセデス・ベンツGクラス」が2代目に生まれ変わったのに続いて、「ジープ・ラングラー」もフルモデルチェンジ。これと前後して日本のクロカン4WDシーンを代表する「スズキ・ジムニー」もしっかりと代替わりを済ませた。そしてその“大取”を務めたのが、ランドローバーのラインナップのなかでも最もクロカン色が強いディフェンダーである。日本でも、その走りの実力に加えてオシャレなデザイン性や意外なほどお買い得な価格設定などが好評を博し、注文が殺到しているそうだ。そんなディフェンダーを谷口信輝はどう評価するのか? 早速、箱根で試乗してもらった。

運転席に乗り込んだ谷口の第一声は「ああ、なんか、すごいなあ。違和感というか、ごっついクルマに乗っている感じがします」というもの。ただし、言葉とは裏腹に、その表情はニコニコとして明るい。
「なんででしょうね。僕たち男の子は、トラックとかダンプみたいな働くクルマに乗るとニコニコしちゃう。このディフェンダーも同じで、普通のクルマとは違う別世界に来ちゃったような感覚が味わえます」

具体的には、ディフェンダーのどんなところが“働くクルマ”と似ているのだろうか?
「まず、この運転席の高さがそうですよね。おかげで、乗り込むときはよっこらしょという感じで、視点がものすごく高い。あと、クルマの動きもピッチングやローリングが大きめで、シャープさとは無縁な感じですよね」

おそらく、このとき谷口はまだディフェンダーの走りのポテンシャルに気づいていなかったのだろう。それどころか、「こんなクロカン4WDでコーナーを攻めても楽しくないし、むしろ危ないだけ」と思っていたに違いない。だから、いつもよりおとなしめのペースで走っていたのだが、あるとき、意を決したかのようにスロットルペダルを強く踏み込んだところ、ディフェンダーはグォーッという快音を響かせながら急坂を勢いよく加速し、谷口を驚かせたのである。

 
ランドローバー・ディフェンダー110 SE(前編)の画像拡大
 
ランドローバー・ディフェンダー110 SE(前編)の画像拡大
 
ランドローバー・ディフェンダー110 SE(前編)の画像拡大
 
ランドローバー・ディフェンダー110 SE(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る