第634回:こんなカーライフがあったのか! ホンダ車中泊用アクセサリーのすすめ

2020.11.13 エディターから一言
車中泊に役立つ純正アクセサリーをフル装備した「ホンダN-VAN」と。どんなアイテムが見られるかは、リポートを読んでのお楽しみ!
車中泊に役立つ純正アクセサリーをフル装備した「ホンダN-VAN」と。どんなアイテムが見られるかは、リポートを読んでのお楽しみ!拡大

クルマのオプション&アクセサリーといえば、カーナビ? それともエアロ? ホンダアクセスが開発したさまざまなアイテムは、「使って泊まれる道具」としてのクルマの魅力を飛躍的に高めるものだった。

助手席側のBピラーを持たない「ホンダN-VAN」。側方の大開口(幅1580mm×高さ1230mm)のおかげで荷物の積み下ろしが容易になっている。
助手席側のBピラーを持たない「ホンダN-VAN」。側方の大開口(幅1580mm×高さ1230mm)のおかげで荷物の積み下ろしが容易になっている。拡大
ソロキャンプで使う遊び道具を詰め込んだ「N-VAN」の車内。自転車はテールゲートからも助手席側ドアからも簡単に降ろすことができる。自転車を固定するタイダウンベルトは6050円の純正オプション。
ソロキャンプで使う遊び道具を詰め込んだ「N-VAN」の車内。自転車はテールゲートからも助手席側ドアからも簡単に降ろすことができる。自転車を固定するタイダウンベルトは6050円の純正オプション。拡大
幅74cm、耐荷重4kgの「テールゲートバー」(9900円)は、バックドアをはね上げた際にタオルやハンガーなどを掛けるのに適している。
幅74cm、耐荷重4kgの「テールゲートバー」(9900円)は、バックドアをはね上げた際にタオルやハンガーなどを掛けるのに適している。拡大
運転席だけを残し、広くフラットな床面がつくり出せる「N-VAN」。防汚性に優れる「ラゲッジマット」(オプション)を装着したまま、さまざまなシートアレンジができる。
運転席だけを残し、広くフラットな床面がつくり出せる「N-VAN」。防汚性に優れる「ラゲッジマット」(オプション)を装着したまま、さまざまなシートアレンジができる。拡大

「ひとりでいい」から「ひとりがいい」へ

世は“おひとりさま”ブームだが、旅する人のマインドとしてはとうの昔から「ひとり旅がいいよね」となっている。そのよさは、夜更けにレイトショーをひとりで見に行く感覚に近いのかも。見終わったあとに、無理して“いい感想”を口にする必要なんかないもんね……ひとりぼっちだから(笑)! もしそれが胸を熱くしてくれるようなアタリの映画(体験)だったら、なおさらおひとりさまがいいかもしれない。そう、沈黙というのはぜいたくなものなのだ。

そんなリッチな沈黙を、痛快なくらいに貫けるレジャーがいま注目を集めている。それはテント泊や車中泊を中心としたソロのキャンプステイだ。特にオートキャンプは、コロナ禍も要因となって話題に上ることが多く、高額なキャンピングカーの売れ行きもいいらしい。

クルマにキャンプ用品を積んでキャンプサイトを目指すオートキャンプ。それは家族や仲間と行ってももちろん楽しいが、ひとりで行ってもまたずいぶん愉快だという。いや、どちらかというと「ひとりで行ってこそ楽しめる!」の声が、最近の筆者には大きく聞こえてくる。たしかにソロキャンプがこんなにはやっていること自体、前代未聞だ。

そんな「ソロキャンプ楽しんでいます!」「ソロキャンプやってみたいな!」の両派にこそおすすめしたいクルマを、千葉の牧場で見つけてしまった。ホンダのスペシャルな外泊マシン、軽自動車「ホンダN-VAN」の車中泊仕様だ。

ホンダ N-VAN の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONEプレミアム(CVT)/N-ONE RS(CVT)/N-ONE RS(6MT)【試乗記】 2020.12.15 試乗記 クラシックなスタイリングと上質な走りが自慢の軽乗用車「ホンダN-ONE」が、デビューから8年を経てフルモデルチェンジ。初代から受け継がれた“タイムレス”なデザインと、隔世の進化を遂げた走りを併せ持つ一台の、希有(けう)な魅力をリポートする。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
ホームへ戻る