「日本メーカーは遅れている」は正しいのか? 報道されない欧州EV販売の実態

2020.11.20 デイリーコラム

伸長する欧州勢と苦戦する日本勢

ドイツのフォルクスワーゲン(VW)が初となる専用設計の量産電気自動車(EV)「ID.3」を発売し、BMWも最新モデルの「iX」を発表するなど、欧州では新型EVが相次いで登場している。販売実績を見ても、コロナ渦で欧州の自動車販売台数が低迷するなか、EVは成長を示しており、世には「次世代の環境車両はEVで決まり」という雰囲気が漂う。

欧州自動車工業会(ACEA)の発表によれば、欧州における乗用車販売台数は、1~9月の累計で対前年比29.3%減と大きく落ち込んでいる。そうしたなか、EVとプラグインハイブリッド車(PHEV)のシェアは1~3月に6.8%、4~6月は7.2%、そして7~9月は9.9%と尻上がりに伸びている。1~9月を通してのシェアは9.0%で、通年でのシェアは10%が視野に入ってきた。2019年通年でのシェアが4.0%だったことを考えると、大幅な増加といえる。

なかでも台数を伸ばしているのが、欧州メーカーのEVだ。仏ルノーの「ゾエ」は4~9月の販売台数が4万2912台に達し、月間の平均販売台数が約7000台に達する好調ぶりだ。また注目のID.3も、9月に納車が始まっていきなり月販8571台のセールスを記録し、順調な立ち上がりを見せている。

これに対し、ホンダの初めての量産EV「ホンダe」は、事前受注も含めた4~9月の販売台数が1571台だった。マツダ初の量産EV「MX-30」も同じ期間の販売台数は1777台にとどまる。量産EVとしては先輩格の「日産リーフ」も、同期間の販売台数は1万2117台と、ゾエの3分の1以下だ。日本の自動車メーカーは、EVでは先発組であるにもかかわらず、欧州で存在感を示せているとはいえない状況だ。

フォルクスワーゲンID.3
フォルクスワーゲンID.3拡大
BMW iX
BMW iX拡大
ルノー・ゾエ
ルノー・ゾエ拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事