スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載

2020.11.18 自動車ニュース
スバルBRZ(写真はすべて北米仕様車)
スバルBRZ(写真はすべて北米仕様車)拡大

スバルは2020年11月18日、FRスポーツカー「BRZ」の新型(北米仕様車)を世界初公開した。

 
スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載の画像拡大
 
スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載の画像拡大
 
スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載の画像拡大
 
スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載の画像拡大

初代から全方位的に進化

2012年に初代が誕生してから、初のフルモデルチェンジを迎えるBRZ。新型は、「初代が提供してきたスポーツカーならではの走りの愉しさをさらに充実させつつ、新たな価値を加えることで誰もが愉しめるスポーツカーとして全方位に進化した」とアピールされる。なお初代と同様に、2代目もトヨタとの共同開発車となる。

今回公表された新型のボディーサイズは、全長×全幅×全高=167.9×69.9×51.6in(4265×1775×1311mm)で、ホイールベースは101.4in(2576mm)。外装デザインでは、より低くワイドになったヘキサゴングリルやダイナミックなフェンダーのほか、サイドシルスポイラーやフロントフェンダー後方のエアアウトレットといったエアロパーツも特徴とされている。

内装については、シンプルな水平基調のインストゥルメントパネルや低めのメーターバイザーで広い視界を確保。7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターや、高いホールド性とフィット感を誇るスポーツシートが装着される。8インチモニターを採用した、Apple CarPlayおよびAndroid Auto対応のマルチメディアインフォテインメントシステム「SUBARU STARLINK」」もセリングポイントのひとつだ。

 
スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載の画像拡大
 
スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載の画像拡大
 
スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載の画像拡大
 
スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載の画像拡大
 
スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載の画像拡大

排気量アップでトルク増大

今回の北米仕様車は、初代から排気量をアップした2.4リッター水平対向4気筒エンジンを搭載(最高出力228HP<231PS>、最大トルク184lb-ft<249.5N・m>)。徹底した吸排気性能の強化とフリクション低減により15%増大したトルクとレスポンスの速さが長所で、滑らかに高回転まで吹け上がるスポーツカーらしいフィーリングと力強い加速を実現したという。

駆動方式は初代と同じFRで、トランスミッションは6段MTまたは6段ATを搭載。後者ではスポーツモードの制御が進化しており、車両側で「スポーツ走行中」と判断した場合、ドライバーの意思や操作を解析し最適なシフト操作を自動的に実施、よりダイレクト感のあるコーナリングが可能としている。

またシャシーは、スバルグローバルプラットフォームの開発から得られたノウハウを生かし、「インナーフレーム構造」や構造用接着剤などを採用しつつボディーを再構築することで、フロントの横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%アップ。これによりステアリング操作への応答性を高め、より軽快な動きを実現するとともに、旋回時のトラクション性能を改善したとアピールされる。サスペンションの形式は、前:マクファーソンストラット式、後ろ:ダブルウイッシュボーン式。ルーフやフード、フロントフェンダーの素材にアルミを採用するなど、軽量化も図られている。

初代にはなかったスバル独自の運転支援システム「アイサイト」が、AT車に標準装備されるのも新しい。

新型BRZの米国での発売時期は、2021年秋が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
BRZ, スバル, 自動車ニュース

スバル BRZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載 2020.11.18 自動車ニュース スバルは2020年11月18日、FRスポーツカー「BRZ」の新型(北米仕様車)を世界初公開した。フルモデルチェンジを機に、エンジンの排気量は拡大。AT車には運転支援システム「アイサイト」が搭載される。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • 日産のコンパクトカー「ノート」がフルモデルチェンジ 電動車としての性能がアップ 2020.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2020年11月24日、フルモデルチェンジしたコンパクトカー「ノート」を発表した。3代目となる新型は、「e-POWER」と呼ばれるハイブリッド専用モデルで、同年12月以降、順次販売が開始される。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
ホームへ戻る