「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善

2020.11.19 自動車ニュース
レクサス500h“バージョンL”
レクサス500h“バージョンL”拡大

トヨタ自動車は2020年11月19日、レクサスブランドのフラッグシップサルーン「LS」のマイナーチェンジモデルを発売した。

 
「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善の画像拡大
 
「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善の画像拡大
 
「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善の画像拡大
 
「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善の画像拡大

すでに2020年7月にマイナーチェンジの概要が明かされているレクサスLS。LSのDNAである静粛性と乗り心地の改善を図ったほか、自動車専用道路での周辺認識と自車位置推定、走行車線・位置選択、速度調整をしながら出口まで運転を支援する「アドバンストドライブ」を採用するなど先進運転支援システムを大幅に強化。内外装の意匠にも手を加えている。

レクサスLSのラインナップと価格は以下の通り。なお、アドバンストドライブ搭載モデルは2021年発売予定となっている。

【LS500】

  • “Iパッケージ”:1073万円(FR車)/1114万円(4WD車)
  • “Fスポーツ”:1234万円(FR車)/1244万円(4WD車)
  • “バージョンL”:1345万円(FR車)/1386万円(4WD車)
  • “エグゼクティブ”:1539万円(FR車)/1580万円(4WD車)

【LS500h】

  • “Iパッケージ”:1219万円(FR車)/1260万円(4WD車)
  • “Fスポーツ”:1351万円(FR車)/1392万円(4WD車)
  • “バージョンL”:1493万円(FR車)/1534万円(4WD車)
  • “エグゼクティブ”:1687万円(FR車)/1728万円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
LS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスGS200t“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.22 試乗記 レクサスのミッドサイズセダン「GS」に、高出力と優れた燃費性能の両立をうたう2リッター直4ターボ搭載モデルが登場。その走りや乗り心地はどのようなものなのか、スポーティーグレードの“Fスポーツ”を駆って確かめた。
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
ホームへ戻る