SUVの「クラウン」はアリなのか? 絶滅危惧車の運命について考える

2020.11.23 デイリーコラム

あまりにも多い難題

先ごろ、次期「トヨタ・クラウン」がセダンではなくSUVになるという趣旨の新聞報道があった。

セダンは販売が低調で、クラウンの売れ行きも下がった。現行型の発売から2年少々が経過したが、売れ行きは先代のモデル末期と同等まで落ち込んだ。クラウンは基本的に国内向けの製品だから、今後は成立すること自体、困難になりそうだ。

しかしクラウンは1955年に初代モデルが発売された、トヨタの根幹をなすとされる車種であり、廃止はできないらしい。そこでクラウンの車名と高級感を継承しながら、カテゴリーを従来のセダンから売れ筋のSUVに変更するというわけだ。

これはまさに苦肉の策で、成功する可能性は低い。クラウンは基本的に“セダンのカテゴリー”とセットで発展してきたからだ。SUVではブランドイメージが合わない。

またクラウンは高級車の代表であり、優れた走行安定性と乗り心地が不可欠だ。この2つの要素を高次元で両立させるには、低重心で、後席とトランクスペースの間に隔壁を備えた高剛性のセダンボディーが必要になる。クラウンがSUVになれば、外観の存在感が増して車内も広くなるだろうが、高級車にとって最も大切な静粛性や快適性の点で不利になる。

そしてかつての「日産レパード」のように、同じ車名でセダンやクーペなどカテゴリーを変えた車種は、販売面では成功していない。

4ドアセダンの代名詞的存在といえる「トヨタ・クラウン」。2020年11月2日にマイナーチェンジが発表されたばかりだが、純粋なセダンとしてはこの15代目が最後になるとうわさされている。
4ドアセダンの代名詞的存在といえる「トヨタ・クラウン」。2020年11月2日にマイナーチェンジが発表されたばかりだが、純粋なセダンとしてはこの15代目が最後になるとうわさされている。拡大
セダンにとって、荷室と分け隔てられた、ドライバーオリエンテッドなキャビンは重要な要素。果たして、次期「クラウン」の車内空間は……。写真は「クラウンRSアドバンス」のもの。
セダンにとって、荷室と分け隔てられた、ドライバーオリエンテッドなキャビンは重要な要素。果たして、次期「クラウン」の車内空間は……。写真は「クラウンRSアドバンス」のもの。拡大
ユーザーの若返りを目指し、スタイリッシュな外観が与えられた現行型「クラウン」。しかし、セール面では苦境に立たされている。
ユーザーの若返りを目指し、スタイリッシュな外観が与えられた現行型「クラウン」。しかし、セール面では苦境に立たされている。拡大
トヨタ クラウン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る