月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 アナタが決める「webCGカー・オブ・ザ・イヤー」開催!

2020.11.21 From Our Staff
 
月に1度の特別なメールマガジン『月刊webCG通信』 アナタが決める「webCGカー・オブ・ザ・イヤー」開催!の画像拡大

webCG執筆陣によるコラムや月間アクセスランキング、読者アンケートなど、さまざまなコンテンツを通して自動車業界の1カ月を振り返る『月刊webCG通信』。12月号では、読者アンケートで決める「webCGカー・オブ・ザ・イヤー」を開催します! それでは早速、来月号の内容をご紹介します。

「ホンダ・オデッセイ」はマイナーチェンジでボンネットが厚くなり、フロントグリルが大きくなった。
「ホンダ・オデッセイ」はマイナーチェンジでボンネットが厚くなり、フロントグリルが大きくなった。拡大
2代目となる新型「BRZ」がいよいよデビュー。北米仕様車は2.4リッター水平対向エンジンを積むが、果たして日本仕様はどうなるのか。
2代目となる新型「BRZ」がいよいよデビュー。北米仕様車は2.4リッター水平対向エンジンを積むが、果たして日本仕様はどうなるのか。拡大
新型「ルノー・ルーテシア」。中身はすべて新しくなっているが、外観は潔いほどのキープコンセプトデザインだ。
新型「ルノー・ルーテシア」。中身はすべて新しくなっているが、外観は潔いほどのキープコンセプトデザインだ。拡大

------------------------------------

【今月の“私的”ビッグニュース】
自動車業界で幅広く活躍するジャーナリストやライターに、このひと月で特に印象に残ったエピソードを紹介してもらうこのコーナー。今月は自動車ライターの生方 聡さんが、新たな愛車を紹介します。生方さんが新たに自家用車として迎えたのはなんと電気自動車(EV)! EVライフにまつわるアレコレについて語ってもらいます。

【webCG月間アクセスランキング】
webCGのメインコンテンツである「試乗記」と「ニュース」のランキングを通して、この1カ月の自動車業界の動向をおさらいします。

SUVに転身か!? などと一部で報じられている「トヨタ・クラウン」の一部改良モデル発表で幕を開けたこの11月。「ホンダ・オデッセイ」がマイナーチェンジを受けたり、新型「ランドローバー・ディフェンダー」に直6ディーゼルモデルが登場したりしたわけですが、なんといっても主役は新型「スバルBRZ」ですね。といっても明らかになったのは北米仕様車の概要。日本仕様がどうなるのか、大いに気になるところです。

一方の試乗記部門には、後輪駆動のサルーンに生まれ変わった燃料電池自動車「トヨタ・ミライ」や新型「ルノー・ルーテシア」、さらに「フェラーリ・ローマ」などが登場。派手顔で話題の新型「BMW 4シリーズ」や、「マツダ3」の改良モデルなども入り交じり、アクセスランキングは混戦の予感です。

 

スバル・レヴォーグ
スバル・レヴォーグ拡大
トヨタ・ヤリス
トヨタ・ヤリス拡大
トヨタ・ヤリス クロス
トヨタ・ヤリス クロス拡大
トヨタGRヤリス
トヨタGRヤリス拡大
日産キックス
日産キックス拡大
ホンダ・フィット
ホンダ・フィット拡大
マツダMX-30
マツダMX-30拡大
アウディe-tronスポーツバック
アウディe-tronスポーツバック拡大
BMW 2シリーズ グランクーペ
BMW 2シリーズ グランクーペ拡大
BMWアルピナB3
BMWアルピナB3拡大
ランドローバー・ディフェンダー
ランドローバー・ディフェンダー拡大
プジョー208/e-208
プジョー208/e-208拡大

【読者アンケートの広場】
この一年の間にデビューしたクルマの中から、今年を代表する一台を選出する「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が、間もなく発表されます。そこで、webCGでも、読者投票で決める「webCGカー・オブ・ザ・イヤー」を開催します!

例年と同様、ノミネートは「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考に残ったモデルの中から。日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考結果は12月7日に発表されるようですが、われわれは一足先に今年の「イヤーカー」を決めてしまいましょう! 投票の結果は、12月1日発行のメールマガジンでお知らせします。ページ下段のアンケートフォームから、ぜひご投票&ご意見をお寄せください。

あなたにおすすめの記事
新着記事