レクサスLC500コンバーチブル(前編)

2020.11.26 谷口信輝の新車試乗 「レクサスLC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」に、谷口信輝が試乗。レクサスこだわりのラグジュアリースポーツカーの走りは、プロの目にどのように映ったのか?

この足は好みのタイプ

「いいですねえ、これ」

いつもの箱根のワインディングロードでレクサスLC500コンバーチブルの試乗を終えた谷口信輝は、クルマから降りるなり、にこやかな表情でそう語った。

レクサスのフラッグシップクーペであるLCに先ごろ追加されたコンバーチブルは、軽量なソフトトップを装備したラグジュアリーモデル。クーペでは5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを積む「LC500」と3.5リッターV6自然吸気ガソリンエンジンにハイブリッドシステムを組み合わせた「LC500h」というふたつの仕様が用意されているが、コンバーチブルバージョンのパワートレインは5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンと10段ATの組み合わせのみとなる。価格は1500万円ちょうどと、日本車としてはかなり高価な部類だ。

では、谷口はLC500コンバーチブルのどんなところが気に入ったのか。もう少し詳しく説明してもらおう。
「まずね、このサスペンションは僕がとっても好きなタイプです。ロールはするけれど、いかにも懐が深い足まわりといった感じですね。その意味では、この前試乗した「TOM'Sスープラ」にも似ていますが、あれよりもさらに挙動は落ち着いていて、路面の起伏に合わせて足まわりは上下するのに、ボディー自体はあまり揺すられない。だからとっても穏やかで、ずっといい感じ。コーナーでもそこそこ速いですね」

LC500のスポーティーなスタイリングに加えて「コーナーでも速い」と聞けば、誰もがハンドリングを追求したスポーツカーのことを思い起こすだろうが、谷口はそれとは異なると明確に否定した。
「僕はこのクルマがスポーツカーだとは思いません。どちらかというと、ハイスピードクルージングが得意なオトナのクーペっていう感じですよね。峠よりもハイウェイが似合いそうに思います」

なぜ、谷口はそう感じたのだろうか?

 
レクサスLC500コンバーチブル(前編)の画像拡大
 
レクサスLC500コンバーチブル(前編)の画像拡大
 
レクサスLC500コンバーチブル(前編)の画像拡大
 
レクサスLC500コンバーチブル(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.12.2 試乗記 レクサスの最上級スペシャリティーモデル「LC」に、待望の「コンバーチブル」が登場。満を持してリリースされた、現行レクサスで唯一のオープントップモデルは、ライバルとは趣を異にする“ユニークな魅力”の持ち主だった。
  • フェラーリF8スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2021.2.2 試乗記 フェラーリから「F8トリブート」のオープントップバージョンにあたる「F8スパイダー」が登場。ミドシップフェラーリならではの圧倒的なパフォーマンスと、オープンエアモータリングの心地よさを併せ持つ、希有(けう)な一台の魅力に触れた。
ホームへ戻る