マクラーレンがV6ハイブリッドパワートレイン搭載モデル「アルトゥーラ」の登場を予告

2020.11.24 自動車ニュース

英マクラーレン・オートモーティブは、2020年11月23日(現地時間)、新型ハイブリッドパワートレイン搭載のニューモデル「Artura(アルトゥーラ)」を、2021年前半に発売すると発表した。

今回登場が予告されたアルトゥーラは、コンパクトなV6ツインターボエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドパワーユニットを搭載。マクラーレンのV8 エンジンに並ぶアウトプットを発生させながら、低回転域におけるトルクレスポンスの向上や電力のみでの走行も実現しているという。

同車はモータースポーツをルーツとする超軽量のエンジニアリング理念をさらに押し進め、新しいハイブリッドシステムの採用により追加された重量は、シャシー、ボディー、パワートレインの隅々にまで至る軽量化技術によりほぼ相殺。加えてマクラーレンカーボンライトウェイトアーキテクチャー(MCLA)を採用したことで、クラス最軽量のアドバンテージを提供するとアナウンスされる。

アルトゥーラは、マクラーレンが「ハイパフォーマンスハイブリッドシリーズ」と呼ぶ、新しいラインナップのファーストモデルとなる。マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルーウィットCEOは、「アルトゥーラは、プラットフォームやハイブリッドパワートレイン、エクステリアおよびインテリアデザイン、そしてドライバーインターフェイスにいたるあらゆる要素において新しく設計されています。数十年にわたる先駆的な超軽量のレーシングカーやロードカーのエンジニアリング技術を生かし、電動化に関するあらゆる専門性を注ぎ込んでいます」と、ニューモデルを紹介している。

今後数カ月のうちに、さらに詳しい情報が明らかにされる予定だ。

(webCG)

マクラーレン・アルトゥーラ
マクラーレン・アルトゥーラ拡大

関連キーワード:
アルトゥーラ, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
  • ランボルギーニは新型モデルを夏以降に発表【輸入車ブランドに聞きました2021】 NEW
    ランボルギーニは新型モデルを夏以降に発表【輸入車ブランドに聞きました2021】NEW 2021.1.25 自動車ニュース 2021年の干支は「丑(うし)」。昨2020年に6モデルを発表したランボルギーニも、エンブレムに“猛牛”を掲げている。その勢いは今年も続くのか。ニューモデルの発表時期や日本への導入スケジュールを、ランボルギーニ・ジャパンに聞いた。
  • 限定車「ルノー・カングー パナシェ」発売 5色のボディーカラーをラインナップ NEW
    限定車「ルノー・カングー パナシェ」発売 5色のボディーカラーをラインナップNEW 2021.1.25 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年1月25日、「カングー」に特別仕様車「パナシェ」を設定し、380台の台数限定で販売を開始した。パナシェは「色彩を豊かにする」という意味を持つフランス語であり、5色のボディーカラーを設定している。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
  • FCAジャパンが2020年の販売実績を発表 ジープブランドがさらに伸長 2021.1.14 自動車ニュース FCAジャパンは2021年1月14日、オンライン記者発表会を実施し、2020年を振り返るとともに、2021年の見通しについて説明した。2020年は前年とほぼ同水準となる2万4185台を販売し、同社の設立以来最高となる、輸入車市場における通期シェア9.3%を獲得している。
ホームへ戻る