マクラーレン720S(前編)

2021.01.10 思考するドライバー 山野哲也の“目” 最高出力720PSの4リッターV8ツインターボをカーボンモノコックシャシーにミドシップした「マクラーレン720S」は、F1コンストラクター直系ともいえるハイパーカーだ。レーシングドライバー山野哲也は、その仕上がりをどうジャッジする!?

未来感にあふれている

「ひとことで言うなら『未来型スーパーハンドリングマシン』ですね」

こう語るのはマクラーレン720Sから降りてきた山野哲也だ。「何が未来型かというと……。例えばモードによって切り替わるメーターパネルとか」という言葉に、ちょっと意外な印象を受ける取材陣。

720Sのフルデジタルメーターは、普段は真ん中に大きな回転計を表示するが、スイッチひとつでメーターの筐体(きょうたい)自体を90度手前に倒すことができる。すると、それまで頂部だった部分(フード)が横に細長いディスプレイに変化し、エンジン回転数や速度、ギアポジションなど、最低限の情報だけを伝える「スリムディスプレイ」になる。いかにも“素人向けのギミック”に捉えられがちなこの仕組み。プロフェッショナルレーシングドライバーの目にはどう映ったのか?

「クラシカルな外観ではないので、人によっては『オモチャっぽい』と思うかもしれません。でも、ある意味では理想的なんです。レーシングマシンとして必要な情報をドライバーに届けるという点では」

そうなんですか!

「要らない情報は全部隠しちゃう。ドライバーは気にしなくていいんだよ、と。その方法としてメーターパネルごと変えてしまうというのは、画期的な試みじゃないでしょうか」

 
マクラーレン720S(前編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(前編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(前編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • マクラーレン765LT 2020.11.5 画像・写真 マクラーレンが「765LT」を日本で公開。「720S」をベースとした高性能バージョンで、4リッターV8ターボエンジンは最高出力765PS、最大トルク800N・mを発生。0-100km/h加速は2.8秒という動力性能を誇る。新たなスーパースポーツモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マクラーレン・セナ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.10 試乗記 誰もが知る、伝説的レーシングドライバーの名を車名とした「マクラーレン・セナ」。サーキットを走ることを第一に開発された、限りなくレーシングカーに近いハイパーカーの実力を、セナが初勝利を挙げたポルトガルのエストリルサーキットで放つ。
  • マクラーレン・アルトゥーラ 2021.2.17 画像・写真 英マクラーレン・オートモーティブは2021年2月17日(現地時間)、新型ハイブリッドスポーツモデル「Artura(アルトゥーラ)」を発表した。システム出力680PSを誇る、外部充電が可能なハイブリッドパワートレインを搭載したアルトゥーラの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フェラーリF8スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2021.2.2 試乗記 フェラーリから「F8トリブート」のオープントップバージョンにあたる「F8スパイダー」が登場。ミドシップフェラーリならではの圧倒的なパフォーマンスと、オープンエアモータリングの心地よさを併せ持つ、希有(けう)な一台の魅力に触れた。
ホームへ戻る