第197回:ホンダeで電費アタック

2021.01.04 カーマニア人間国宝への道

スーパーカーの次はEVだ

バイデン氏に当確が出、世の流れが一気に電動化に傾いた日、わがほうは「フェラーリ328GTS」と「ランボルギーニ・カウンタック」という鉄壁の化石燃料車ラインナップが完成し、もう化石は究めた! 次は電動化だ! という気分になった。

現状、真に欲望を刺激されるEVはないけれど、それに一番近いのが「ホンダe」だ。ホンダeはスタイリッシュだし小回りが利くしバッテリーは水冷式。サイズも手ごろでちょうどいい。

WLTCモード電費は、上級仕様の「アドバンス」だと7.3km/kWhという計算になるので、「日産リーフ」の40kWh版が掲げる電費の8.0km/kWhに比べると1割ほど悪いけれど、スタンダードモデルならリーフとほぼ同じ。「ホンダeは電費が伸びない」という話はチラホラ聞こえていたが、それはたぶん広報車がアドバンスばっかりというのが主要因なのでしょう。

化石燃料車の燃費は、単におサイフの問題だったりするけれど、電費はEVの実用性のカギを握るキモ。ちょうどホンダeアドバンスに乗れる機会があったので、真剣に電費を測定してみることにしました。

これまでいろんなクルマの燃費を測ってきたけれど、実はEVについて真剣にやるのは初めて! 電費の単位にまるで勘が働かなかったんだけど、「7km/kWh以上だとイイ」「5km/kWh以下だと悪い」くらいを目安に、首都高と東名を走ってみました。

「街なかベスト」なコンパクトEVを目指したという「ホンダe」。スタイリッシュだしサイズも手ごろでちょうどいい。今回の試乗で、電費をきちんとチェックしてみることにした。
「街なかベスト」なコンパクトEVを目指したという「ホンダe」。スタイリッシュだしサイズも手ごろでちょうどいい。今回の試乗で、電費をきちんとチェックしてみることにした。拡大
「ホンダe」のパワートレイン。搭載されるリチウムイオンバッテリーは総電力量35.5kWhで、WLTCモードにおける一充電走行可能距離は、今回試乗した最高出力154PSの「アドバンス」で259kmとなる。
「ホンダe」のパワートレイン。搭載されるリチウムイオンバッテリーは総電力量35.5kWhで、WLTCモードにおける一充電走行可能距離は、今回試乗した最高出力154PSの「アドバンス」で259kmとなる。拡大
試乗車には205/45R17サイズの「ブリヂストン・ブリザックVRX2」スタッドレスタイヤが装着されていた。走行抵抗は若干増しているか。
試乗車には205/45R17サイズの「ブリヂストン・ブリザックVRX2」スタッドレスタイヤが装着されていた。走行抵抗は若干増しているか。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(RWD)【試乗記】 2021.1.23 試乗記 「ホンダe」が素晴らしいのは運転してワクワクできるところだ。航続可能距離の短さがデメリットのようにいわれているけれど、それこそがホンダeの持つ強みだ……と筆者は主張するのだった。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.6 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」が5代目に進化。ルノー“らしい”定評のある走りは健在なのか。そしてルノー“らしからぬ”先進装備の仕上がり具合はどんなものか。最上級グレード「インテンス テックパック」で試した。
ホームへ戻る