第689回:これぞイタリア流EVだ! 大矢アキオが新型「フィアット500」とご対面

2021.01.14 マッキナ あらモーダ!

独特のEV需要に期待

気がつけばイタリアでも、季節のあいさつはグリーティングカードに代わり、SNSでのメッセージ交換が主流になった。

個人的に困るのは、家族の写真を送ってくる人である。会ったことがない子どもの写真を見せられても、「築地の初競りでまぐろを最高値で競り落としたすし店店主」の写真を見せられているようなもので、筆者としてはコメントのしようがないのである。文章で食っている以上、月並みな感想を返すのがはばかられることも背景にある。

いっぽう、2021年の年明けに届いたSNSのメッセージには、思わず声を上げた。

送り主は、筆者が住むシエナのFCA系販売店で働く熟練セールスパーソンのフランチェスコ氏である。メッセージ自体は「アウグーリ(おめでとう)」のみであったが、3点の写真が添付されていた。電気自動車(EV)である新型「フィアット500(500エレットリカ)」がショールームに展示されているのを写したスナップだった。

新型500については、その車型のいちバリエーションである「3+1」について第679回に記したので、併せてご覧いただきたい。

イタリアの新型コロナウイルスによる移動制限が緩和された2021年1月7日、早速筆者はフランチェスコ氏が働く販売店を訪ねてみた。

もはや作法となった肘同士のタッチもそこそこに、例の新型500を探すと、展示されていたのは「カブリオ」であった。

どのようなタイプのお客さんから問い合わせがあったかをフランチェスコ氏に聞く。

筆者自身は、かつてイタリアにおける「日産リーフ」の個人オーナーを取材したときの経験から、新型500の顧客も環境意識が高い人や、新しいガジェットに好奇心を抱く人かと想像した。例えばイタリアで出会った日産リーフオーナーは、かなりの確率で「トヨタ・プリウス」も所有していた。

しかしフランチェスコ氏によると、問い合わせをしてきた人は以下の2タイプだという。

「ひとつは“3台目”のお客さんだ」。家庭における1・2台目に続くサードカーとして検討しているユーザーだと話す。

イタリアは、人口100人あたりの自動車保有台数が62.4台で、ドイツ、スペインを抜いてヨーロッパ第一の自動車普及国である(出典:オートプロモテックによる2017年の発表)。

シエナの一帯でも、クルマを複数台所有している家庭が少なくない。それでも歴史的旧市街の自動車進入禁止ゾーンに入れるクルマは、域内住民などに限られている。そのため郊外から旧市街へは、バスなどの公共交通機関でアクセスする人がほとんどであった。

ところが、イタリアでは2020年から新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政令でバスの乗車定員に制限が設けられるようになった。同時に、人々も公共交通機関を避けるようになってきた。

「ここシエナも含めた多くの都市では、フルEVなら自動車の進入禁止ゾーンにも進入可能」ゆえに、EVに関心を持つお客さんが増えていると話す。

フランチェスコ氏は「もうひとつは法人用途だ」と続ける。

個人用のクルマと同様に旧市街の進入禁止ゾーンでも営業活動できるうえ、「昨今は環境に配慮した企業として、イメージアップに寄与するからね」とフランチェスコ氏は解説する。

交流・直流ともに対応しているため、イタリアの電力会社「エネルX」が都市部で展開する各種充電スポットも問題なく使える。

ただし、フランチェスコ氏によれば、都市部の集合住宅居住者よりも、やはり郊外の自宅に住み、自前で充電設備を設置できる人が初期の顧客になりそうだと予想する。

参考までに、新型500専用の7.4kW壁掛け型家庭用チャージャーは15%から80%までの充電を4時間弱でこなす。

EVである新型「フィアット500カブリオ ラ・プリマ」。シエナのFCA系販売店であるスコッティにて2021年1月に撮影。
EVである新型「フィアット500カブリオ ラ・プリマ」。シエナのFCA系販売店であるスコッティにて2021年1月に撮影。拡大
全長×全幅は従来型より拡大されている。最大航続可能距離はWLTPモード値で320km。
全長×全幅は従来型より拡大されている。最大航続可能距離はWLTPモード値で320km。拡大
ショールーム入荷の第一報をもたらしてくれたセールスパーソンのフランチェスコ・タッデオ氏(撮影のためマスクを外しています)。
ショールーム入荷の第一報をもたらしてくれたセールスパーソンのフランチェスコ・タッデオ氏(撮影のためマスクを外しています)。拡大
「インフィニティーライト」と名づけられたフルLED前照灯。従来型がつぶらな瞳だとすると、かなり眼光が鋭くなった。
「インフィニティーライト」と名づけられたフルLED前照灯。従来型がつぶらな瞳だとすると、かなり眼光が鋭くなった。拡大
外部からのドアリリースは、ホール上部のボタンに軽く手をかける方式である。
外部からのドアリリースは、ホール上部のボタンに軽く手をかける方式である。拡大
キャンバスルーフにはフィアットの新ロゴが反復されている。このあたり、テスラにはないセンスである。
キャンバスルーフにはフィアットの新ロゴが反復されている。このあたり、テスラにはないセンスである。拡大
インバーターが中央に鎮座するモータールームをのぞく。最高出力は87kW(約118PS)、最大トルクは220N・m。
インバーターが中央に鎮座するモータールームをのぞく。最高出力は87kW(約118PS)、最大トルクは220N・m。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
ホームへ戻る