クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

日産エクストレイルAUTECH iパッケージ(4WD/CVT)/セレナe-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)

こだわりがクルマを変える 2021.01.20 試乗記 長年にわたり、日産車のカスタマイズモデルを製作してきたオーテックジャパン。彼らが手がけたモデルの中から、デザインと走りの両方に手が加わった「エクストレイル」と「セレナ」に試乗。標準車とは一線を画す、その出来栄えを報告する。

ボディーカラーは“湘南の青”

試乗した「日産エクストレイルAUTECH iパッケージ」のボディーカラーは、購入者の51%が選ぶというAUTECH専用色の「カスピアンブルー」だった。エクストレイルの標準仕様だとブルーを選ぶ人はどんなに多くてもひとケタ%で、10%に遠く及ばないというから、AUTECHにおける青人気はかなりのものだ。

神奈川県茅ヶ崎市、湘南と呼ばれる地域で創業したオーテックジャパンは、自社ブランドのイメージカラーに相模湾の色を想起させる青を採用した。デザイナー陣の青へのこだわりは、同じ青でもモデルによって色のニュアンスが微妙に異なることからも伝わってくる。AUTECHのデザイナーは、春夏秋冬、さまざまな時間帯、あらゆる天候の湘南の海を眺めることで、青という色へのイメージをふくらませるのだという。青といっても1色ではなく、各モデルのキャラクターを表現するのにふさわしい、さまざまな青を生み出しているのだ。

そしてフロントとリアのバンパー下のキラリと光る装飾パーツは、陽光を受けて輝く白い波頭をイメージしたもの。ブラックを基調としながらも、シートやステアリングホイール、それにシフトセレクターのノブなど、あちこちに青い差し色が効果的に使われる車内に乗り込む。

試乗車は2リッターのガソリンエンジンを搭載する四駆モデル。現行エクストレイルのガソリン車には3列シート仕様もラインナップされるけれど、今回試乗したのは2列シートの仕様だった。

AUTECHとは、オーテックジャパンが独自に展開するカスタマイズカーブランド。同社は日産に委託される形で、NISMOブランドのモデルも開発・製作している。
AUTECHとは、オーテックジャパンが独自に展開するカスタマイズカーブランド。同社は日産に委託される形で、NISMOブランドのモデルも開発・製作している。拡大
「エクストレイルAUTECH」のインストゥルメントパネルまわり。ステアリングホイールのリムや各部のステッチなど、いたるところにブルーのアクセントが施されている。
「エクストレイルAUTECH」のインストゥルメントパネルまわり。ステアリングホイールのリムや各部のステッチなど、いたるところにブルーのアクセントが施されている。拡大
AUTECHのイメージカラーは、湘南・茅ヶ崎の海と空をイメージしたブルー。バンパーなどに採用されるシルバーは、白波をモチーフにしているという。
AUTECHのイメージカラーは、湘南・茅ヶ崎の海と空をイメージしたブルー。バンパーなどに採用されるシルバーは、白波をモチーフにしているという。拡大

足まわりの改良で大人のSUVに

2リッターの直列4気筒ガソリンエンジンを始動してスタート。同条件で比較したわけではないので断定はできないけれど、標準モデルに比べるとロールとピッチングが抑えられている印象を受ける。それは市街地でも感じられるが、特に高速道路では前後左右方向の車体の揺れが抑えられている。

AUTECHというブランドのコンセプトは「プレミアムスポーティー」で、開発陣によれば、それはデザインだけでなく走りでも表現しているという。エクストレイルのAUTECH仕様は、特に以下の3つに留意して開発されている。ひとつは上質でフラットなボディーの動き。ふたつめがコーナリング時のロール(横傾き)の抑制。そして最後が操縦性の向上、具体的にはアンダーステアの低減だ。

試乗しながら、確かにこの3つはクリアしていると感じられた。そしてロールやアンダーステアを減らしながら、乗り心地も悪くなっていない点に感心した。ガチガチに固めるのではなく、しっかりサスペンションを動かしながらフラットライドを実現している。

資料を見ると、チューニングの内容はパワーユニットによって異なっており、2リッターガソリン車の場合、スプリングは標準仕様と共通ながら、専用の19インチタイヤ(タイヤサイズは225/55R19)と、それに合わせるショックアブソーバーを吟味したとのことだ。ショックアブソーバーは、最終的にはザックス製に落ち着いたという。結果的に、適度に引き締まりつつ粗さは感じさせないという、大人のSUVに仕上がっている。

実際、オーナーの来歴を見ても、大型SUVやビッグセダンから乗り換えるダウンサイジング組が多いという。子育てを終えた方が、必要にして十分なサイズの上質なクルマを求めているということだろう。昔は食べ放題や飲み放題がうれしかったけれど、最近はおいしいものを少しずつ、いい日本酒でちびちびとやっている。そんなライフステージにはこんなクルマが似合いそうだ。

シート表皮にはブラックレザーを、床面やラゲッジスペースのフロアボードなどにはカーペットを採用。インテリアは標準車より上質な仕立てとなっている。
シート表皮にはブラックレザーを、床面やラゲッジスペースのフロアボードなどにはカーペットを採用。インテリアは標準車より上質な仕立てとなっている。拡大
ホイールサイズは標準車が17インチと18インチなのに対し「AUTECH」では19インチを採用。ショックアブソーバーは全車ザックス製で、モデルによってスプリングのバネ定数をダウンさせたり、スタビライザーを追加、もしくは大型のものへ変更したりといった改良も加えている。
ホイールサイズは標準車が17インチと18インチなのに対し「AUTECH」では19インチを採用。ショックアブソーバーは全車ザックス製で、モデルによってスプリングのバネ定数をダウンさせたり、スタビライザーを追加、もしくは大型のものへ変更したりといった改良も加えている。拡大
「エクストレイルAUTECH」では左右2本出し、スクエア形状のマフラーも特徴として挙げられる。
「エクストレイルAUTECH」では左右2本出し、スクエア形状のマフラーも特徴として挙げられる。拡大
今回試乗した2列シートのガソリン車に加え、3列シートのガソリン車、2列シートのハイブリッド車と、幅広い仕様が選べるのも「エクストレイルAUTECH」の魅力だ。
今回試乗した2列シートのガソリン車に加え、3列シートのガソリン車、2列シートのハイブリッド車と、幅広い仕様が選べるのも「エクストレイルAUTECH」の魅力だ。拡大

本格的なチューニングで走りを引き締める

続いて、「日産セレナe-POWER AUTECHスポーツスペック」に乗り換える。ステアリングホイールを握っていると、標準仕様のセレナよりもサイズがひとまわりほどコンパクトになったかのような錯覚を受ける。アクセルやハンドル操作に対する反応が素早く、巡航中やコーナリング時の姿勢がフラットであることから、クルマ全体の“あそび”や“のりしろ”が小さくなり、タイトなドライブフィールになっていることがその理由だ。

実際、このクルマに施されたチューンは本格的だ。ご存じのようにe-POWERはエンジンが発電に専念して、そこで生まれた電気でモーターを駆動する電動パワートレイン。従来のマイルドハイブリッド仕様よりも重心が低くなるので、そこに合わせて操縦性と乗り心地を最適化したという。

具体的には、フロアに補強材を追加することで車体の剛性を強化。これによって車体のねじれが減り、操舵時の応答遅れを減らすことができた。コイルスプリングのバネ定数やショックアブソーバーの減衰力も徹底的に見直し、タイヤにグリップと乗り心地の両立で定評のある「ミシュラン・パイロットスポーツ4」を採用することとあわせて、走って楽しいミニバンを狙った。

「セレナ」ではマイルドハイブリッド車にも、フルハイブリッドのe-POWER搭載車にも、デザインにのみ手が加わった「AUTECH」と運動性能を高めた「AUTECHスポーツスペック」の両方が用意される。
「セレナ」ではマイルドハイブリッド車にも、フルハイブリッドのe-POWER搭載車にも、デザインにのみ手が加わった「AUTECH」と運動性能を高めた「AUTECHスポーツスペック」の両方が用意される。拡大
ダークグラファイトフィニッシュの17インチアルミホイール。タイヤには高いスタビリティーとリニアな応答性などを重視し、「ミシュラン・パイロットスポーツ4」を採用している。
ダークグラファイトフィニッシュの17インチアルミホイール。タイヤには高いスタビリティーとリニアな応答性などを重視し、「ミシュラン・パイロットスポーツ4」を採用している。拡大
シャシーまわりでは、車体のねじれを抑えるために各部に補強を追加したほか、サスペンションのチューニングも全面的に変更。ステアリングフィールや操舵レスポンスを改善している。
シャシーまわりでは、車体のねじれを抑えるために各部に補強を追加したほか、サスペンションのチューニングも全面的に変更。ステアリングフィールや操舵レスポンスを改善している。拡大

ミニバンというよりグランドツアラー

特に低速域では突き上げが気になる部分があったものの、速度が上がるとともにフラットな姿勢を保つという美点が強調され、それも気にならなくなる。特筆すべきは手のひらに伝わるステアリングフィールが良好なことで、タイヤと路面との関係がまさに手にとるようにわかるから、自信を持ってハンドルを切ることができる。

e-POWERには、専用にチューニングしたコンピューターが採用される。「S(Smart)」「ECO」「NORMAL」の3つが用意されるドライブモードで「S」を選ぶと、レスポンスが一段と切れ味鋭いものとなり、胸のすくような加速が味わえる。エンジンとは種類が違う、モーター駆動ならではの新しいファン・トゥ・ドライブが存在する。

前述した日産エクストレイルAUTECH iパッケージ同様、エクステリアとインテリアも上質に仕立てられているから、クルマ好き、運転好きはもちろん、家具やガジェットにこだわる人にも受けるだろう。

日産セレナという定番車種の可能性を、さらに広げるのがAUTECH仕様だ。特にe-POWERとスポーツスペックが合わさった今回の試乗車は、モーター駆動ならではの静粛性と滑らかさ、そして高速域でのフラットな乗り心地から、クールなグランドツアラーだと感じられた。

(文=サトータケシ/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

e-POWER搭載車ではパワートレインの制御もチューニング。3種類の走行モードのうち、「NORMAL」はより車速の伸びがよく、かつ加速が長続きするものに、「S」はよりハイレスポンスでスポーティーなものに変更した。
e-POWER搭載車ではパワートレインの制御もチューニング。3種類の走行モードのうち、「NORMAL」はより車速の伸びがよく、かつ加速が長続きするものに、「S」はよりハイレスポンスでスポーティーなものに変更した。拡大
試乗車のインテリアには「オーテックプレミアムパーソナライゼーションプログラム」が採用されていた。同オプションではシート表皮が上質な本革となるほか、その色もストーンホワイト、ブラック、タン(写真)の3色から選択可能となる。
試乗車のインテリアには「オーテックプレミアムパーソナライゼーションプログラム」が採用されていた。同オプションではシート表皮が上質な本革となるほか、その色もストーンホワイト、ブラック、タン(写真)の3色から選択可能となる。拡大
走りもデザインも標準車とは趣を異にする「セレナAUTECHスポーツスペック」。特に今回試乗したe-POWER搭載車は、グランドツアラーとも呼ぶべきクルマに仕上がっていた。
走りもデザインも標準車とは趣を異にする「セレナAUTECHスポーツスペック」。特に今回試乗したe-POWER搭載車は、グランドツアラーとも呼ぶべきクルマに仕上がっていた。拡大
日産エクストレイルAUTECH iパッケージ
日産エクストレイルAUTECH iパッケージ拡大
 
日産エクストレイルAUTECH(4WD/CVT)/セレナe-POWER AUTECH(FF)【試乗記】の画像拡大
 
日産エクストレイルAUTECH(4WD/CVT)/セレナe-POWER AUTECH(FF)【試乗記】の画像拡大
 
日産エクストレイルAUTECH(4WD/CVT)/セレナe-POWER AUTECH(FF)【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

日産エクストレイルAUTECH iパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4705×1830×1745mm
ホイールベース:2705mm
車重:1570kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:147PS(108kW)/6000rpm
最大トルク:207N・m(21.1kgf・m)/4400rpm
タイヤ:(前)225/55R19 99H/(後)225/55R19 99H(ブリヂストン・エコピアH/L422プラス)
燃費:--km/リッター
価格:367万9500円/テスト車=423万4878円
オプション装備:ボディーカラー<カスピアンブルー[スクラッチシールド]>(4万4000円)/運転席・助手席パワーシート(6万6000円) ※以下、販売店オプション ナビレコパック<MM519D-L>+ETC2.0車載器(36万1151円)/AUTECH専用ピラーガーニッシュ(2万4640円)/AUTECH専用フロアカーペット(3万7180円)/AUTECH専用ラゲッジカーペット(2万2407円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:3699km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:--km/リッター

日産セレナe-POWER AUTECHスポーツスペック
日産セレナe-POWER AUTECHスポーツスペック拡大
 
日産エクストレイルAUTECH(4WD/CVT)/セレナe-POWER AUTECH(FF)【試乗記】の画像拡大
 
日産エクストレイルAUTECH(4WD/CVT)/セレナe-POWER AUTECH(FF)【試乗記】の画像拡大
 
日産エクストレイルAUTECH(4WD/CVT)/セレナe-POWER AUTECH(FF)【試乗記】の画像拡大

日産セレナe-POWER AUTECHスポーツスペック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4810×1740×1860mm
ホイールベース:3240mm
車重:1840kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ
モーター:交流同期電動機
エンジン最高出力:84PS(62kW)/6000rpm
エンジン最大トルク:103N・m(10.5kgf・m)/3200-5200rpm
モーター最高出力:136PS(100kW)
モーター最大トルク:320N・m(32.6kgf・m)
タイヤ:(前)205/50ZR17 93Y/(後)205/50ZR17 93Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4)
燃費:--km/リッター
価格:419万2100円/テスト車=543万7328円
オプション装備:ボディーカラー<カスピアンブルー+ダイヤモンドブラック 2トーン[スクラッチシールド]>(7万7000円)/オーテックプレミアムパーソナライゼーションプログラム<タンレザー><本革シート化/シートカラー変更[ブルーステッチ“AUTECH”刺しゅう入り]+前席クイックコンフォートヒーター付きシート+ステアリングヒーター>(65万6700円) ※以下、販売店オプション 専用フロアカーペット(6万9960円)/専用ラゲッジカーペット(2万3309円)/専用ピラーガーニッシュ(2万4640円)/ナビレコお買い得パック<MM520D-L>+ETC2.0車載器(39万3619円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:4640km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:--km/リッター

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 エクストレイル の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。