ロータス・エキシージ スポーツ410(後編)

2021.01.31 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「ロータス・エキシージ スポーツ410」に試乗。かつて劇中に登場する「ロータス・ヨーロッパ」で、軽量ミドシップスポーツの魅力を世に知らしめた漫画界のスーパーレジェンドが下した総合評価は?

ストイックさが魅力

漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサー、池沢早人師先生。箱根のワインディングロードでステアリングを握ったロータス エキシージ スポーツ410は、「端的に言って“公道を走るレーシングカー”そのもの。かなり好みの乗り味」とのことであった。

だが、それを普通に街なかで使ったりする場合はどうなのか? 話の続きをお聞きした。
「エキシージ スポーツ410って、価格はいくらでしたっけ?」

ええと、車両価格が1358万5000円で、今回の試乗車両はメタリックホワイトのスペシャルペイントやインテリアのカラーパック、カーボン製のスポーツシート、オーディオ、フロアマット等々のオプションを入れて1450万3500円とのことです。
「えっ? オプションを入れると1400万円以上もするの? ちょっと高いなあ……。そうなると同じロータスの『エヴォーラGT410』に近い価格だし、他メーカーでもけっこうな数のライバルが考えられますよねぇ。ううむ……」

でも“公道を走れるレーシングカー”だと思えば?
「価格に関してはそう思うしかないですよね。ズバリ、ムダや快適性をそぎ落とした走りに特化した潔さやストイックさが魅力です。ただ……」

ただ?
「エンジンを始動させる瞬間はものすごい音がしますし、回すとレーシングカー並みのサウンドなんです」

ということは、街なかでは少し悪目立ちするのでしょうか?
「いえいえ、そうしたいっぽうで(エンジンを)回さなければ静かにも走れます。比較的コンパクトなボディーサイズも扱いやすいですよね。もちろん、ノンパワーステアリングや重いクラッチは覚悟すべきですが(笑)」

最高出力416PSの3.5リッターV6 スーパーチャージャーユニットをリアミドに搭載する「ロータス・エキシージ スポーツ410」。今回の試乗車両は、メタリックホワイトのスペシャルペイントをまとっていた。
最高出力416PSの3.5リッターV6 スーパーチャージャーユニットをリアミドに搭載する「ロータス・エキシージ スポーツ410」。今回の試乗車両は、メタリックホワイトのスペシャルペイントをまとっていた。拡大
“戦うマシン”を連想させるスパルタンなデザインインテリア。試乗車に装着されていたカーボン製のスポーツシートは、25万3000円のオプションアイテムだ。
“戦うマシン”を連想させるスパルタンなデザインインテリア。試乗車に装着されていたカーボン製のスポーツシートは、25万3000円のオプションアイテムだ。拡大
【ロータス・エキシージ スポーツ410】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4080×1800×1130mm/ホイールベース:2370mm/車重:1110kg/駆動方式:MR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:6段MT/最高出力:416PS(306kW)/7000rpm/最大トルク:410N・m(41.8kgm)/2500-7000rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y XL/(後)285/30ZR18 97Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/燃費:--km/リッター/価格:1358万5000円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:232.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:29.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.9km/リッター(満タン法)
【ロータス・エキシージ スポーツ410】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4080×1800×1130mm/ホイールベース:2370mm/車重:1110kg/駆動方式:MR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:6段MT/最高出力:416PS(306kW)/7000rpm/最大トルク:410N・m(41.8kgm)/2500-7000rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y XL/(後)285/30ZR18 97Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/燃費:--km/リッター/価格:1358万5000円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:232.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:29.6リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:7.9km/リッター(満タン法)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • 「ロータス・エキシージ」の最後を飾る「ファイナルエディション」2モデルが登場 2021.2.8 自動車ニュース 「ロータス・エキシージ」の最終生産モデル「エキシージ スポーツ390ファイナルエディション/スポーツ420ファイナルエディション」が登場。ともにエンジンの高出力化による動力性能の向上が図られており、また既存のモデルにはない装飾や装備も特徴となっている。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
ホームへ戻る