アストンマーティンDBX(後編)

2021.01.28 谷口信輝の新車試乗 「これはすごいクルマです」。さまざまな高性能SUVに試乗してきた谷口信輝が、アストンマーティン初のSUV「DBX」を高く評価するのはなぜか? 決め手となる走りの特性についてリポートする。

こんなSUVはなかなかない

アストンマーティンDBXを箱根のワインディングロードで試乗して、「あまり個性が感じられない」と語った谷口信輝。しかし、ドライビングモードをそれまでの「GT」から「スポーツ」に変えると、その印象はにわかにポジティブなものに変わっていったのである。
「ダンパーの設定もだいぶ変わりましたね。僕は、このくらい引き締まっているほうが好きかも。さっきはちょっと“フネフネ”していましたよね」

GTモードは快適性重視の設定だから、ワインディングロードを攻めたときにややヤワな印象をもたらすのは仕方ないところ。いずれにしても、谷口はスポーツモードのほうがお好みだったようだ。

「うん、僕はこっちのほうが好きですね」

スポーツモードについて最初にそう言っていた谷口は、ペースを上げて走っているうちにDBXの印象がどんどん変わっていったようだ。
「へー、GTモードがいまいちだっただけで、スポーツモードは全然いいですね」

そう語った谷口は、「いやあ、これだけコーナーをちゃんと走れるSUVはなかなかないでしょ。ステアリングを切れば切っただけ曲がっていくし、メチャクチャ気持ちいい」と、感動をあらわにしたのである。

DBXのコーナリングに気をよくした谷口はさらにペースを上げていき、ついにはコーナリングスピードが限界に近づいてきた。
「ああ、スポーツモードだと結構、電子デバイスが介入してきますね。じゃあ、スポーツ+モードにしてみましょうか」

 
アストンマーティンDBX(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBX(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBX(後編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBX(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX 2019.11.21 画像・写真 アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」を日本で初公開。オンロード、オフロードを問わない高いダイナミクス性能と、SUVならではの多機能性を併せ持つというニューモデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
ホームへ戻る