メルセデス・ベンツはSUVとハイパフォーマンスモデルが絶好調【輸入車ブランドに聞きました2021】

2021.01.25 自動車ニュース
2020年9月に国内導入された「メルセデス・ベンツEクラス」のマイナーチェンジモデル。メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長とともに。
2020年9月に国内導入された「メルセデス・ベンツEクラス」のマイナーチェンジモデル。メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長とともに。拡大

看板商品のセダンだけでなく、SUVラインナップの強化や電動化モデルの拡充も着々と進めるメルセデス・ベンツ。果たして2021年はどんなモデルでわれわれを驚かせてくれるのか。日本のインポーターであるメルセデス・ベンツ日本に話を聞いた。

人気を集めているという新型「GLA」。2020年6月に「GLB」と同じタイミングで導入された。
人気を集めているという新型「GLA」。2020年6月に「GLB」と同じタイミングで導入された。拡大
「メルセデスAMG G63」。ラダーフレームシャシーに最高出力585PSの4リッターV8ツインターボエンジンを積む。
「メルセデスAMG G63」。ラダーフレームシャシーに最高出力585PSの4リッターV8ツインターボエンジンを積む。拡大
エンジン横置き系のコンパクトモデルにのみ設定されるメルセデスAMGの「45シリーズ」。最高出力421PSを発生する“世界最強”の2リッターターボエンジンを搭載する。
エンジン横置き系のコンパクトモデルにのみ設定されるメルセデスAMGの「45シリーズ」。最高出力421PSを発生する“世界最強”の2リッターターボエンジンを搭載する。拡大
「45シリーズ」より少し控えめなパワーで、快適性も求めた「35シリーズ」。写真の「GLB35 4MATIC」は2021年1月に導入されたばかりのニューモデルだ。
「45シリーズ」より少し控えめなパワーで、快適性も求めた「35シリーズ」。写真の「GLB35 4MATIC」は2021年1月に導入されたばかりのニューモデルだ。拡大
間もなく国内導入されるという新型「Sクラス」。標準ボディーで全長5179mm(欧州仕様)と、現行モデルよりもサイズが拡大されている。
間もなく国内導入されるという新型「Sクラス」。標準ボディーで全長5179mm(欧州仕様)と、現行モデルよりもサイズが拡大されている。拡大

メルセデスAMGが過去最高の販売台数を記録

――2020年はメルセデス・ベンツ、およびメルセデス・ベンツの日本市場にとってどのような一年でしたか?

メルセデス・ベンツ車の2020年新車販売台数が5万6999台となり、国内で販売されている純輸入車として6年連続で首位を、8年連続でプレミアムブランドNo.1を獲得しました。

2020年の販売は、特に第2四半期の販売活動の一部自粛と、海外工場の稼働停止等の影響を大きく受けたものの、魅力的な新型モデルの投入と、お客さまの新しいニーズにお応えするサービスの展開が功を奏し、純輸入車No.1という結果をおさめることができました。

――現在、お客さまから人気を集めているモデルはどれですか? またオススメのモデルは?

2020年6月に発表したSUVの「GLA」および「GLB」、9月に発表した中核モデル「Eクラス」の改良モデルが人気です。また、車形別ではSUVが販売全体の35%を、コンパクトモデルが45%を占めています。

主力モデル「Cクラス」は引き続き輸入車の車種別TOP10入りを果たし、安定して高い評価をいただいております。

さらに、ハイパフォーマンスモデルのメルセデスAMGは、好調な「GT 4ドア クーペ」に「G63」、そして新しい「E53 4MATIC+」と、コンパクトモデルの「35/45シリーズ」がけん引し、過去最高となる8200台を超える販売を記録しました。

――アナウンスできる範囲で、2021年の新型車の導入スケジュールを教えてください。

8年ぶりのフルモデルチェンジとなる旗艦モデル「Sクラス」をはじめ、5車種以上の導入を予定しており、電気自動車やプラグインハイブリッド車など新しい電動モデルを年内に複数導入する予定です。

また、電動ブランドのEQと究極のラグジュアリーブランドのメルセデス・マイバッハ、そしてハイパフォーマンスブランドであるメルセデスAMGの3つのサブブランドと、人気の高いSUVモデルのマーケティング活動の強化を図ります。

――ファンとユーザー、webCG読者にヒトコトどうぞ!

自動車を取り巻く環境が刻一刻と変化する状況においては、お客さまのニーズにお応えすることはもちろん、ニーズそのものを引き出すことがより重要と考えております。

本年発表予定の製品ラインナップはまさにお客さまの心をつかむものになることを確信しており、利便性の高いサービスの提供と合わせ、お客さまのカーライフをより豊かなものにしていきたいと考えております。

(まとめと編集=webCG藤沢)

関連キーワード:
GLA, GLB, Eクラス セダン, Gクラス, Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 輸入車ブランドに聞きました2021, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLA の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.14 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」がフルモデルチェンジして2代目に生まれ変わった。各ブランドの自信作がひしめき合う激戦区に投入された、メルセデスの最新コンパクトSUVの仕上がりをリポートする。
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る