BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデル

2021.01.26 自動車ニュース
新型「BMW M3セダン」(左)と「M4クーペ」(右)。
新型「BMW M3セダン」(左)と「M4クーペ」(右)。拡大

BMWジャパンは2021年1月26日、高性能スポーツモデルの新型「M3セダン」「M4クーペ」を発表。同日、販売を開始した。納車については同年3月以降を予定している。

 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大
 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大
 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大
 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大
 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大
 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大
 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大
 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大
 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大
 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大
 
BMWが新型「M3」「M4」を日本に導入 サーキット走行も可能な高性能スポーツモデルの画像拡大

高出力の3リッター直6ガソリンターボエンジンを搭載

M3とM4は、BMWのモータースポーツ活動などを担うBMW M社が手がけた、「3シリーズ」および「4シリーズ」をベースとしたハイパフォーマンスモデルである。現在、BMW M社の手になる「M」モデルには、サーキットで培った技術をフィードバックした「Mパフォーマンス」と、本格的なサーキット走行まで想定した「Mハイパフォーマンス」の2種類のシリーズが存在するが、M3とM4は、より高性能な後者に属している。

グレードはM3が「コンペティション」と「コンペティション トラックパッケージ」の2種類、M4がベースグレードと「コンペティション」、「コンペティション トラックパッケージ」の3種類。エンジンはいずれも3リッター直6ツインターボで、圧力損失や流体抵抗を抑えることでレスポンスと吸気効率を高めたインテークダクト、重量を最適化し高回転域まで安定したパワーデリバリーを実現する鍛造ピストン、鋭いスロットルレスポンスを実現するとともに、低回転域から高トルクを発生させるツインターボチャージャーなどの技術が採用されている。

アウトプットは、M4のベースグレードでは最高出力が480PS/6250rpm、最大トルクが550N・m/2650-6130rpm。0-100km/h加速は4.2秒という性能を実現している。一方、コンペティションやコンペティション トラックパッケージに搭載されるものは、最高出力が510PS/6250rpm、最大トルクが650N・m/2750-5500rpmに引き上げられている。これに組み合わされるトランスミッションは、M4のベースグレードのみ6段MT、その他のモデルは8段ATとなっている。

また、ボディーやドライブトレインを構成するパーツについては、アルミニウムを多用することで軽量化を追求。足まわりにはMアダプティブサスペンションを標準装備することで、スポーティーな走りと市街地走行時の快適な乗り心地を実現しているという。ブレーキも強化しており、よりハードなサーキットでの走行を可能とするため、耐熱・耐フェード性能に優れた大径のディスクローターなどからなる、軽量な「6ポッドMコンパウンドブレーキ」を標準装備。オプションで、より耐摩耗性能・耐熱性能を高めた「Mカーボンセラミックブレーキ」も用意している。

サーキットでの走りを追求した硬派なグレードも

デザインの面では、M3、M4ともに、4シリーズから導入が進んでいる縦型の大型キドニーグリルを採用。エンジンの冷却性能を高めるために大型のエアインテークを採用することで、他のモデルとの差別化を図っているという。このほかにも、Mモデル専用となるサイドギル(フロントフェンダー後方のエアアウトレット)やドアミラー、ダウンフォースを高めるためのリアスポイラーを標準装備。リアまわりでは、「Mスポーツエキゾースト」や空力特性を高めるディフューザー、ワイドなトレッドなども両モデルの特徴となっている。

一方インテリアでは、「Mスポーツシート」や「M」のロゴが施されたドアシル、専用デザインのメーターパネル、専用ステアリングホイールなどを装備。オプションで、よりスポーツ走行に適した「Mカーボンバケットシート」も用意している。

このほかにも、充実した運転支援システムもM3、M4の特徴で、ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能や全車速対応型のアクティブクルーズコントロール、車線維持支援機能、パーキングアシスタント、リバースアシスト機能などを標準装備。ただし、サーキット走行を追求したコンペティション トラックパッケージでは、25kgの軽量化のためにこれらの装備は簡素化され、代わりに他グレードではオプション扱いのMドライバーパッケージ、Mカーボンセラミックブレーキ、Mカーボンバケットシートが標準装備される。

価格は以下の通り。

  • M3コンペティション:1324万円
  • M3コンペティション トラックパッケージ:1436万円
  • M4:1298万円
  • M4コンペティション:1348万円
  • M4コンペティション トラックパッケージ:1460万円

(webCG)

関連キーワード:
M3セダン, M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • ポルシェ・タイカン ターボ(前編) 2021.2.18 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。なかでも上位モデルに位置づけられる「タイカン ターボ」の走りを、プロはどう評価する?
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
ホームへ戻る