「ポルシェ・タイカン」に後輪駆動のベーシックモデル

2021.01.28 自動車ニュース
ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカン拡大

ポルシェジャパンは2021年1月28日、電気自動車「タイカン」のモデルラインナップに後輪駆動のベーシックモデルを追加設定し、予約注文受け付けを開始した。

 
「ポルシェ・タイカン」に後輪駆動のベーシックモデルの画像拡大
 
「ポルシェ・タイカン」に後輪駆動のベーシックモデルの画像拡大
 
「ポルシェ・タイカン」に後輪駆動のベーシックモデルの画像拡大
 
「ポルシェ・タイカン」に後輪駆動のベーシックモデルの画像拡大

「ターボS」「ターボ」「4S」に続く第4のモデルとして導入された「タイカン」。前後軸にそれぞれモーターを搭載する他の4WDモデルとは異なり、後軸のみにモーターが備わっているのが特徴だ。

駆動用リチウムイオンバッテリーは容量79.2kWhが標準。リアのモーターはローンチコントロールおよびオーバーブーストモード使用時に最高出力408PSを発生し、0-100km/h加速のタイムは5.4秒、最高速は230km/h、航続可能距離(WLTPモード)は431kmと公表されている。さらに、容量93.4kWhのパフォーマンスバッテリーをチョイスした場合には、モーターの最高出力が476PSに強化されるほか、航続可能距離が484kmにアップ(0-100km/h加速のタイムと最高速は変わらず)。このオプションには最大容量22kWのオンボードチャージャーとカラーヘッドアップディスプレイが含まれている。

エアサスを採用する他のモデルとは異なり、足まわりにはスチールスプリング式サスペンションが標準装備(オプションでエアサスも選択可能)される。ブレーキはフロントに対向6ピストンのアルミ製モノブロックキャリパーと360mmのディスクを、リアには対向4ピストンキャリパーと358mmのディスクを搭載。ホイールは19インチが標準となっており、ブラックのフロントエプロンとサイドシル、リアディフューザーは4Sと同じタイプを装備する。

価格は1171万円。

(webCG)

関連キーワード:
タイカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)/タイカン ターボ(4WD)【海外試乗記】 2020.4.29 試乗記 2020年内にも国内での発売が予定されている、ポルシェ初の量産型EV「タイカン」。欧州の道でステアリングを握った筆者は、その走りの素晴らしさに、歴史あるスポーツカーブランドの真の実力を感じ取ったのだった。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.20 試乗記 大幅改良を受けた「ポルシェ・パナメーラ」のラインナップの中から、最高出力630PSの4リッターV8ターボエンジンを搭載した「ターボS」に試乗。ニュルブルクリンク北コースで“エグゼクティブカー”の最速タイムを記録したという、その実力の一端に触れた。
  • トライアンフ・トライデント660(6MT)【レビュー】 2021.4.14 試乗記 トライアンフのミドル級バイク「トライデント660」が日本上陸。クールなスタイリングと戦略的な価格が目を引く新型モーターサイクルは、乗ってみても思わずほほがゆるむ、極めて魅力的な一台だった。
ホームへ戻る