こんなバイクはもう出ない! あるうちに欲しいヤマハの絶版名車とは?

2021.01.29 デイリーコラム

“寸止めの美学”が生んだ名機

パワー、コーナリング性能、上質さ、快適性、安全性……と、バイクに求められる要件は数限りない。それをクリアするため、常になにかをプラスしながら進化してきた。

ただし、なにごとにも適量もしくは限度というものがあって、あれもこれもそれもと手を尽くし、尽くされると飽和状態になる。ブームの始まりと終わりは、この繰り返しといってもいいが、行き過ぎることなく、寸止めの美学をよく知っているのがヤマハだ。

その象徴が、「SR」(1978年発売)であり、「セロー」(1985年発売)だ。いずれも空冷単気筒エンジンをコンパクトな車体に搭載し、SRは同クラスのモデルが最高出力40PSオーバーを競い合うなか、27PSのスペックで登場。セローはオフロードモデルが飛んだり跳ねたりと先鋭化するなか、2輪+2足で漕(こ)ぐように進む、極低速性能を重視して送り出された。

亜流ゆえに数の上では決して大ヒットではない。それどころか幾度もカタログ落ちの危機に直面しながらも継続。時代や人々の嗜好(しこう)が変化しても、ブレることなく在り続けた稀有(けう)なモデルだ。

SRはフロントホイール径が変わったり、499cc版が消滅して399ccのみになったり、キャブレターがインジェクション化されるといった変化こそあれ、スタイルは43年間ほぼ不変だ。セローも223ccから249ccへ排気量が上がり、その時に外観が刷新された以外は35年にわたってキープコンセプトを貫いた。

40年以上におよぶ「ヤマハSR」史の最後を飾る「SR400ファイナルエディション」は、2021年3月に発売される。価格は60万5000円。
40年以上におよぶ「ヤマハSR」史の最後を飾る「SR400ファイナルエディション」は、2021年3月に発売される。価格は60万5000円。拡大
「SR400ファイナルエディション」とともに販売される1000台の限定車「SR400ファイナルエディション リミテッド」(74万8000円)のサイドカバー。この血筋を受け継ぐモデルは再びつくられるだろうか。
「SR400ファイナルエディション」とともに販売される1000台の限定車「SR400ファイナルエディション リミテッド」(74万8000円)のサイドカバー。この血筋を受け継ぐモデルは再びつくられるだろうか。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • ヤマハ・トリシティ300(CVT)【レビュー】 2021.1.26 試乗記 フロントに2つのタイヤが付いた、ちょっと変わったオートバイ。ヤマハが提案する新型三輪モデル「トリシティ300」に乗ったなら、普通の二輪車とはかなり違ったバイクライフが送れるに違いない。
  • さらば“二輪二足”の名車! 千葉の山奥で「ヤマハ・セロー」の復活を願う 2019.12.23 デイリーコラム 多くのライダーを山へといざなったオフロードバイクの名車「ヤマハ・セロー」が、ついに生産終了に。一筋縄ではいかなかったという誕生までの経緯と、改良に携わったエンジニアの言葉から、長年にわたり愛される商品に不可欠な“条件”を探った。
  • カワサキW800ストリート(MR/5MT)【レビュー】 2019.11.5 試乗記 一度はカタログから消えた「カワサキW800」が、大がかりな仕様変更を受けてカムバック。カスタムバイクを思わせるクールな「ストリート」モデルは、その乗り味も若々しさにあふれていた。
  • ヤマハSR400(MR/5MT)【レビュー】 2019.3.2 試乗記 一時は販売中止に至るも、みごと復活を遂げた「ヤマハSR400」。排ガス対策が施された最新型は、走りに制約を受けるどころか、驚くほど官能的なライディングを楽しめるオートバイになっていた。
ホームへ戻る