第200回:色即是空のカーマニア道

2021.02.15 カーマニア人間国宝への道

マイチェンで走りは変わったのか?

「ポルシェ・タイカン」だ「GRヤリス」だと、さまざまな超ど級マシンで夜の首都高に出撃している今日この頃だが、実は私は、もっと落ち着いた穏やかなクルマが好きである。バカでもわかる大パワーもいいが、本当はじわ~っと良さが伝わるようなシブ~いクルマが大好物なのである。

打ってつけのクルマに乗る機会がやってきた。マイナーチェンジを受けた「マツダ3ファストバック」の「15S」で、6段MT車だ。傑作との誉れ高いあのデザインに、最もショボい1.5リッター直4の「スカイアクティブG」を積み、トランスミッションは6段MT、タイヤは16インチ、お値段222万1389円(車両本体価格)。まさに良識のカタマリだ。これぞカーマニアにしかわからない色即是空の世界。

マツダ3といえば、1年半前の登場時は、期待が高すぎたせいでスカだった。マツダがあれだけ自信満々で送り出した割に、サスペンションがしなやかに動かず、路面の凹凸でポンポン跳ねて不快だった。今回のマイナーチェンジでは、そのあたりも改善されたという。

どんなもんかと思って走りだすと、おおっ、確かに改善されている! しとやかに走るぜ! じわ~っといいじゃないか! これならカーマニアとして合格点を出せる。

カチカチ決まる6段MTのフィーリングは、「ロードスター」よりも気持ちいいくらいである。エンジンはさすがに非力だが、よくできた6段MTを駆使し、乏しいパワーを有効に使うヨロコビもまたカーマニア的に奥深い。インテリアの質感も高く、安グルマに乗っている感覚はゼロ。これぞ真の貴族カーかもしれない。うむう、コイツで夜の首都高に出撃せずにおらりょうか。

最近ハイパワーな車両の試乗リポートが続いたが、今回首都高に連れ出したのはマイナーチェンジを受けた「マツダ3ファストバック15S」の6段MT車。1.5リッター直4の「スカイアクティブG」を搭載する同モデルの場合、FF車にのみMTが設定される。
最近ハイパワーな車両の試乗リポートが続いたが、今回首都高に連れ出したのはマイナーチェンジを受けた「マツダ3ファストバック15S」の6段MT車。1.5リッター直4の「スカイアクティブG」を搭載する同モデルの場合、FF車にのみMTが設定される。拡大
超高速のギアチェンジをかますオレ。最高出力111PSの1.5リッター直4エンジンにも6段MTを用意するあたり、マツダはカーマニアのことをわかってくれている。
超高速のギアチェンジをかますオレ。最高出力111PSの1.5リッター直4エンジンにも6段MTを用意するあたり、マツダはカーマニアのことをわかってくれている。拡大
首都高で試乗した「マツダ3ファストバック15S」。1.5リッター直4に6段MTを組み合わせ、タイヤは16インチでお値段222万1389円(車両本体価格)とは、まさに良識のカタマリである。
首都高で試乗した「マツダ3ファストバック15S」。1.5リッター直4に6段MTを組み合わせ、タイヤは16インチでお値段222万1389円(車両本体価格)とは、まさに良識のカタマリである。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

マツダ マツダ3ファストバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダンX Lパッケージ/マツダ3ファストバックXD Lパッケージ【試乗記】 2021.2.10 試乗記 マツダのCセグメントハッチバック/セダン「マツダ3」が、発売から1年半を経て初の商品改良を受けた。外見は(ほぼ)そのままに中身を磨き上げたという今回の改良は、クルマにどのような進化をもたらしたのか? 開発者から聞いた“狙い”とともに報告する。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • またも欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞! 「トヨタ・ヤリス」がヨーロッパで絶好調な理由 2021.3.15 デイリーコラム 並み居る強豪を押しのけて、「トヨタ・ヤリス」が欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞! 販売ランキングでもトップに立つなど、大人気となっている。EVブームが報じられるかの地で、ヤリスが好評を博しているその理由は? イタリア在住の大矢アキオが語った。
  • ホンダN-ONEオリジナル(FF/CVT)【試乗記】 2021.3.6 試乗記 往年の名車「N360」に込められたスピリットを受け継ぐ、ホンダの軽「N-ONE」。その新型に試乗した筆者は、これまで軽乗用車に抱いてきたイメージを覆すほどの、モノとしての完成度の高さに驚かされたのだった。
  • ホンダN-ONE RS(FF/6MT)【試乗記】 2021.3.3 試乗記 ボディーパネルの大半をキャリーオーバーという前代未聞のフルモデルチェンジを果たした「ホンダN-ONE」。となると、中身のブラッシュアップに相当な熱意が込められていると考えるのが自然だろう。新規設定されたターボエンジン×6段MT仕様に試乗した。
ホームへ戻る