第694回:脱“旦那仕様”? 「フィアット・ティーポ」の若返り作戦に密着

2021.02.18 マッキナ あらモーダ!

実は売れていた

日本ではオリンピックにまつわる「組織幹部の年齢」が、にわかに旬のワードになってしまった。

いっぽうで、イタリアのクルマ界において、意外なかたちで“若返り”を試みたモデルがある。

フィアットのCセグメント車である2代目「ティーポ」の改良型、つまりマイナーチェンジである。日本未導入モデルだ。

もともと2代目ティーポの欧州版は、合弁生産元であるトルコのトファシュで生産されている「フィアット・エジア」をベースとしている。

イタリアで2015年に投入された当初は、本欄第428回で紹介しているとおりセダンのみだった。翌2016年に5ドアとステーションワゴンが追加された。

2代目ティーポ以前におけるサイズ大きめフィアット車史からして「成功は容易ではないだろう」という筆者の予想に反し、この2代目ティーポは意外にも売れた。

イタリアでは2018年の新車登録台数で、「フィアット500」より上となる8位(4万0337台)に入った。

メーカーによれば2019年までに欧州4カ国で販売トップ10入りを果たし、70%以上がイタリア国外で売れた。2019年2月には前述のトルコ工場で50万台目がラインオフ。2019年秋には通算生産台数が67万台に達している。

付け加えれば、トルコ工場からはこのティーポをメキシコ市場向けに、懐かしい「ダッジ・ネオン」の名前を冠して船積みしている。

イタリアの街なかにおける「フィアット・ティーポ5ドア」の初期型。2020年1月、ピストイア市役所前で筆者撮影。
イタリアの街なかにおける「フィアット・ティーポ5ドア」の初期型。2020年1月、ピストイア市役所前で筆者撮影。拡大
初期型「フィアット・ティーポ」の「ステーションワゴン」。2021年1月、シエナ外国人大学本部前で筆者撮影。
初期型「フィアット・ティーポ」の「ステーションワゴン」。2021年1月、シエナ外国人大学本部前で筆者撮影。拡大
2020年2月、トルコ工場では50万台目となる「ティーポ」のラインオフを祝った。
2020年2月、トルコ工場では50万台目となる「ティーポ」のラインオフを祝った。拡大
メキシコでは「ダッジ・ネオン」として販売されている。
メキシコでは「ダッジ・ネオン」として販売されている。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。20年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

フィアット の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事