新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上

2021.02.16 自動車ニュース
新型ポルシェ911 GT3
新型ポルシェ911 GT3拡大

独ポルシェは2021年2月16日(現地時間)、新型「911 GT3」を発表した。

 
新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上の画像拡大
 
新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上の画像拡大
 
新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上の画像拡大
 
新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上の画像拡大
 
新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上の画像拡大
 
新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上の画像拡大
 
新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上の画像拡大
 
新型「ポルシェ911 GT3」がデビュー 空力性能が大幅に向上の画像拡大

フロントにダブルウイッシュボーンを採用

ポルシェ911 GT3は996型で初めて設定された911のハイパフォーマンスバージョンである。数ある911のスペシャルモデルの中でも、最もサーキットパフォーマンスを重視したというポジションに位置づけられている。

新型でまず注目すべきはドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムだ。全長20.8kmのコースを先代モデルよりも17秒以上速い6分59秒927で周回。このタイムは開発の最終段階で開発ドライバーのラース・カーンが計時したため、特別な記録更新イベントを催す必要がなかったという。

パワーユニットは自然吸気の4リッター水平対向6気筒エンジン。先代モデルよりも10PSと10N・m強力な最高出力510PS/8400rpm、最大トルク470N・m/6100rpmを発生し、レブリミットは9000rpmに設定されている。吸気系にはモータースポーツ譲りの6バレルのスロットルバルブを採用。2基のガソリンパティキュレートフィルターを搭載しながらも、スポーツエキゾーストシステムは先代モデルよりも軽量化されているという。トランスミッションは7段のデュアルクラッチ式AT「PDK」に加えて、オートブリッピング機能付きの6段MTもラインナップ。後輪のみの駆動ながら7段PDKモデルは0-100km/h加速のタイムが3.4秒で最高速が318km/h、6段MTモデルは同3.9秒、同320km/hと公表されている。

フロントアクスルにはミドシップのレーシングマシン「911 RSR」譲りとなるダブルウイッシュボーン式サスペンションを911の市販モデルとして初めて採用。リアはノーマルの911と同じマルチリンク式ながら、高いストレスを受けるロワウイッシュボーンにボールジョイントを追加し、ホイールガイドの精度を高めている。また、高速走行時のスタビリティーと低速時の旋回性能を高めるリアアクスルステアシステムも搭載。フロントブレーキはディスク径が先代の380mmから408mmに拡大された一方で、重量は17%低減。センターロック式の鍛造アロイホイールとともに回転質量の低下にも寄与している。

軽量化はブレーキディスクやホイールにとどまらず、ボンネットとリアのウイングおよびスポイラーはCFRP製パーツとしたほか、すべてのウィンドウに軽量ガラスを採用。軽量ステンレススチール製スポーツエキゾーストシステムや先代モデルよりも10kg軽いというスターターバッテリーも合わせて、2.8kg/PSというパワーウェイトレシオを実現している。

エアロダイナミクス性能にも911 RSR譲りのテクノロジーが投入され、リアディフューザーおよびフロントディフューザー、ワイドなリップスポイラーの相互作用により、フルクラッド化したアンダーボディーが生み出す最大ダウンフォース量は先代モデルの4倍に到達。車両全体の最大ダウンフォース量は先代モデルよりも50%アップしているほか、スワンネックマウントのリアウイングをパフォーマンスポジション(サーキット専用)に設定すると200km/h走行時のダウンフォース量が150%アップするという。

本格的なサーキット走行向けに無償オプションの「クラブスポーツパッケージ」を設定。フロントシート後方の認定ロールケージや運転席の6点式シートベルト、モータースポーツ用ハンディー消火器、バッテリーディスコネクトスイッチなどが組み合わされている。

日本市場への導入時期や価格については、2021年4月ごろに発表される見込みだ。

(webCG)

新型「ポルシェ911 GT3」の詳しい写真はこちら

関連キーワード:
911, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(WANNA DRIVE/KOA SPEED) 2021.4.10 画像・写真 アメリカンV8を搭載した「ポルシェ911」に、排気量7リッターの「シボレー・カマロZ28」!?  オートモビル カウンシルの会場から、他の展示車両とは一味違うWANNA DRIVEとKOA SPEEDの出展車両を紹介する。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • 進むEVの価格破壊! テスラは自動車の世界を変えるのか? 2021.4.9 デイリーコラム 主力車種「モデル3」を大幅値下げを断行し、3年以内には価格2万5000ドルほどのEVも新規投入するというテスラ。そうした攻めの戦略は、ユーザーのEV意識や自動車業界の勢力図を大きく変えるのか? 識者はこう考える。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
ホームへ戻る