マクラーレンがV6ハイブリッド搭載の新型スポーツカー「アルトゥーラ」を発表

2021.02.17 自動車ニュース
マクラーレン・アルトゥーラ
マクラーレン・アルトゥーラ拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2021年2月17日(現地時間)、新型ハイブリッドスポーツモデル「Artura(アルトゥーラ)」を、オンラインで発表した。

 
ひと目でマクラーレン車だと分かる特徴的なエクステリアデザインが採用された「アルトゥーラ」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4539×1913×1193mm、ホイールベースは2640mmと発表されている。
ひと目でマクラーレン車だと分かる特徴的なエクステリアデザインが採用された「アルトゥーラ」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4539×1913×1193mm、ホイールベースは2640mmと発表されている。拡大
最高出力585PSのV6ツインターボエンジンに、同95PSのモーターを組み合わせたハイブリッドパワートレインをマクラーレンの市販量産モデルとして初めて搭載。
最高出力585PSのV6ツインターボエンジンに、同95PSのモーターを組み合わせたハイブリッドパワートレインをマクラーレンの市販量産モデルとして初めて搭載。拡大
カーボンファイバーとアルミニウムが用いられた軽量なボディーも「アルトゥーラ」の特徴。ハイブリッドパワートレインを搭載しながら、乾燥重量は1395kgと、ガソリンエンジンを搭載する同クラスのスーパースポーツ並みに抑えられている。
カーボンファイバーとアルミニウムが用いられた軽量なボディーも「アルトゥーラ」の特徴。ハイブリッドパワートレインを搭載しながら、乾燥重量は1395kgと、ガソリンエンジンを搭載する同クラスのスーパースポーツ並みに抑えられている。拡大
「アルトゥーラ」のインテリア。必要な操作系がメーターナセル周囲とステアリングコラムに配置されているため、ステアリングホイールにスイッチなどは備わっていない。
「アルトゥーラ」のインテリア。必要な操作系がメーターナセル周囲とステアリングコラムに配置されているため、ステアリングホイールにスイッチなどは備わっていない。拡大
新開発された軽量な一体型シェルの「クラブスポーツシート」を採用。オプションで6点式シートベルトを組み合わせることもできる。
新開発された軽量な一体型シェルの「クラブスポーツシート」を採用。オプションで6点式シートベルトを組み合わせることもできる。拡大
5個のリチウムイオンモジュールで構成されるバッテリーパックを、キャビン後方に配置。3リッターV6ツインターボエンジンはリアミドに搭載されている。
5個のリチウムイオンモジュールで構成されるバッテリーパックを、キャビン後方に配置。3リッターV6ツインターボエンジンはリアミドに搭載されている。拡大
「アルトゥーラ」は、0-100km/h加速3.0秒、0-200km/h加速8.3秒、最高速度330km/hというパフォーマンスが発表されている。
「アルトゥーラ」は、0-100km/h加速3.0秒、0-200km/h加速8.3秒、最高速度330km/hというパフォーマンスが発表されている。拡大
「アルトゥーラ」には5年間の車両保証のほか、6 年間のバッテリー保証が備わる。
「アルトゥーラ」には5年間の車両保証のほか、6 年間のバッテリー保証が備わる。拡大

ハイブリッド専用ボディーを開発

今回のアルトゥーラは、同社の市販量産モデルでは初となる3リッターV6ツインターボエンジンに電動モーターを組み合わせた「ハイパフォーマンス・ハイブリッド(HPH)」パワートレインを搭載。V6ツインターボエンジンはリッターあたり200PSに迫る最高出力585PS、最大トルク585N・m、モーターは同95PS、同225N・mを発生し、合計でマクラーレンのV8ツインターボエンジンに並ぶ最高出力680PS、最大トルク720N・mの実力を誇る。

外部充電が可能なHPHを構成するバッテリーの重量は88kg、モーターは15.4kgで、電気系統で使用される配線の重量も削減。HPHの総重量は、わずか130kgにとどまる。また、ドライサンプ式のアルミニウム製V6エンジンは、マクラーレンのV8エンジンよりも50kg軽い160kgと発表されている。

新しいHPHを搭載するボディーは、「マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)」と呼ばれるもので、同車はこの設計コンセプトを採用する最初のモデルとなる。ボディーにはカーボンファイバーとスーパーフォームド(成形)アルミニウムが用いられ、HPH専用に最適化されているという。ボディーの製造は従来のモデルと同じく、マクラーレン・コンポジット・テクノロジーセンター(MCTC)で行われる。

曲面で構成された特徴的なエクステリアデザインは、ひと目でマクラーレンだと分かる要素を取り入れた従来モデルの進化版と言えるもの。「シュリンクラップドデザイン」と呼ばれるミドシップスーパースポーツらしいプロポーションとルックスは、「機能のためのフォルム」というマクラーレンのデザイン理念から生まれたものだとアナウンスされている。

パワーと環境性能を両立

ボディーやパワートレインの軽量化によって、アルトゥーラの乾燥重量は1395kg(DIN値)に抑えられている。この数値はハイブリッドパワートレインを搭載しない同クラスのスーパースポーツと同等。パワーウェイトレシオはクラストップの488PS/tとなる。

軽量化はパフォーマンスの面でも有利に働き、0-100km/h加速は3.0秒、0-200km/h加速は8.3秒、最高速度は制限付きであるものの330km/hを記録するという。EV走行時の最高速度は130km/hとなる。

こうしたパフォーマンスを誇るいっぽうで、マクラーレン史上最高の燃費性能も実現。WLTPの燃費値は5.5リッター/100km(約18.1km/リッター)、CO2排出量は129g/kmとなり、一充電あたり30kmのEV走行が行えると発表されている。標準的なEVSEケーブルを用いた場合、2時間半でバッテリーの約80%が充電できる。

先進運転支援システムを初採用

コックピットはこれまで以上にドライバー中心の空間に設計されている。インストゥルメントパネルはステアリングコラムに組み合わされているため、ステアリングホイールの調整時には、連動して位置を変える。同様に走行モードのセレクターもメーターナセルに組み込まれ、ステアリングホイールからから手を離さずに調節できるようになった。必要な操作系をメーターナセル周囲とステアリングコラムに配置したため、アルトゥーラのステアリングホイールには一切スイッチがない。

走行モードは4種類から選択できる。「E」モードは電気のみを使うゼロエミッション走行となり、「Comfort」モードは走行距離と効率性を最大化するためストップ&スタートモードの作動を拡張し、40km/h未満ではエンジンを停止する。「Sport」と「Track」モードは、低速域のレスポンス向上と加速のために電力を積極的に使用。前者は一般道での走行を、後者はサーキットなどでの走行を視野に入れている。またこれらとは別に用意されている「ハンドリング」モードでは、ドライバーの好みや天候、路面状況に合わせて、ダンパーの硬さや電子制御スタビリティーコントロールの介入を調節・設定することができる。

オプションでマクラーレン初となるADAS が設定されているのも同車の特徴だ。ストップ&ゴー機能付きインテリジェントアダプティブクルーズコントロール、レーンデパーチャーウォーニング、ハイビームアシスト、ロードサインレコグニションなどが選択できる。ADASとインフォテインメントは、常に最新のシステムが利用できるようにアップデートが行える。

アルトゥーラの英国での価格は18万5500ポンド(邦貨にしておよそ2730万円)、納車は2021年の第3四半期に開始される予定。

(webCG)

「マクラーレン・アルトゥーラ」の詳しい写真はこちら

関連キーワード:
アルトゥーラ, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・アルトゥーラ 2021.4.13 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブは2021年4月13日、新型PHEV「マクラーレン・アルトゥーラ」の実車を日本で初披露した。V6ツインターボとモーターを組み合わせ、システム最高出力680PSを誇るアルトゥーラの姿を写真で紹介する。
  • マセラティが新型ハイパースポーツカー「MC20」を含む2021年モデルの概要を発表 2021.4.14 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2021年4月14日、新型のハイパースポーツカー「MC20」や、マセラティ史上初となるハイブリッドパワーユニットを搭載したスポーツセダン「ギブリ ハイブリッド」を含む2021年モデルのラインナップと国内価格を発表した。
  • マクラーレン・アルトゥーラ 2021.2.17 画像・写真 英マクラーレン・オートモーティブは2021年2月17日(現地時間)、新型ハイブリッドスポーツモデル「Artura(アルトゥーラ)」を発表した。システム出力680PSを誇る、外部充電が可能なハイブリッドパワートレインを搭載したアルトゥーラの姿を写真で詳しく紹介する。
  • シトロエンの新たなフラッグシップモデル「C5 X」がデビュー 2021.4.12 自動車ニュース ステランティスは2021年4月12日(現地時間)、シトロエンブランドの新たなフラッグシップモデル「C5 X」を世界初公開した。サルーンとステーションワゴンを組み合わせた独創的なファストバックボディーを採用している。
  • フェラーリのオープンPHEV「SF90スパイダー」上陸 14秒で動作が完了する電動ハードトップを搭載 2021.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2021年4月2日、オープントップPHEV「SF90スパイダー」の日本導入を発表した。オープン/クローズのアクションがそれぞれわずか14秒で完了するリトラクタブルハードトップを採用している。
ホームへ戻る