数値よりも感覚を重視

ボディー同色のグリルは、グリルレス的な顔立ちの「フィット」とのイメージの連続性という狙いもあれば、電動化時代を見据えてその存在感を徐々に弱めたいという思惑もあるのだろう。違和感のある人向けにはホンダアクセスがドレスアップパーツとして用意するブラックグリルを装着するという術(すべ)もあるが、個人的には新しさがうまく表現できていると思った。
「デザインはシンプルでクリーンなことを意識しました。前席はもちろん後席にも、乗る人すべてにきちんとドライブの爽快さや開放感を味わってもらいたいという思いがあって、パッケージ担当者も交えながらプロポーションやキャビンの形状をしっかり検討しています」

背高を売りにするSUVは車体側面が平板で分厚く見える傾向があり、視覚的にそれを抑えるべくフェンダーアーチやサイドシルを大きくブラックアウトしたり、アクティブに見せようとグリーンハウスを大胆にキックアップさせたりというグラフィカルな技が盛り込まれがちだ。

が、新型ヴェゼルはあっさりと水平基調でストレートにシルエットが構成されている。Aピラーはやや後方に引いているものの、キャビンや荷室の広さといった美点はしっかり受け継がれており窮屈さは感じない。後席に座ると水平な窓枠が側方から前方への景色をすっきりと見せてくれるだけでなく、グラスルーフを持つグレードならば見上げずとも上方の景色が自然と視界に入ってきて気持ちがいい。
「新しいヴェゼルは、数値的な優劣というよりも、実際の居心地や使い勝手をいいものにするというところにこだわってます。これは前型を所有した経験が生きましたね」

とおっしゃる岡部さんに、初代のチャームポイントとウイークポイントを尋ねてみる。
「初代はSUVにしてクーペのようなパーソナル感とミニバンのようなユーティリティーを実現するというコンセプトを持っていましたが、これはユーザーの皆さんにおおむね受け入れられたのではと思っています。一方でDCTのドライバビリティーや乗り心地の粗さなどを指摘されることもあり、熟成とともに手を加えてきました。新型では初代の美点はそのままに、動的面ではパワートレインの非力感の払拭(ふっしょく)や音・振動面などの進化に注目いただければと思いますね」

ずんぐりした印象の初代と異なる、クーペSUVのスタイリングが与えられた新型「ヴェゼル」。スペックは未公表ながら、実際の大きさは新旧でほぼ同じという。
ずんぐりした印象の初代と異なる、クーペSUVのスタイリングが与えられた新型「ヴェゼル」。スペックは未公表ながら、実際の大きさは新旧でほぼ同じという。拡大
新型「ヴェゼル」の概要を説明する岡部さん。先代については、後席の快適性について改善を求める声が多く寄せられたため、特に意識して開発にあたったそうだ。
新型「ヴェゼル」の概要を説明する岡部さん。先代については、後席の快適性について改善を求める声が多く寄せられたため、特に意識して開発にあたったそうだ。拡大
こちらはホンダアクセスの純正オプションを装着した新型「ヴェゼル」。「アーバンスタイル」「カジュアルスタイル」をキーワードに、さまざまなアイテムが販売される予定だ。
こちらはホンダアクセスの純正オプションを装着した新型「ヴェゼル」。「アーバンスタイル」「カジュアルスタイル」をキーワードに、さまざまなアイテムが販売される予定だ。拡大
ホンダ ヴェゼル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダがコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型を世界初公開 2021.2.18 自動車ニュース 本田技研工業は2021年2月18日、コンパクトSUV「ヴェゼル」の新型を世界初公開した。クーペライクなデザインをまとう2代目ヴェゼルは、ガソリンエンジン車とハイブリッド車がラインナップされており、同年4月に発売される。
  • 息苦しい時代の福音となるか!? 新型「ホンダ・ヴェゼル」はどんな思いでつくられた? 2021.2.19 デイリーコラム 2021年4月の発売に先立ち、同年2月18日に概要が発表された新型「ホンダ・ヴェゼル」。実績のあるコンパクトSUVでありながら、モデルチェンジで大胆に見た目を変えたのはなぜか? 新型開発にかける思いをキーマンに聞いた。
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
ホームへ戻る