日産GT-Rプレミアムエディション(前編)

2021.03.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画「池沢早人師の恋するニューモデル」。今回は誕生から50年以上の歴史を誇り、和製ハイパフォーマンスモデルとして進化を続ける「日産GT-R」を題材に、その印象を語ってもらった。

進化を感じる仕上がり

現在日産がラインナップする最新のGT-Rは、エンジンやサスペンション、トランスミッションのプログラミング、ブレーキシステムなど全方位にわたりブラッシュアップした2020年モデル。「速さの質」を追求すべく、これまで同社が培ってきたレーステクノロジーを投入し、さらなる深化を目指したという。

今回、池沢早人師先生がステアリングを握るのは「プレミアムエディション」。セミアニリン本革シートやナッパレザーのインストゥルメントパネルをセットとする「ファッショナブルインテリア」がオプション設定された上級グレードだ。いっぽう、フロントに積まれる最高出力570PS、最大トルク637N・m を発生する3.8リッターV6ツインターボや4WDのシャシーなど、パワートレインは他のGT-Rと変わらない。

都内から箱根のワインディングロードまでこのGT-Rを走らせた池沢先生に、早速感想をうかがってみた。

最新GT-Rの走りをどのように感じられましたか?
「従来モデルよりも全体的に良くなってますね。その仕上がりには、どことなく『ルーフCTR2』を思わせるものがあります」

ルーフのCTR2ですか!
「はい、まずはそう感じました。僕はR32の『スカイラインGT-R』に乗っていた時期があって、その後R35のGT-Rにも興味があったので、購入前提で試乗したんですよ。中央高速をズバーンとね。でも、足が硬いのはいいのですがハードなだけで一体感がイマイチ。サウンドもさほど魅力的ではなく、むしろそのとき乗っていった『マセラティ・グラントゥーリズモ』のほうがいいじゃん! と思って終わったのですが、最新モデルの足は、熟成され完成度がかなり上がっていますね。非常にしなやかです」

今回、箱根のワインディングロードに連れ出した「日産GT-Rプレミアムエディション」は、オプションのボディーカラー「ワンガンブルー」をまとった最新の2020年モデル。車両本体価格は1232万9900円。
今回、箱根のワインディングロードに連れ出した「日産GT-Rプレミアムエディション」は、オプションのボディーカラー「ワンガンブルー」をまとった最新の2020年モデル。車両本体価格は1232万9900円。拡大
「GT-R」は、1969年の「スカイライン2000GT-R」(PGC10)から続く伝統のネーミング。2019年4月に内外装をブラッシュアップした2020年モデルと、誕生50周年記念の特別仕様車「50th Anniversary」がそろって発表された。
「GT-R」は、1969年の「スカイライン2000GT-R」(PGC10)から続く伝統のネーミング。2019年4月に内外装をブラッシュアップした2020年モデルと、誕生50周年記念の特別仕様車「50th Anniversary」がそろって発表された。拡大
【日産GT-Rプレミアムエディション】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570PS(419kW)/6800rpm/最大トルク:637N・m(65.0kgf・m)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40ZRF20 101Y/(後)285/35ZRF20 104Y(ダンロップSP SPORT MAXX GT 600 DSST CTT)/燃費:7.8km/リッター(WLTCモード)/価格:1232万9900円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:345.5km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:57.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.1km/リッター(満タン法)/6.3km/リッター(車載燃費計計測値)
【日産GT-Rプレミアムエディション】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570PS(419kW)/6800rpm/最大トルク:637N・m(65.0kgf・m)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40ZRF20 101Y/(後)285/35ZRF20 104Y(ダンロップSP SPORT MAXX GT 600 DSST CTT)/燃費:7.8km/リッター(WLTCモード)/価格:1232万9900円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:345.5km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:57.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.1km/リッター(満タン法)/6.3km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMOスペシャルエディション 2021.4.14 画像・写真 日産自動車は2021年4月14日、同年10月に発売予定のハイパフォーマンスモデル「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」を先行公開した。同時に披露された、日本マクドナルドとのコラボレーションモデルとあわせ、その姿を写真で紹介する。
  • より高精度なエンジンを搭載した「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」登場 2021.4.14 自動車ニュース ハイパフォーマンスカー「日産GT-R NISMO」の2022年モデルと、これをベースとする特別仕様車「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」が登場。両モデルとも、2021年10月の発売が予定されている。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • アウディRS Q8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.7 試乗記 全長5m、全幅2mという巨大なボディーに、圧倒的なパワーを発する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS Q8」。重厚長大という言葉を地でいく巨大で豪速なハイパフォーマンスSUVは、得も言われぬ“勝ち組”感に包まれていた。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
ホームへ戻る