日産GT-Rプレミアムエディション(後編)

2021.03.28 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師による「日産GT-Rプレミアムエディション」の試乗リポート後編。前回、「速いし足も高次元に進化したが、刺激的ではない」と評した走りについて、より詳しく語ってもらった。

エンジンの主張を感じたい

かつて「スカイラインGT-R(R32)」を自宅ガレージに収めたこともある池沢早人師先生。日産GT-Rの2020年モデルの試乗後に、「進化を重ねていった結果、例えるならそれは『ルーフCTR2』と同じで、ただ速いクルマになった」という意外なコメントが発せられた。

ただ速く、刺激が少ないというあたりを詳しくうかがえますか。
「僕自身はGT-Rでドイツのアウトバーンを走ったことはないのですが、以前どこかで『最新のGT-Rは250km/hでの巡航中も助手席の人と会話ができる』という旨の記事を目にしました」

はい、従来モデルとは異なるポイントですね。
「ええ。それはもちろん素晴らしいことだと思います。しかし裏を返せば、走りに関してはエキゾーストサウンドを含め、“刺激が少ない”ということでもありますよね。人は、隣の人と楽しくおしゃべりするためにスポーツカーを買うわけではないですから」

確かに、たまにはおしゃべりもしたいですが、「主たる目的」ではありませんね。
「ですから、クールに速いCTR2と方向性が似ているな、と。まぁアフターマーケットで販売されているマフラーなどを装着すれば、(エキゾースト)サウンド的にもそそられる部分が出てくるのではないかと思いますけど」

もっとエモーショナルであってもいいという部分ですね。参考までに、GT-RプレミアムエディションのマフラーはFUJITSUBOの電子制御バルブ付きチタン合金製マフラーです。
「個人的にはこの素晴らしく進化を遂げたエンジンの存在を主張するような、もっとパンチのあるエキゾーストサウンドが好みなので……日常使用を念頭に置いたであろうプレミアムエディションのそれは、僕の求めるものとは少し方向性が違っているということなのかもしれません」

今回、池沢早人師先生が試乗した「GT-Rプレミアムエディション」。最新の2020年モデルにおいては「速さの質」を重視した改良が行われ、その変更内容はパワートレインからシャシーやブレーキシステム、マフラーなど多岐に及んでいる。
今回、池沢早人師先生が試乗した「GT-Rプレミアムエディション」。最新の2020年モデルにおいては「速さの質」を重視した改良が行われ、その変更内容はパワートレインからシャシーやブレーキシステム、マフラーなど多岐に及んでいる。拡大
「GT-Rプレミアムエディション」では、FUJITSUBOの電子制御バルブ付きチタン合金製マフラーが採用されている。職人が手加工で組み立て溶接することで、美しい仕上がりを実現したという。
「GT-Rプレミアムエディション」では、FUJITSUBOの電子制御バルブ付きチタン合金製マフラーが採用されている。職人が手加工で組み立て溶接することで、美しい仕上がりを実現したという。拡大
【日産GT-Rプレミアムエディション】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570PS(419kW)/6800rpm/最大トルク:637N・m(65.0kgf・m)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40ZRF20 101Y/(後)285/35ZRF20 104Y(ダンロップSP SPORT MAXX GT 600 DSST CTT)/燃費:7.8km/リッター(WLTCモード)/価格:1232万9900円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:345.5km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:57.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.1km/リッター(満タン法)/6.3km/リッター(車載燃費計計測値)
【日産GT-Rプレミアムエディション】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4710×1895×1370mm/ホイールベース:2780mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:3.8リッターV6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:570PS(419kW)/6800rpm/最大トルク:637N・m(65.0kgf・m)/3300-5800rpm/タイヤ:(前)255/40ZRF20 101Y/(後)285/35ZRF20 104Y(ダンロップSP SPORT MAXX GT 600 DSST CTT)/燃費:7.8km/リッター(WLTCモード)/価格:1232万9900円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:345.5km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:57.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.1km/リッター(満タン法)/6.3km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMOスペシャルエディション 2021.4.14 画像・写真 日産自動車は2021年4月14日、同年10月に発売予定のハイパフォーマンスモデル「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」を先行公開した。同時に披露された、日本マクドナルドとのコラボレーションモデルとあわせ、その姿を写真で紹介する。
  • より高精度なエンジンを搭載した「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」登場 2021.4.14 自動車ニュース ハイパフォーマンスカー「日産GT-R NISMO」の2022年モデルと、これをベースとする特別仕様車「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」が登場。両モデルとも、2021年10月の発売が予定されている。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • アウディRS Q8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.7 試乗記 全長5m、全幅2mという巨大なボディーに、圧倒的なパワーを発する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS Q8」。重厚長大という言葉を地でいく巨大で豪速なハイパフォーマンスSUVは、得も言われぬ“勝ち組”感に包まれていた。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
ホームへ戻る