第697回:【Movie】3.8リッター波動エンジン搭載! 大矢アキオが「日産GT-R50 by Italdesign」を試す

2021.03.11 マッキナ あらモーダ!

名門デザイン会社の新ビジネス

イタリア・トリノのイタルデザイン本社から「日産GT-R50 by Italdesign」に乗ってみませんかとの誘いが届いた。

「日産GT-R NISMO」をベースに、日産とイタルデザインが共同開発したこのスペシャルモデルの概要は、すでに本サイトで紹介されているので、そちらをご覧いただこう。

誕生するまでの経緯を振り返ってみる。

イタルデザインは2015年にフォルクスワーゲン(VW)グループの完全な傘下となった。より詳しく言うと組織内ではアウディのオペレーション下にある。

翌2016年、イタルデザインの新規事業として社内に超限定生産部門「ウルトラ・リミテッド・シリーズ・プロダクションズ(ULSP)」が立ち上がる。1968年の創業以来培ってきたプロトタイプや少量モデルの生産技術を駆使し、ブランドを問わず、選ばれた顧客のために車両を製作・提供するサービスである。

イタルデザインがアプローチしたのは日産だった。計画が前進したのは、2017年のジュネーブモーターショーにイタルデザインが超限定生産車の第1弾として展示したハイパースポーツカー「ゼロウーノ」がきっかけだった。イタルデザインのプロダクトマネジャーであるアンドレア・ポルタ氏によれば、日産の中村史郎専務執行役員、そして青木 護およびアルフォンソ・アルバイサの2人のエグゼクティブデザインダイレクター(いずれも役職は当時)がゼロウーノの完成度に感銘を受けたようだと回想する。

素朴な疑問として、今日VWグループにあるイタルデザインが、他社ブランドを手がけるうえでの機密保持体制はどうなっているのだろうということが浮かぶ。それに関してポルタ氏は「サードパーティー用のスタジオは完全に分離され、担当外のスタッフは一切アクセスできないようドアのアクセス認証で管理されています」と説明する。世界の自動車メーカーが長年用いているの方法で、セキュリティーを徹底しているわけだ。さらに「万一を考えて、コンピューターサーバーも、従来のイタルデザイン用とは完全に分離しています」と胸を張る。

「社内で全員がアクセスできるのは社員食堂と化粧室のみです」

イタルデザインの創立50周年が2018年、GT-Rの前身である「日産スカイラインGT-R」の誕生50年が2019年にあたることを記念し、GT-R NISMOをベースにアルティメットGT-Rを製作する構想が固まった。生産台数は最大50台に設定された。

エクステリア/インテリアデザインは英国ロンドンおよび米国カリフォルニア州サンディエゴの日産デザイン拠点が担当。エンジニアリングと製造、ホモロゲーション、そして販売をイタルデザインが行うこととなった。開発過程では2シーター化の案も浮上したが、「4シーターこそGT-Rの伝統」との見解から却下されたという。

2017年末から翌2018年5月にかけて日産&イタルデザインの両チームで共同作業が進められ、コンセプトモデルが2018年の英国「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でデビューを飾った。モーターショーとは異なり走行シーンが披露できることから、その姿は動画サイトを通じてファンの間に拡散された。

「日産GT-R50 by Italdesign」。顧客の好みを反映しながら、一台ごとに異なるボディーカラーになる予定だ。2021年2月撮影。
「日産GT-R50 by Italdesign」。顧客の好みを反映しながら、一台ごとに異なるボディーカラーになる予定だ。2021年2月撮影。拡大
全長×全幅×全高は4784×1992×1316mm。ベースとなった「GT-R NISMO」より94mm長く97mm幅広く、54mm低い。2780mmのホイールベースは変わらず。
全長×全幅×全高は4784×1992×1316mm。ベースとなった「GT-R NISMO」より94mm長く97mm幅広く、54mm低い。2780mmのホイールベースは変わらず。拡大
2018年に公開された「日産GT-R50 by Italdesignコンセプト」。
2018年に公開された「日産GT-R50 by Italdesignコンセプト」。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMOスペシャルエディション 2021.4.14 画像・写真 日産自動車は2021年4月14日、同年10月に発売予定のハイパフォーマンスモデル「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」を先行公開した。同時に披露された、日本マクドナルドとのコラボレーションモデルとあわせ、その姿を写真で紹介する。
  • 第697回:【Movie】3.8リッター波動エンジン搭載! 大矢アキオが「日産GT-R50 by Italdesign」を試す 2021.3.11 マッキナ あらモーダ! 日産自動車とイタルデザインがコラボレーションした「日産GT-R50 by Italdesign」に、大矢アキオが試乗。お値段約1億2700万円の日伊合作エキゾチックカーには、「宇宙戦艦ヤマト」と同じ波動エンジンが搭載されていた(と感じた)。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(前編) 2021.3.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画「池沢早人師の恋するニューモデル」。今回は誕生から50年以上の歴史を誇り、和製ハイパフォーマンスモデルとして進化を続ける「日産GT-R」を題材に、その印象を語ってもらった。
ホームへ戻る