第644回:同じ車名なのに全然違う! 新旧「シビック」の試乗を通して感じたホンダの“今”

2021.03.27 エディターから一言
ホンダコレクションホールの中庭をトコトコと走る、初代「ホンダ・シビック」。
ホンダコレクションホールの中庭をトコトコと走る、初代「ホンダ・シビック」。拡大

1972年に登場した初代「シビック」と、最新の「シビック タイプR」に試乗! 両モデルのキャラクターと、ホンダコレクションホールに展示される歴代モデルの姿に記者が感じたこととは? “ホンダを映す鏡”こと、シビックが歩んできた足跡に思いをはせる。

あくまで“webCGほった調べ”ではあるが、「シビック」は現在もラインナップされるホンダ車のなかで、最古のモデル名のようである。
あくまで“webCGほった調べ”ではあるが、「シビック」は現在もラインナップされるホンダ車のなかで、最古のモデル名のようである。拡大
企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」にて、展示車両を解説する本田技術研究所の大蔵智之氏。長年にわたり「シビック」のデザインに携わってきた人物だ。
企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」にて、展示車両を解説する本田技術研究所の大蔵智之氏。長年にわたり「シビック」のデザインに携わってきた人物だ。拡大
期間中は、ホールの2、3階に計12台の「シビック」を展示。他のエリアにも「シビック カントリー」や「シビック シャトル」などが展示されているので、興味のある人はぜひ足を運んでみては?
期間中は、ホールの2、3階に計12台の「シビック」を展示。他のエリアにも「シビック カントリー」や「シビック シャトル」などが展示されているので、興味のある人はぜひ足を運んでみては?拡大
2020年11月に発表された、次期型「シビック」のプロトタイプ。現行型のセダンがクーペライクだったのに対し、“セダン感”が増している気がする。
2020年11月に発表された、次期型「シビック」のプロトタイプ。現行型のセダンがクーペライクだったのに対し、“セダン感”が増している気がする。拡大

現存するホンダ最古のモデル名

メーカーが公式にアナウンスしているわけではないので、間違っていたら申し訳ない。記者が調べたところ、シビックというのは現存するホンダ車のなかで、最古の車名らしい。単純に“古い”という意味では「バモス」や「ライフ」というペットネームもあるが、これらは長いこと断絶の期間があったし、今はラインナップから消えている。1972年7月の誕生以来、半世紀近くにわたり車名が受け継がれてきたホンダ車というのは、やはりシビックしかないのだ。

折を見てモデル名を変えたがる、移り気な(失礼!)ホンダにしては珍しい例で、それだけ大事な名前なのだろうと思う。そもそも語義がいいよね、シビック。市民のクルマですよ。

現在、そんなシビックの歴代モデルを一堂に集めた企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」が、ツインリンクもてぎのホンダコレクションホールで開催されており(2021年5月31日まで)、その見学を含むメディア取材会がこのたび催された。なんでも、完売御礼の「シビック タイプR リミテッドエディション」や、まさかの初代シビックにも試乗できるというのだから行かないわけにはいかない。これもメディアの末席を汚す者の役得である。読者諸兄姉の皆さま、どうだ。うらやましいでしょう。

冗談はさておき、それにしても、なぜ今シビックなのでしょう? 誕生50周年を祝うなら2022年だし……。などと首をかしげていたら、昨2020年11月に米国で新型シビックが発表されていることに思い至った。これはもしや!? と思いなじみの広報さんに尋ねたところ、「今回のイベントは、『これからもシビックをよろしくね』というのが趣旨でございます」とやんわり否定された。11代目となる新型シビック、日本でお目にかかれるのはまだ先のようである。

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」の会場から 2021.3.26 画像・写真 「ツインリンクもてぎ」内の博物館「ホンダコレクションホール」が、「シビック」の歴史をたどる企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」を開催(2021年5月31日まで)。ホンダを支えてきた歴代シビックの姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ(MR/6MT)【試乗記】 2021.4.24 試乗記 個性的な軽スポーツカーとして、多くのクルマ好きに愛されてきた「ホンダS660」。そのラストを飾る特別仕立ての一台は、軽という枠を感じさせない、大人っぽい走りを味わわせてくれた。
  • イネス・ド・ラ・フレサンジュとコラボした特別な「DS 3クロスバック」発売 2021.4.21 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年4月21日、DSの特別仕様車「DS 3クロスバック イネス・ド・ラ・フレサンジュ」を発売した。パリ発のファッションブランドとのコラボレーションにより、内外装が特別仕立てとなっている。
ホームへ戻る