合言葉は『リトル・ホンダ』 新型「ホンダN-ONE」と「S600」を結ぶ意外なエピソード

2021.04.07 デイリーコラム

アウトローの乗り物からイメージを一新

新型「ホンダN-ONE」のテレビCM「Only ONE」編に、ザ・ビーチ・ボーイズの『リトル・ホンダ』が使われている。

アメリカが生んだ最も偉大なポップロックグループといわれるザ・ビーチ・ボーイズ。カリフォルニア出身で、1962年のメジャーデビューから数年間は、サーフィンやホットロッドといったアメリカ西海岸の若者文化にまつわる曲を数多く歌っていた。『リトル・ホンダ』は1964年にリリースされた6枚目のアルバム『オール・サマー・ロング』に収められていたナンバーである。

これより前、1963年に彼らは『ホンダ55(フィフティ・ファイブ)』なるラジオ用のCMソングを歌っていたという。歌われているのは、おそらく55ccの単気筒OHVエンジンを積んだ日本で言うところの「スーパーカブC105」系だろう。1959年に設立されたアメリカン・ホンダはロサンゼルスが拠点だったから、地縁からザ・ビーチ・ボーイズを起用したのかもしれない。

当時、ホンダはアメリカで“YOU MEET THE NICEST PEOPLE ON A HONDA”(素晴らしい人々、ホンダに乗る)というスローガンを掲げた、スーパーカブ中心のセールスキャンペーンを展開していた。日本でカブといえば、ソバ屋の出前用をはじめとするビジネスユース主体だったが、アメリカ向けはカラフルな車体にダブルシートが付いた、シャレたパーソナルバイクだったのだ。

そのキャンペーンによって、ホンダはマーロン・ブランド主演の映画『乱暴者(あばれもの)』に登場するバイカーやヘルズ・エンジェルスに象徴されるアウトローの乗り物から、誰もが気軽に楽しめるカジュアルな乗り物へとバイクのイメージを転換し、アメリカ市場でのセールス拡大に成功した。そうしたシーンを歌った曲が『リトル・ホンダ』で、先にCMソングの『ホンダ55』の件があったとはいえ、タイアップではなく純粋なアルバム収録曲だったという。

新型「ホンダN-ONE」のテレビCM「Only ONE」編で、オープニング直後に走り抜ける街角の光景。ちなみにCMは、ホンダの公式YouTubeチャンネルで視聴可能。
新型「ホンダN-ONE」のテレビCM「Only ONE」編で、オープニング直後に走り抜ける街角の光景。ちなみにCMは、ホンダの公式YouTubeチャンネルで視聴可能。拡大
「スーパーカブCA100」。1958年に登場した初代「スーパーカブC100」の北米仕様。ビビッドなカラーとタンデム可能なダブルシートが特徴。
「スーパーカブCA100」。1958年に登場した初代「スーパーカブC100」の北米仕様。ビビッドなカラーとタンデム可能なダブルシートが特徴。拡大
アメリカ人のバイクに対するイメージを大きく変えたといわれる、“YOU MEET THE NICEST PEOPLE ON A HONDA”のキャンペーン広告。大手広告代理店のグレイ社から提案され、アメリカ西部11州で展開した。効果は絶大だったが、「スーパーカブCA100」が250ドルだった当時、高級グラフ誌『LIFE』のカラー1ページの広告掲載料は7、8万ドルもしたという。
アメリカ人のバイクに対するイメージを大きく変えたといわれる、“YOU MEET THE NICEST PEOPLE ON A HONDA”のキャンペーン広告。大手広告代理店のグレイ社から提案され、アメリカ西部11州で展開した。効果は絶大だったが、「スーパーカブCA100」が250ドルだった当時、高級グラフ誌『LIFE』のカラー1ページの広告掲載料は7、8万ドルもしたという。拡大
ホンダ N-ONE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
ホームへ戻る