第204回:ありがとうお金持ち

2021.04.12 カーマニア人間国宝への道

中央道で遭遇した謎のSUV

担当サクライ君よりメールが入った。「今度『アウディRS Q8』を用意できますが、ご興味ありますか?」

正直言うと、ない。私は基本的にSUVに興味がない。なにせオフロード趣味が皆無だし、速く走るためにわざわざ車高と重心を上げ、車体を重くして空気抵抗をデカくする必要などあるはずがない。RS Q8についての知識もゼロだ。

「SUVなど無くてよし!」

そう言ってしまいたい気持ちすらあるが、しかし人間、興味がないものに触れる必要もあるだろう。「わーい、よろしくね」と返信した。

当日。私は中央道方面での取材を終え、愛車のエリート特急(先代「BMW 320d」)で一路杉並区を目指していたが、相模湖付近で不審なクルマを発見した。

(あれ、何だろう)

よーく見ると、その全体に丸みを帯びたエレガントなシルエットは、「アウディQ8」のような気がした。Q8は現在のアウディで最もデザイン的にイケていると認識していたが、その割に実車のデザインをちゃんと記憶していなかったのはうかつである。

私はその謎のSUVを凝視し、「たぶんQ8」と確認しつつ抜き去った。その晩、RS Q8に試乗することは完全に忘れていた。

約6時間後。担当サクライ君がでっかいSUVでわが家にやってきた。

「あ! このクルマは!」

ナンバーに見覚えがある。昼間、中央道を走っていた謎のSUVそのものだった。

今回はアウディのスーパーSUV「RS Q8」で夜の首都高に出撃。なんとこのクルマ、当日の昼に中央道でたまたま目撃した個体そのものだった。実に奇遇である。
今回はアウディのスーパーSUV「RS Q8」で夜の首都高に出撃。なんとこのクルマ、当日の昼に中央道でたまたま目撃した個体そのものだった。実に奇遇である。拡大
2020年11月に日本導入が発表された「RS Q8」。クーペスタイルのSUV「Q8」をベースに、アウディの高性能モデルを手がける子会社、アウディスポーツが開発を担当した。
2020年11月に日本導入が発表された「RS Q8」。クーペスタイルのSUV「Q8」をベースに、アウディの高性能モデルを手がける子会社、アウディスポーツが開発を担当した。拡大
「RS Q8」には、搭載カメラの映像情報を元に、走行状況に合わせ配光を制御する「HDマトリクスLEDヘッドライト」が装備される。点灯時の“夜の顔”も特徴的で、なかなかイケメンである。
「RS Q8」には、搭載カメラの映像情報を元に、走行状況に合わせ配光を制御する「HDマトリクスLEDヘッドライト」が装備される。点灯時の“夜の顔”も特徴的で、なかなかイケメンである。拡大
ヘッドランプと対になるテールランプデザインが採用された「RS Q8」。点灯時には左右がライトストリップでつながる。
ヘッドランプと対になるテールランプデザインが採用された「RS Q8」。点灯時には左右がライトストリップでつながる。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • アウディQ3 35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.12 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となったアウディのCセグメントSUV「Q3」。ラインナップの中核をなすと目される「Q3 35 TFSIアドバンスト」を郊外に連れ出し、最新のシャシーやパワーユニットの出来栄え、ユーティリティー性をチェックした。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
ホームへ戻る