進むEVの価格破壊! テスラは自動車の世界を変えるのか?

2021.04.09 デイリーコラム

テスラが割安になっている!?

電気自動車(EV)専業メーカーであるテスラは2021年2月、最量販機種「モデル3」の日本価格を大幅に値下げした。同車には現在3グレードあるが、そのうち値下げされたのは、より手ごろな2グレード。WLTPモードの満充電航続距離が430kmで後輪駆動の「スタンダードレンジプラス」が511万円→429万円、同じく580kmで2モーター4WDの「ロングレンジ」が655万2000円→499万円である。その値下げ幅は前者が62万円(!)、後者にいたっては156万2000円(!!)におよぶ。

たとえば、日本でもっともポピュラーなEVである「日産リーフ」の本体価格は標準モデルで330万円強~430万円弱、大容量バッテリーの「e+」で440万円強~500万円弱だ。エントリー価格はさすがにリーフのほうが低く、一見すると割安に思えるかもしれないが、EV価格の最大指標となる電池容量で見ると、そうとはいいきれない。

リーフの電池容量が標準モデルで40kWh、e+で62kWhなのに対して、モデル3は429万円のスタンダードレンジプラスで55kWh。つまり、リーフの標準モデルとe+の間にはさまる本体価格で、電池容量もちょうど中間……となるわけで、実質価格はほぼ同等ともいえる。さらにひとつ上級のロングレンジとなると、リーフe+より大容量の75kWh電池を積んで、しかも4WD。それでいてリーフe+の最上級モデルとほとんど同じ値段なのだから、もはやモデル3のほうが割安に感じる。ちなみに、EVといえば補助や優遇も無視できないが、少なくともベースとなるCEV補助金はどちらも40万円前後(リーフはグレードによって変動)と、両車にほとんど差はない。

もうひとつ「マツダMX-30」のEVモデルとなると、33.5kWhで451~495万円。CEV補助金は16万2000円。クルマの価値は電池容量だけで決まるわけではないが、こうなると、モデル3が圧倒的に割安感がある。

テスラの最量販モデル「モデル3」。もともと「一番求めやすいテスラ」として誕生したが、2021年2月から、その国内価格は大幅に下げられた。
テスラの最量販モデル「モデル3」。もともと「一番求めやすいテスラ」として誕生したが、2021年2月から、その国内価格は大幅に下げられた。拡大
「日産リーフ」は量産型EVのパイオニアであり、絶対的に価格の安いEVとして知られてきた。しかし、新価格の「テスラ・モデル3」とよくよく比較してみれば……?
「日産リーフ」は量産型EVのパイオニアであり、絶対的に価格の安いEVとして知られてきた。しかし、新価格の「テスラ・モデル3」とよくよく比較してみれば……?拡大
テスラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る