新型「スバルBRZ」&「トヨタGR 86」の味つけの違いを読み解く

2021.04.14 デイリーコラム

限界性能を引き上げる

2021年4月5日、トヨタ自動車とスバルはオンライン合同イベントにて、「トヨタGR 86」を世界初披露するとともに、新型「スバルBRZ」の日本仕様(北米仕様は2020年に公開済み)をお披露目した。

最近は世界的な傾向として、自動車各社は既存のメディアに先んじて情報発信力、拡散力のあるインフルエンサーに向けて発表会を行う傾向にある。この2モデルも先にYouTuber向けに撮影の機会が設けられたようで、すでにいくつもの動画がアップされている。

YouTuberでない筆者にとっては未見のモデルなのだが、編集部からのお題は「資料を読み込み、トヨタとスバルがそれぞれどんなスポーツカーを目指したのかを読み解け」というものだ。なんともアナログな話だが、取りあえず資料を読み進めてみることにする。

まずスペックだが、まだ正式発表前ということで両者の資料にはいずれも“開発目標値”とただし書きがついている。そして全長や全幅、全高、ホイールベースやトレッド、車両重量、エンジン出力など、記載されている数値はすべて同一だ。

先代からの主たる変更点は、エンジンはボア径を拡大し、2リッターから2.4リッターに排気量をアップ。最高出力は現行型の207PSから235PSにアップしているが、より差を感じるのはトルクの出方の違いだろう。現行型が205N・mを6400-6600rpmで発生する高回転型なのに対して、新型は250N・mを3700回転という中回転域で発生するため、より日常でも扱いやすい特性となっていると想像される。

プラットフォームは基本的にキャリーオーバーだが、全長は4240mmから4265mmへと25mm拡大し、全幅の1775mmは同寸。全高は1320mmから1310mmへと10mm下がり、ホイールベースは2570mmから2575mmと5mm拡大した。最低地上高は130mmで変更なし。トレッドは現行型が前:後=1520mm:1540mmなのに対して、1520mm:1550mmとリアを10mm拡大。わずかながらも全高を下げ、ホイールベースを延長し、リアのトレッドを拡大して、限界性能の向上が図られている。

車両重量は新型のMT車で1270kg。装備が同等となるグレードは不明だが、現行の「G」が1210kg、「GT」が1240kgであることから、30~60kg増といったところのようだ。

資料によれば、スバルが「レヴォーグ」などにも採用しているインナーフレーム構造や構造用接着剤などを用いて、新型ではボディーを再構築。初代モデルに対してフロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%と大幅に向上。フードやフロントフェンダーをはじめ、ルーフパネルにもアルミを採用して軽量化と低重心化を図っている。さらに軽量化はフロントシートやマフラーにも及んでいるようで、重量増は最低限に抑制されたようだ。

2021年4月5日にお披露目された「トヨタGR 86」(写真左)と新型「スバルBRZ」の国内仕様。
2021年4月5日にお披露目された「トヨタGR 86」(写真左)と新型「スバルBRZ」の国内仕様。拡大
自然吸気の水平対向4気筒エンジンはボアの拡大によって2.4リッターへと排気量が拡大。最高出力も最大トルクもアップしている。
自然吸気の水平対向4気筒エンジンはボアの拡大によって2.4リッターへと排気量が拡大。最高出力も最大トルクもアップしている。拡大
新型「スバルBRZ」。先代と同様にブルーのボディーカラーが選べるのはスバルだけになるだろう。
新型「スバルBRZ」。先代と同様にブルーのボディーカラーが選べるのはスバルだけになるだろう。拡大
トヨタ版は「86」から「GR 86」へと改名。「GRスープラ」や「GRヤリス」に続くGRブランドのグローバルモデル第3弾という位置づけになった。
トヨタ版は「86」から「GR 86」へと改名。「GRスープラ」や「GRヤリス」に続くGRブランドのグローバルモデル第3弾という位置づけになった。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGR 86 2021.4.5 画像・写真 トヨタが「GR 86」を世界初公開。外装は「トヨタ86」の面影を残しつつパネル類を全面刷新。運転のしやすさに配慮してMT仕様とAT仕様でセンターコンソールの高さを変えるなど、内装にも工夫が凝らされている。2021年秋発売予定の新型スポーツカーを写真で紹介する。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • トヨタがスポーツカー「GR 86」を世界初公開 「トヨタ86」の後継を担い2021年秋に登場 2021.4.5 自動車ニュース トヨタが「GR 86」を世界初公開した。スバルと共同開発した水平対向エンジンのスポーツカーで、従来型の「トヨタ86」より排気量を拡大した2.4リッターの新型エンジンを搭載。日本での発売時期は、2021年秋ごろの予定となっている。
  • モーガン・プラスフォー(FR/6MT)【試乗記】 2021.4.26 試乗記 “木とアルミのスポーツカー”ことモーガンから、ニューモデル「プラスフォー」が登場。新世代シャシーにモダンな2リッターターボを搭載したこのクルマは、モーガン伝統のドライブフィールと硬派なスポーツカーの魅力を併せ持つ、希有(けう)な一台に仕上がっていた。
  • 新型スバルBRZ(その1) 2021.4.5 画像・写真 2020年秋に世界初公開された新型「スバルBRZ」。その日本仕様がついにお披露目された。より低い位置に配されたフロントグリルや、新しい形状のフロントフェンダーなどによって力強さを増した新型BRZの実車を、写真で紹介する。
ホームへ戻る