クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トライアンフ・トライデント660(6MT)

スポーツライディング・ギア 2021.04.14 試乗記 トライアンフのミドル級バイク「トライデント660」が日本上陸。クールなスタイリングと戦略的な価格が目を引く新型モーターサイクルは、乗ってみても思わずほほがゆるむ、極めて魅力的な一台だった。

街なかでも堪能できる

600ccクラスは世界的に人気が高い。各メーカーが非常に力を入れているため、手ごろな価格で高性能なマシンがひしめき合っている。そんななかに満を持して投入されたのがトライアンフ・トライデント660だ。

エンジンは同社の「ストリートトリプル」がベース。Moto2クラスのレーシングマシンに採用されるほどパワフルなエンジンだが、トライデントでは約70%の部品を新設計。ボアを縮小してストロークを伸ばし、低中速寄りのカムタイミングに変更するなどしてストリートに適した特性をつくり上げている。

街なかを走ってみると、このエンジンが実に楽しい。スロットル全閉からのレスポンスがマイルドだから、ゴーストップが多い街なかでも気を使わずに済むし、そこからスロットルを開けていくと、それに応じてトルクが出てくる設定になっている。個人的な好みで言えば、もう少し低回転からの荒々しさが欲しいところだが、この乗りやすさを歓迎するライダーは多いことだろう。

中速を重視したエンジン特性のために3000rpmも回っていれば自由自在。交差点の立ち上がりでもスロットルを開ければ3気筒独特の排気音とともにパワーが出てリアタイヤにトラクションがかかるから、さほどスピードが出ていない状態でもマシンのコントロールを楽しむことができる。

スロットルを開け続けると7000rpmぐらいからパワーが盛り上がり、がぜん元気になる。この時のフィーリングがとてもエキサイティングで楽しい。レブリミットは1万rpmを少し超えたところで、ストリートトリプルに比べるとパワーの盛り上がり方は穏やか。高回転での突き抜けるような伸びも抑えられているが、ストリートでのライディングが中心なのであれば、このくらいの設定がベスト。こういうところの味つけはとても上手だと思う。

もちろん快適さに関しても問題なし。高速道路を100km/hで巡航してみるとトップギアでは4500rpm。振動はほとんどなく、3気筒エンジンの鼓動感だけがかすかに伝わってくる。長距離のツーリングでも疲れは少ないはずだ。

2021年1月に国内販売がスタートしたトライアンフの新型バイク「トライデント660」。価格は同クラスの「ホンダCB650R」と同じ97万9000円となっている。
2021年1月に国内販売がスタートしたトライアンフの新型バイク「トライデント660」。価格は同クラスの「ホンダCB650R」と同じ97万9000円となっている。拡大
燃料タンクの側面には、車名ロゴ入りのニーパッドが装着される。TRIDENTとは「三又の矛」のこと。
燃料タンクの側面には、車名ロゴ入りのニーパッドが装着される。TRIDENTとは「三又の矛」のこと。拡大
1万0250rpmで最高出力81PSを発生する直列3気筒エンジン。豊かなトルク特性と独特なサウンドがセリングポイントとされる。
1万0250rpmで最高出力81PSを発生する直列3気筒エンジン。豊かなトルク特性と独特なサウンドがセリングポイントとされる。拡大
TFTカラーディスプレイを採用した計器盤。「トライデント660」には、電話の通話や音楽の再生、「GoPro」の操作などが可能になるコネクティビティ―システムが用意される。
TFTカラーディスプレイを採用した計器盤。「トライデント660」には、電話の通話や音楽の再生、「GoPro」の操作などが可能になるコネクティビティ―システムが用意される。拡大
ライディングモードはROADとRAINが選択可能。パワーとトルクの特性を制御し、マシンのコントロール性を最大化させる。
ライディングモードはROADとRAINが選択可能。パワーとトルクの特性を制御し、マシンのコントロール性を最大化させる。拡大
ストリートファイター的なスタイリングの「トライデント660」だが、その走りは過激さとは無縁。ビギナーから上級者までスポーツライディングを楽しめるに違いない。
ストリートファイター的なスタイリングの「トライデント660」だが、その走りは過激さとは無縁。ビギナーから上級者までスポーツライディングを楽しめるに違いない。拡大
ショーワ製の倒立フォークで構成されるフロントまわり。前後同径17インチのホイールには、ニッシン製のブレーキシステムが組み合わされる。ABSは標準装備。
ショーワ製の倒立フォークで構成されるフロントまわり。前後同径17インチのホイールには、ニッシン製のブレーキシステムが組み合わされる。ABSは標準装備。拡大
リアのサスペンションはシングルタイプ。プリロードの調節機構が備わる。
リアのサスペンションはシングルタイプ。プリロードの調節機構が備わる。拡大
リアカウルとフラッシュサーフェス化されたリアランプ。リアのウインカーはカウルとは分離したフェンダー部分に設置されている。
リアカウルとフラッシュサーフェス化されたリアランプ。リアのウインカーはカウルとは分離したフェンダー部分に設置されている。拡大
サイレンサーはステンレススチール製。超ショートタイプのデザインのため、リアまわりはスッキリ。
サイレンサーはステンレススチール製。超ショートタイプのデザインのため、リアまわりはスッキリ。拡大

学べるスポーツバイク

足まわりは、ワインディングロードくらいでの走りを想定してセッティングされている。ペースを上げてコーナーに飛び込んでいっても荷重をキチンと受け止めてくれるし、路面の継ぎ目からくるショックもよく吸収してくれているから、乗り心地は悪くない。

首都高速で大きめのギャップを越えた時は突き上げがあったが、この価格帯のマシンに装着されているサスペンションとしては出来がいい。トライデントで想定される走り方に対しては十分過ぎる性能を持っている。

車体は軽くてスリムだし、ハンドリングはニュートラルだからストリートも軽快に走ることができるが、19インチや18インチのタイヤを装着したクラシカルなネイキッドモデルのように、バイク任せでゆったりとバンクしていくようなハンドリングではない。車体のディメンション自体はスポーツバイクに近いからだ。キャスターアングルも24.6度と立ち気味になっていて、フォークのオフセットを少なめにしてトレールを増やして直進性を確保している。

そのため、ストリートでも若干バンク角を深くして、コーナリングを楽しもうとした場合は、ステップやハンドルへの加重や体重移動など、ライダーの積極的な操作が重要になる。

もっとも、過激なスポーツネイキッドのような難しさはないから、スポーツライディングの楽しさを学ぶのにちょうどいいくらい。ビギナーでも臆(おく)することなく走りだせるフレンドリーさを持っているが、スポーツライディングまで楽しみたい中上級者まで満足させることができるマシンである。この走りが100万円を切った価格で手に入れられるというのは、とても魅力的である。

(文=後藤 武/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

トライアンフ・トライデント660
トライアンフ・トライデント660拡大
ヘッドランプをはじめ、灯火類はすべてLED化されている。
ヘッドランプをはじめ、灯火類はすべてLED化されている。拡大
塊感のあるデザインの燃料タンク。容量は14リッター。
塊感のあるデザインの燃料タンク。容量は14リッター。拡大

【スペック
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=--×795×1089mm
ホイールベース:1400mm
シート高:805mm
重量:189kg
エンジン:660cc 水冷4ストローク直列3気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:52PS(60kW)/1万0250rpm
最大トルク:64N・m(6.5kgf・m)/6250rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:--km/リッター
価格:97万9000円

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トライアンフ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。