「ホンダe」と「ホンダN-ONE」がベース レーシーな新型コンセプトカー登場

2021.04.16 自動車ニュース
e-DRAG
e-DRAG拡大

ホンダアクセスは2021年4月16日、コンセプトカー「e-DRAG」「K-CLIMB」を東京・青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」に展示すると発表した。

「e-DRAG」のフロントカウルは軽量・高剛性なCFRP製となっている。
「e-DRAG」のフロントカウルは軽量・高剛性なCFRP製となっている。拡大
内装材や防振・吸音材がほとんど取り除かれた、「e-DRAG」の車内の様子。
内装材や防振・吸音材がほとんど取り除かれた、「e-DRAG」の車内の様子。拡大
K-CLIMB
K-CLIMB拡大
「K-CLIMB」の足まわりには専用設計のサスペンションがおごられる。
「K-CLIMB」の足まわりには専用設計のサスペンションがおごられる。拡大
オーバーフェンダーで迫力を増した「K-CLIMB」のリアビュー。
オーバーフェンダーで迫力を増した「K-CLIMB」のリアビュー。拡大

「スポーツ」がキーワード

e-DRAGとK-CLIMBは、「東京オートサロン2021」の代替イベントとして2021年1月に開幕した「東京オートサロン2021バーチャルオートサロン」(会期:11月30日まで)に出展されるコンセプトカー。このほどその実車が完成し、Hondaウエルカムプラザ青山に期間限定(2021年4月20日~5月17日)で展示されることになった。

前者のe-DRAGは、都市型EV「ホンダe」の高出力グレード「アドバンス」がベース。直線での速さを競うドラッグレーサーをイメージして、CFRP製のパーツをボディーパネルに多用し、車体を取り囲むウィンドウガラスをアクリルパネルに変更。前席をKIRKEY製のアルミバケットシートに換装したうえでリアシートを取り払って2シーター化し、内装材や防振・吸音材を徹底的に廃して大幅な軽量化を図った。

足まわりはワンオフのサスペンションを装備し、ロアアームをピロボール化。初代「NSX」の前輪用だった17×7JJ鍛造アルミホイールを採用し、ドラッグレースの世界で定評のあるM&Hレースマスターのドラッグレーシングスリックタイヤを駆動輪であるリアホイールに装着。車体の前後重量バランスも最適化し、後輪を空転させずに猛然とダッシュできるようチューニングしたという。

もう一台のK-CLIMBは軽乗用車「ホンダN-ONE」のスポーティーグレード「RS」がベース。「ヒルクライムのための機敏さを極める」をコンセプトに、専用チューニングを施した車高・減衰力調整式ダンパーと、「N-ONEモデューロX」用の15インチアルミホイール、「ヨコハマ・アドバン フレバ」タイヤを装備する。

CFRP製のグリルと前後バンパー、フードで車体を軽量化したほか、専用開発のテールゲートスポイラーやオーバーフェンダーも装着。ワンオフであつらえたデュアルセンター出しのエキゾーストシステムや、6点式のロールバーも特徴となっている。

(webCG)

「e-DRAG」と「K-CLIMB」のより詳しい画像はこちら

関連キーワード:
ホンダe, N-ONE, ホンダ, 東京オートサロン2021, モーターショー, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
ホームへ戻る