第205回:よみがえる「プログレ」発狂事件

2021.04.26 カーマニア人間国宝への道

カーマニア的にもひとつの究極

私にはひそかなる野望がある。それは、いつか「クラウン」とメルセデスの「Sクラス」に乗ることだ。

クラウンに乗れば、高速道路では覆面パトかと警戒され、無敵の快進撃ができる。そしてSクラスに乗れば、こわい人かと警戒され、同様に無敵の快進撃ができるのだ!

われながらさもしい欲望だが、クルマは男にとって最大の武装でありコスプレ。乗るクルマでおまわりさんやそのスジの人になってみたいというあさましい欲を、完全に捨てることはできない。

自分としては、それでもたぶん、クラウンに乗ることはないだろうなと思う。しかしSクラスは常に頭の片隅にいる。こわい人コスプレとしてだけでなく、カーマニア的にみても、Sクラスはひとつの究極であるからだ。

で、新型Sクラスだが、先般「S400d」に試乗して、軽い失望を覚えていた。かつてのような圧倒的ななにかが感じられなかった。圧倒的な乗り心地とか、圧倒的なゴージャスさとか、圧倒的なパワーとか、圧倒的なオラオラ感とか、そういうものがなかった。

しかし今回は、担当サクライ君が、「S500 4MATICロング」に乗せてくれるという。S400dは新型Sクラスの最廉価グレードだが、S500 4MATICロングは現在の最上級グレード。個人的にはオラオラしながら節約できるディーゼルが好みだが、やっぱり一番安いヤツと高いヤツとではそれなりに違うのだろうか?

夜8時。いつものようにサクライ君がわが家に迎えに来てくれた。それがSクラスなのだから、ありがたくて涙が出る。

サクライ:取りあえず、後席にお乗りになりますか。
オレ:うむ。そうしようかのう。

男にとってクルマは最大の武装でありコスプレである。VIPやセレブ御用達のイメージが浸透しているものの、「最善か無か」をうたうメルセデス・ベンツのフラッグシップセダン「Sクラス」は、カーマニア的にみてもひとつの究極といえるだろう。
男にとってクルマは最大の武装でありコスプレである。VIPやセレブ御用達のイメージが浸透しているものの、「最善か無か」をうたうメルセデス・ベンツのフラッグシップセダン「Sクラス」は、カーマニア的にみてもひとつの究極といえるだろう。拡大
今回試乗した「S500 4MATICロング」では、オプションの「AMGライン」とオブシディアンブラックの外装色が選択されていた。ボディーサイズは全長×全幅×全高=5210×1930×1505mm、ホイールベースは3105mmと、実に堂々たるもの。車重は2250kgとなる。
今回試乗した「S500 4MATICロング」では、オプションの「AMGライン」とオブシディアンブラックの外装色が選択されていた。ボディーサイズは全長×全幅×全高=5210×1930×1505mm、ホイールベースは3105mmと、実に堂々たるもの。車重は2250kgとなる。拡大
新型「Sクラス」のインテリアにおいては、「デジタルとアナログの調和」がテーマになっているという。運転席と助手席の間に、センターコンソールとシームレスにつながった12.8インチ有機ELメディアディスプレイを配置。スイッチ類の少ないシンプルなインストゥルメントパネルデザインも未来的である。
新型「Sクラス」のインテリアにおいては、「デジタルとアナログの調和」がテーマになっているという。運転席と助手席の間に、センターコンソールとシームレスにつながった12.8インチ有機ELメディアディスプレイを配置。スイッチ類の少ないシンプルなインストゥルメントパネルデザインも未来的である。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
ホームへ戻る